再戦の機会

 ミツザキはシルビアたちに乱雑な答礼をすると、疲れたような様子でフォアサイトの隣に腰を下ろした。フォアサイトは露骨に迷惑そうな表情を見せたが、特に何も言わなかった。


「それで大佐、ご用件は」

「まぁ、そう急くな。どうせ暇で燻っていたのだろう?」


 ミツザキは内ポケットから携帯端末を取り出し、退屈そうにそこに表示されている情報を眺めている。


「実はな、補充が入る」

「補充? やっとですかい」

「喜べクリスティアン……と言ってやりたいところだが、一概にそうとも言えんでな」


 ミツザキはシルビアからコーヒーを受け取りつつ、その赤茶の目を細めた。軍帽を脱ぐと、銀の髪が一掴み、顔の前にはらりと落ちた。


「外に見えるだろう、青紫の奴が」

「ええ、私の機の隣にいる――」

「そうだ。あれはレージングの後継機になる予定の試作機、ドローミと言う」


 ミツザキが携帯端末を操作すると、シルビアの目の前の空中投影型ディスプレイに、ドローミの立体図が表示された。スペックもずらずらと描き出されている。シルビアは自分のデスクチェアに戻り、その表示情報を穴が開くほど見つめた。


「レージングよりもさらに操縦系が無茶苦茶……」

「ははは」


 シルビアの率直な感想に、思わず声を上げて笑うミツザキである。


「その通りだ。レージングですら扱えるエースは少ない。もしかしたらドローミの量産化は十年単位で先かもしれんな」

「で、大佐。その新入りってのは、このぐっちゃぐちゃなインターフェイスの機体を扱えるってことでいいんですかい」


 痺れを切らしたようにクリスティアンが割り込み、ミツザキは目つきを鋭くした。わずかなれど気分を害したようだった。


「まぁ、そういうことだ。名前はヴァシリー・ジュバイル。階級は一応は少佐だが、無視して構わない」

「聞いたことねぇ名前っすわ」

「だろうな」


 ミツザキは当然のように頷いた。


「こいつは一応はマーナガルム4ということになるが、それは第三艦隊にこいつをねじこむための方便だ。僚機という扱いはする必要は一切ない」

「大佐、それはいったいどういう意図なのでしょうか」


 シルビアがミツザキの整い過ぎた横顔を凝視する。


「少佐であり、これだけの機体を操れるという人物でありながら、私たちの誰も知らない、そのジュバイル少佐という人物。うちの隊に配属になるのに放っておいていいという指示。解せません」

「なに、簡単なことだ。奴に再戦の機会をくれてやろうという、参謀部の恩情だ」

「再戦……?」

「奴にもいろいろあってね。そのいろいろの内容については、私から明かすことはできんが、ともかく、との因縁があるのは貴様らだけではないということだ」


 ミツザキは酷薄な微笑を浮かべている。赤茶の瞳がぐるりと動き、シルビアを横目に見た。


「奴にとっては最後の機会ということになる。シルビア、お前が再戦を望む気持ちも理解できる。だが、今回は奴に空域を明け渡してやってくれ」

「面白くは、ない話です」

「そこを敢えて頼むと言っているのだ」


 ミツザキの赤い唇が曲刀のような輝きを見せる。シルビアはおもむろに立ち上がる。


「承知いたしました、大佐。ドローミの確認後は、我々は撤収。よろしいですね」

「それで良い」


 ミツザキはコーヒーを飲み干すと、カップをゆっくりとテーブルに置いた。それをフォアサイトとクリスティアンは、剣呑な表情で追っている。


「俺たちが露払いとお膳立てして、そこに登場ですかい、ヴァシリーとかいうヤツは。偉い人なんですねぇ」

「クリス、やめておけ」


 シルビアはぼそぼそと言う。そうは言ったものの、シルビアとて同じ気持ちだった。


「悪くはない条件だと思うがな」


 ミツザキは軍帽を弄びつつ、その赤茶の目を光らせる。


「今の貴様らでは、三人がかりでも、カティ・メラルティンを撃墜せしめることは不可能だろう」

「それは――」


 痛い所を突かれ、シルビアは絶句する。ミツザキはまた凄絶に微笑した。


「ヴァシリー・ジュバイルのおかげで、今回はリスクは少ないだろう? 生き残るチャンスを得られたと思っておくのが得策と思うが、どうだ」

「それは――」

「だったら良いんだけど」


 シルビアの言葉を遮断して、フォアサイトが頭の後ろで手を組んだ。その目は瞬きもせずに、シルビアを見ていた。


「なんか、どーにもいやーな予感がするんだよねぇ」

「予感……?」


 シルビアとクリスティアンの声が重なる。ミツザキは「ほう?」と興味深げに右眉を動かす。


「なんだかよくわからないけど、なーんか、もやもやっとするんだよねぇ」

「おまいの予感って奴は精度が高ぇんだから、変なこと言ってんじゃねぇぞ、預言者フォアサイト様」


 クリスティアンは大袈裟に天を仰いだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます