#15:コーラス

#15-1:第七艦隊という囮

ウラニア、進水

 それから約一か月後、二〇九六年十二月二十四日は、第二艦隊の新旗艦ウラニアの進水日であった。それまでのレベッカの乗艦エリニュスは、解体の後に重巡二隻に生まれ変わることになっている。ウラニアは、セイレーンEM-AZ級二番艦という位置付けであったから、外観・武装ともにほぼ同一のものとなっていた。


 進水式は盛大に執り行われ、レベッカとイザベラは勿論のこと、軍関係者が軒並み顔を揃え、大統領以下政府関係者もずらりと並んでいた。ウラニアの巨体の隣には、セイレーンEM-AZも並んでいる。


 暖かい室内での式典が終わるや否や、イザベラは自分用に用意されたパイプ椅子にどっかりと腰を下ろして腕と足を組んだ。両隣に立つレベッカとマリアは、小さく肩を竦め合った。


「これじゃぁ、せっかくの遊撃部隊も意味がないじゃないか」

「軍隊アイドルらしく、ここは言いなりになっておきましょう。こんな所で暴れても意味がないわ」

「軍隊アイドルね」


 イザベラは苦笑する。サレットに覆われた顔は、その口元以外には窺うことはできない。だが、その口角はついと上げられていて、皮肉な微笑を浮かべているようだった。


「まぁ、わたしもこんな所でぎゃあぎゃあ言うほど馬鹿じゃないよ。でもさ、哨戒中の艦隊は袋叩きに遭うよ。見逃すわけないじゃん、今日みたいな最高のクリスマス・イヴをさ」


 その言葉が終わるか終わらないかの内に、マリアの携帯端末が物騒な着信音を立てた。空襲警報のような音だった。マリアはイザベラとレベッカにちらりと視線を送り、そして通話を開始する。


「……承知しました。ええ、事態は。はい。直ちに作戦の検討に入ってください、中佐」


 マリアが通話を終える頃には、参謀本部のお偉方や大統領府関係者たちが通話を始めていた。室内は緊張感を帯びた騒然たる空気に支配される。


「見ての通りです。アーシュオンおよびベオリアスの連合艦隊が出現しました。当該海域には第七および第八艦隊がおりますが、撤退戦ということになりそうです」

「第七艦隊? なんでまた敢えてクロフォード提督の艦隊なんかを」


 イザベラはゆっくりと立ち上がる。マリアは頷いた。


「おそらく主目的は第七艦隊の撃滅でしょう。第三課が立てたおびき出し作戦のようですね」

「第三課! アダムス大佐がまた変な事考えたってこと?」

「そのようです」


 マリアはいささか憤然とした様子で肯いた。


「第七艦隊の航路情報を情報部がリークさせたようです。しかし」

「I型か新型マイノグーラがいたら、やばいよ?」


 イザベラは視線をレベッカに送る。レベッカは「どちらかがいない方がおかしい」と同意する。


「マリア、大至急出撃準備をする。衝突予測海域までどのくらい?」

「高速艦のみで出撃しても、三日弱はかかります」

「となると、コルベットとフリゲートは置いていかなくちゃならないのか」


 イザベラは考え込み、マリアは肯定する。そこでレベッカが腰に手を当てて、大きな窓の向こうに広がるどんよりと曇った空を見た。上空にはボレアス飛行隊の姿が見えた。雲間から見える太陽はおおよそ真南にあったが、届いている熱量は微々たるものだろう。お偉方が「進水式を室内でやろう」と提案した理由もよく理解できるというものだ。


「マリア」


 レベッカが振り返る。


「手続きの類はお任せします。すみませんが、陸上で仕事をお願いできますか」

「そのつもりです。私、船酔いしますから」


 そんな冗談を言い、マリアは小さく笑った。張り詰めた緊張感に支配された空間にあって、その微笑みは少々そぐわない。レベッカは眼鏡のレンズを拭きながら頷き、イザベラは「ふむ」と言いながら腕を組んだ。右の爪先がこつこつと床を叩いている。


「マリア、第一艦隊と第二艦隊に召集を。二時間以内に出撃する。できるか?」

「半舷上陸中ですし、問題ありません。歌姫セイレーンは全員の所在を把握できていますから」

「さすがだね」


 イザベラは満足げにそう言い、サレットをコツコツと叩いてから身を翻して部屋から出て行った。青くなったお偉方でごった返す室内ではあったが、イザベラが近付くとサッと道が開いた。レベッカは「さすがね」と感心しつつ、マリアの肩に手を置いた。


「私も行きます。あとは頼みます、マリア」

「お任せください。いつものように」

「頼りにしているわ」


 レベッカはそう言うと、官僚や軍関係者たちをすり抜けるようにして、イザベラを追いかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます