#12-3:慈悲という闇

インサイド・ザ・プリズン

 ミツザキはシルビアの執務室から出たその直後に、ふわりと姿を消した。もっとも、よしんばそれを見ていたとしても、誰にもそうとは認識できなかっただろうが。


 その一瞬後には、ミツザキは闇の中にいた。どこを見ても自分自身の色以外は存在しない、一切の闇である。それはまるで、創世記ゲネシスに入る前の世界のようだ。ミツザキは銀の髪を揺らしながら、目の前の闇を睥睨へいげいした。すると、そこに光が射した。


 そのスポットライトに照らされた中には、一人の青年が腕を組んで立っていた。不遜なその表情を見て、ミツザキは剃刀のように鋭い微笑を見せる。


「貴様に汚名をすすぐ機会をくれてやる、ヴァシリー・ジュバイル」

「汚名ときたか。斯く在るべくして斯くの如くなっただけだろうが」


 ヴァシリーは不満げに口を歪める。ミツザキは傲然とした表情を崩さず、じっと、その光に曝されている哀れな精神を見つめている。


「神はサイを振らぬ。だが、悪魔は気まぐれだ。運命に抗うというのなら、悪魔にすがるしかなかろう?」

「それがお前たち悪魔の誘惑というヤツか。なるほど、説得力がある」


 ヴァシリーは肩を竦める。だが、その目は銀の悪魔を射抜き続けている。ミツザキは喉の奥で笑う。


「貴様はミスティルテインの確保に失敗した。そのおかげで彼女は遠からずとなるだろう」

「エキドナ?」

「そうだ」


 ミツザキの眼光は槍の穂先のように鋭利だった。


「彼女はセイレネスに干渉し続ける能力者。セイレネスはセイレネスの相互干渉により、歌姫セイレーン発現エマ―ジェンスさせる。ゆえの、エキドナだ」

「それを阻止するために、ヤツを殺せっていうことか?」


 ミツザキはうなずく。だが、ヴァシリーは首を傾げる。


「お前に何のメリットがある。俺がヤツを殺してしまえば、歌姫セイレーンとやらが生まれることもなくなるんじゃないのか。確かお前の目的は――」

「そうだ」


 ミツザキは愉快そうに目を細めた。ヴァシリーはミツザキの表情を一瞥し、右手の人差し指を立てた。


「論理と物理を隔てるゲートを開くこと。それによって、お前たちはこんなプロトコルを介さなくても、物理層にアクセスできるようになる」

「そんなところだ。同時に、貴様らのような魚面を使う必要もなくなる。今は我々にとっては、全てが迂遠で面倒なのだよ、ヴァシリー」

「そこがわからん、悪魔め。俺があいつをぶっ殺したとしたら、ゲートは遠くなるだろう。だとしたら――」

「私は貴様が彼女を殺せるとは思っていない」


 ミツザキは死刑を宣告するかのように断言する。その声は闇の中に幾重にも響き、緩やかに消えて行く。ヴァシリーは荒んだ笑みを見せる。


んじゃなかったのか」

「都合が悪くなければな」

「はは、悪魔らしい」


 ヴァシリーは笑みを消さない。


「ならばなぜ、貴重なハードウェアを俺に渡す」

「ハードウェア? ああ、ドローミか。そんなことは些末な事項に過ぎん。たまたまアレがあったからそうしたに過ぎない。のだろうさ、気まぐれに」


 その投げやりな言葉に、ヴァシリーは腕を組み、首を振る。ミツザキは追い打ちをかけるように告げる。


「貴様はただの条件分岐に過ぎなかったのだ、ヴァシリー・ジュバイル。あの子をミスティルテインにするか、エキドナにするか。どちらのが出るかを決めるために振られた賽に過ぎぬ。今の貴様は、責任を以て彼女をエキドナに至らしめる、そのために存在している」

「言ってくれるじゃないか」


 ヴァシリーは腕を組みなおし、首の骨を鳴らした。


「まぁいいだろう。物理世界の運命は、俺がこの手に握っているということになるな?」

「ふ、ふふふ、ふははははは! あはははは!」


 たまらずにミツザキは声を立てて笑った。それはまるで嬌声のようで、ヴァシリーの脳に直接捻り込まれてくるような音の波だった。


「世界の運命! それはいい! いいな!」

「何がおかしい」

「分不相応だというのだよ。あまりに身の丈に合わぬことを言うから、実に面白い!」


 ミツザキらしからぬ破顔に、ヴァシリーは表情を一層薄くする。薄い氷のように透き通った冷たさが、闇の中を漂ってくる。


「貴様は何をおごっているのか。貴様はな、歴史という名を持った道を転がる、一つの駒に過ぎない。世界における点にも満たない。貴様はただの要素に過ぎない。ただの拘束形態素バウンドモーフィームに過ぎんのだ」


 ミツザキはクククと笑いながら、ヴァシリーを指差す。そのあからさまな挑発行為に、ヴァシリーは奥歯を噛み締める。


「いいか、貴様はただの試金石タッチストーンだ。この時代のあの子が、エキドナに相応しいか否かを見極めるためだけの存在なのだ。分をわきまえよ、ヴァシリー・ジュバイル」

「俺であいつの、女帝の意志を、力への意志をためす、というわけか」

「そうだ。そして、ただ、それだけのための貴様だ」


 明白な悪意を込めて、ミツザキは悪魔の哄笑を漏らす。


「貴様も足掻いてみせると良い。貴様自身の力への意志を、私に示してみせろ。存外、賽は振られるやもしれんぞ」

「言われるまでもない」


 ヴァシリーは鼻でわらう。


「今度は悪魔の目を欺いてみせるさ」

「はははは、楽しみだ。実に、楽しみだ」


 ミツザキは最後に、天使のような微笑を見せた。そしてふわりと姿を消す。問答無用に世界は再び闇に飲まれ、ヴァシリーの姿もまた消えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます