#14:鮮烈なる砲火

#14-1:さらなる新型

マイノグーラ

 制空権の心配なんて最初からしていない。カティたちに取れないのであれば、他の誰にも取ることなんてできない。


 問題は、六隻のM型ナイアーラトテップと、M型でもI型でもない巨大な潜水艦であった。通常艦隊の戦力など、第二艦隊の前には取るに足りない。攻撃機による対艦攻撃さえ凌げれば、彼ら相手に損害が出ることはないのではないか――レベッカはセイレネスにログインするなり、状況をそう分析した。


 そこにマリアが呼びかけてくる。


「どうしたの?」

『敵の新型潜水艦の情報が手に入りました。正式名称、マイノグーラ。開発時はX型エクストラナイアーラトテップと呼ばれていたようです。E型同様に、艦載機の搭載能力を有するようです。現時点で入手出来ている情報はこれだけです』

「わかりました。あれには私が当たります」

『参謀部として承認致します。お気をつけて』


 マリアの声が遠のくのと同時に、レベッカの中のが圧力を上げた。恍惚感と焦燥感。そんな漣が心の中を攪拌していく。それはやがて、昂揚感へと練り上げられていく。


「エディタ、ハンナ! 量産型を任せます」

『了解です』


 二人が応じてくる。


「エディタ、しっかりハンナを助けてください」

『はい、お任せください』


 エディタは幾度もの実戦を経験している。今や頼りになる副司令官である。だが、ハンナ・ヨーツセンは配属されたばかりである。荷が重いのは明らかだった。


「C級はエディタの指揮に入ってください。共同でナイアーラトテップを撃退すること!」

『提督、通常艦隊は如何しますか』

「放っておいて良いです。迅速にナイアーラトテップを処理できれば、彼らは出てこないでしょう」


 まずは攻撃機だが。


「エディタ、全艦艇に対空防御を。あの攻撃機を一撃で無力化させなさい」

『え、は、はい』


 迫りくる数十機の雷爆装の攻撃機の群れ。一分経たずに攻撃圏内に入ってくるはずだ。レベッカはエディタの号令を、敢えて待った。巡洋戦艦に過ぎないエリニュスと言えど、レベッカが全力で対処すれば数十機の航空機など物の数ではない。だからこそ、半ば以上傍観を決め込んだ。


『全艦艇に告げる。今、三隻一組で対応空域を設定した。弾幕を展開し、一機も上を通過させるな! ハンナ、前に出るぞ!』


 よろしい。


 レベッカはふと息を吐く。レベッカの視界内一杯に緑色の照準円レティクルが発生する。第二艦隊の全艦から、剣山のような対空砲火が上がる。突如空域を埋め尽くした砲弾の嵐に飲まれ、先陣を切ってきた十数機が瞬く間に粉砕される。細切れになるほどの直撃弾を受けて燃え尽きていく攻撃機たちに、レベッカは一瞬なれど憐憫の情を覚えた。光の舌のように、弾幕が空域を舐め回す。一見すると荘厳な眺めではあったが、それはまさに一方的な殺戮の場だった。攻撃機は退避行動をとる暇も与えられず、文字通り空にこびりついたすすと化した。僅か一分強の殺戮劇で、数十機もの攻撃機と、数十名の飛行士が塵と消えた。


 これは前座だ。今、本気で相手しなくてはならないのは、敵の新兵器、マイノグーラだ。中には歌姫セイレーンが乗っている。漂い届いた気配で、そう確信する。


 論理戦闘か物理戦闘か。実力的に、それを選ぶ権利は自分にある――レベッカは慎重に状況を観察する。おそらく論理戦闘の方が素早く終えることが可能だ。だが、その間の指揮はできない。一方の物理戦闘は、物理的に効果的な打撃を与えるのは難しいが、全体の監督をしながら戦うことができる。一長一短だった。


 だが、今回は物理戦闘を取ることにした。トリーネに引き続き、V級を失うことなどあってはならなかったからだ。


 レベッカはモジュール・ゲイボルグを発動して、遥か海面下にいるマイノグーラに向けて、弾丸で作った槍を叩き込んだ。だが、それは海面付近で雲散霧消した。


「やるっ……!」


 M型程度であれば今ので確実に沈んでいたはずだ。だが、相手マイノグーラは無傷であるに違いない。想像以上の防御力を見せつけられたレベッカは、フッと強く息を吐いて気合いを入れなおした。


 お返しと言わんばかりにマイノグーラから垂直発射式ミサイルが打ち上げられてくる。それはすぐに折り返してきて、まっすぐにレベッカの艦、エリニュスへと向かってくる。そして一千メートルほどの所でパッと砕け散った。それはまるで剣のような形に集結し、再びエリニュスへ向けて落ちてくる。


「オルペウス展開アトラクト!」


 エリニュス全体を包み込んだ薄緑色の光と、剣のような何かが衝突して、青味がかった光の帯を幾重にも放出する。結果としてはレベッカが押し返したが、レベッカは自分の両手の指が開かないことに気が付いた。無意識のうちに強く握り締めていたのだ。


 これは強敵かもしれない――レベッカは唾を飲みこんだ。


「艦長、敵新型との距離を現状維持できますか」

『問題ありません、提督。ただ、多少の無茶はかかりますよ』

「構いません。今はこの距離をキープすることだけを。あと、火器管制を全て回してください」

『アイ・マム。……ファイアコントロール、ユーハヴ』

「アイハヴ。感謝します」


 レベッカは応じながら、周囲の様子を改めて観察した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます