殲滅の歌

 敵の狙いは第七艦隊そのものだった――。


 クロフォードはようやくそのことに気が付いた。つまり、バーザック提督率いる第八艦隊を包囲している二個艦隊こそが敵の本隊であって、ヘスティアに引き寄せられてきた二個艦隊は単なる囮、時間稼ぎのための噛ませ犬に過ぎなかったというわけだ。そして、M型に偽装したマイノグーラを四隻投入してきた。その目的は恐らく、「コーラス」と呼ばれる戦闘方法の実戦試験だ。


『私は一刻も早く救援に向かいます。イズーは』

『わかってる。一気に艦隊を殲滅する』


 クロフォードの視界の端に、セイレーンEM-AZの巨大すぎる艦体が現れる。航空母艦であるヘスティアの二倍以上の全長を誇る白銀の巨艦である。あらゆる常識が吹き飛ばされるほどの存在である。その白銀の艦が薄緑色に輝いた。その美しい輝きには、しかし、狂気のようなものを感じざるを得ない。昼日中であるにも関わらず、その幻惑的なオーロラはいやにハッキリと目に飛び込んでくる。


『ファイアコントロール・アイハヴ。主砲十八門、一斉射!』


 隣接するヘスティアを炙るほどの轟然たる発射炎が上がり、オーロラがその弾を追うように引き延ばされていく。それは水平線近傍で横に広がり、青い空を投網のように覆った。その数秒後、クロフォードの位置からも目視できるほどの黒煙が、水平線の向こう側で立ち上った。偵察機の映像をメインモニタで拡大してみると、数多くの艦船が爆発炎上し、沈んでいっている最中だった。


「……ベオリアスの海軍か」


 確証はないが、確信があった。アーシュオンは同盟国であるベオリアスの艦隊を、またしても囮に使ったのだ。哀れだとは思ったが、同情している場合でもない。今まさに、クロフォードの部下たちが危機に陥っているのだ。


『クララ、テレサ、君たちの班で、残りの敵艦を殲滅しろ。一人も生かして帰すな』

『しかし提督。敵艦隊はもう潰滅――』

『いいか、クララ。あいつらはベオリアスの艦隊だ。アーシュオンののな。彼らにはここで向こう数十年、退場してもらった方が良いんだ。これはわたしたちにも、そしてベオリアスにもいい機会になる』

『でも、そんなことをしたら憎しみが増すだけでは』

『言いたいことは分かるけどね、テレサ。アーシュオンは、最初から彼らを生かして帰すつもりなんてなかったんだ。彼らはわたしたちによって殲滅される――それは計画通りなんだ』


 ふむ、そうだな、と、クロフォードは頷いている。そこにクララがなおも食い下がる。


『しかし見てください、提督。彼らはもう戦えません』

『……わかった。ならばわたしが手を汚そう』


 ほう――クロフォードは思わず腕を組んで、斜め前方に見えるセイレーンEM-AZの巨体を見た。すると、ふわりとまたあのオーロラが生み出された。轟々と主砲が放たれ、劫火の輝きがセイレーンEM-AZの艦体と海に深い影を生む。


『提督!』


 クララとテレサの声が重なる。イザベラは無言で、さらに主砲を二度、斉射した。


「海が燃えてる」


 観測班の班長が呟いた。クロフォードは険しい表情でメインモニタを睨む。そこには偵察機からの映像が映し出されていたが、まさに海が燃えていた。夥しい量の黒煙が上がり、海面には無数の瓦礫が漂っている。見える範囲に於いては、ただの一隻とて無事なものはいなかった。


「あれだけで……」


 主砲によるたった四度の斉射。それだけで一個艦隊が文字通り全滅していた。さすがのクロフォードも呆然とするしかない。「これは夢か何かではないのか」とさえ、クロフォードは思った。それほどまでに現実離れした光景だったからだ。クロフォードほどの冷静な男ですらそうなったのだから、ヘスティアの艦橋要員たちの混乱は無理からぬことだった。


『クロフォード提督、海域の後処理はクララ班に任せるから、ヘスティアはわたしについてきて』

「……承知した」


 時代は完全に変わった――この時、クロフォードは強く感じた。本人たちの望む望まざるに関わらず、時代は歌姫のものになったのだ、と。


 そして呟く。


 哀れだな、と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます