#12:悪魔と人形

#12-1:インサイド・ザ・ダークネス

ARMIAとベルリオーズ

 なぜ私にこんな役割ロールを与えたのですか。


 バルムンクの闇の中で、マリアはベルリオーズに詰め寄っている。ベルリオーズは背中で緩く手を組みながら、「なぜだって?」と、微笑むようにその赤い目を細める。


「簡単だよ。君が君であるために、さ。マリア・カワセも、アーマイア・ローゼンストックも、君が君であるために必要な舞台ステージ装置デバイスということさ」

「舞台装置……」

「そう、今、君がそうしているようにね」


 二人の間の見た目の距離は二メートルもない。マリアの目には強い殺気があり、ベルリオーズの表情は全てを弾き返すほどに凍てついている。


「私はただ姉様方をお守りしたいだけです。それは私の、ARMIAとしての本然、いえ、のようなもの。そしてマリアとしてののようなもの」

「本能と理性ときたか」


 ベルリオーズは冷笑する。


「それら君の思考によって弾き出された答えもまた、ジークフリートの導いたものに過ぎないんだ」

「たとえそうであったとしても、私は私です。私が考え、私が悩んだ末の――」

「神は賽を振らない」


 ベルリオーズは穏やかな口調でそう割り込んだ。マリアは言葉に詰まり、唇を噛みしめる。


「ARMIAとしての、つまり、今の君は、マリア・カワセなどではない。もちろん、アーマイア・ローゼンストックでもない。二つの現象が事象にすぎない。重ね合わせの状態があって、初めて君という本然が存在するし、そうでないと都合が悪いんだ」

「誰にとって――」

「君の存在意義レーゾンデートルさ。そうだね、君の、いや、マリアの存在意義って、いったいなんだと認識しているんだい?」

「姉様方をお守りすることだと、私は認識して――」

「本当に?」


 がっかりだと言わんばかりに、ベルリオーズはゆっくりと首を振る。その所作が、マリアを一層に苛立たせた。


「君のマリアとしての仕事は、そんなことよりもずっと先にあるんだ。ヴェーラとレベッカの事情なんて、僕にとっては実にどうでもいいことなんだ」

「ヴェーラ姉様は――」

「ああ、そうだ。あの子はもうイザベラだったね。僕の与えた名前を棄てて、それで自分の手で未来を掴んだ気になっている愚かな子だよ」

「そんな言い方……ッ!」


 思わず掴みかかろうとしたその白い手首を、それ以上に白いベルリオーズの手がつかまえる。


「君はね、マリア。あの二人のフェイルセイフなんだ。コーディネイターにしてファシリテイター、そして、最終的な安全装置。君はそうであり続けてくれればそれでいい。アーマイアもまた同じさ。君たち二つの現象は、常にARMIAを中心に重ね合わされる。そのルールから逸脱することは不可能なんだ」

「私は……!」

「ふふ、そういうことなら、アーマイアの意見も聞いておくとしようじゃないか」


 ベルリオーズはマリアの手首を離し、代わりにその細い顎を右手で捕えた。その瞬間、マリアの両腕から力が抜け、瞳が光を失った。


再起動リブート


 ベルリオーズが無抑揚にそう言うと、マリアは何度か瞬きをして、そしてベルリオーズの手を払った。


「……乱暴な呼び出しインヴォークですね」

「やぁ、久しぶりだね、アーマイア」

「ご無沙汰しております、ベルリオーズ様」


 うやうやしく一礼するその人物は、もはやマリアではない。アーマイア・ローゼンストックの意志がマリアの肉体を通して具象化しているのである。


「君のもう一つの仮想人格スピンがうるさくてね。君の意見も聞いてみたいと思って、来てもらったんだ」

「それは失礼致しました、ベルリオーズ様」


 マリアの顔をしたアーマイアは艶然たる笑みを見せる。


「マリアはとても良い子なのですけれど、良い子過ぎてしまうのが難点、ですわね」

「ふふ、それに比べて、君はとても悪い子だ」


 ベルリオーズは目を細める。左目が仄かに赤く輝いている。アーマイアはそれに応えるように、ククッと喉の奥で笑った。


「私たちは共に相反スピンの関係ですもの。スカラは同じですが、ヴェクタは真逆。ご存知でしょう?」

「そりゃね」


 おどけたように肩を竦める。アーマイアも全く同じ仕草をしてみせる。


「さて、と。マリアの話はもういいか」

「まだ何もお話ししておりませんけれど?」

「僕の関心がなくなったからね。どうでもいいのさ」


 ベルリオーズは前髪を軽く摘まみ、そしてフッと息を吐く。


「ところで、アーシュオンの技術レベルは、ヤーグベルテにほぼ並んだ。あとは生産体制の問題だったっけ?」

「左様ですわ。ナイアーラトテップにセイレーンEM-AZと同様のシステムを搭載することにも成功致しましたし」

「でも、自爆させてしまった」

「いいのです、あれで」


 アーマイアは緩やかに腕を組む。二人の男女は暗闇の中にじっと佇む。


「ISMT改にして、I型ナイアーラトテップ。ショゴス搭載弾頭システムのフィードバックで作られた真のISMT。しかしながら、現時点であれを量産すると、アーシュオンとヤーグベルテのパワーバランスを崩してしまいます」

「確かにね」


 ベルリオーズは冷たい微笑を浮かべながら頷いた。


「あれは将来への投資でもあったわけだ」

「いったん破棄という形を取りましたけれどね。こちらのV級を喪失したのは少々痛かったとも言えますが、投資以上の収益を得られたと考えています」

「投資ね。そう簡単に言うけれど、アーシュオンのは数が限られているんだ。あまり粗末にはして欲しくはないね」

「そういえば、セイレーンとショゴス、発現数に圧倒的な差異がありますが」

「それはそうさ」


 ベルリオーズは腕を組み、少し顎を上げた。


「ヤーグベルテの。それが発現エマ―ジェンスのトリガーなんだからさ」

「なぜ、そんな偏りを……?」

「君が性質タチの悪いいたずらをするだろうからさ」


 その言葉に、アーマイアはニヤリと、その美貌に似つかわしくない荒んだ笑みを浮かべた。


「マリアが嘆くのも分かるよ。君は本当に、マリアとは正反対だ」

「あの子が白ければ白いほど、私は黒く染まる。必然の帰結です。私の役割ロールからして、致し方のないこと」


 アーマイアはその黒褐色の目を細めて、ベルリオーズと睨み合った。ベルリオーズの左目がふわりと燃え上がる。


「黒き歌姫、か。まぁ、君の出番は、そろそろ来るだろう」

「それは、アーマイアのですか。それとも、マリアのですか」

「ふふ、どうだろうね」


 ベルリオーズはそう言い、また小さく笑った。アーマイアは大きく肩を上下させて息を吐いた。


「悪魔のようなお方ですね、あなたは」

「ふふ、僕はもっと邪悪さ。君たちの基準クライテリアに照らせばね」


 何せ、魔王になろうというのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます