セイレーンEM-AZの咆哮

 先陣を駆けてくる三機の白い戦闘機。確認するまでもない。マーナガルム飛行隊である。マーナガルムに率いられた各航空部隊も見事な連携攻撃を見せており、率直に言って、C級の対空防衛網では力不足もいい所だった。それでも数機の撃墜に成功しているのは、さすがは歌姫たちである。通常艦隊ではあっという間に押し切られていただろう。


 無論、カティ率いるエウロス飛行隊の功績も大きい。マーナガルムを空に縛り付けているだけでも大きな戦果だった。おかげで、中大破艦こそ出たが、撃沈は交戦開始から三十分以上が経過した現時点でもゼロである。


「エディタ、トリーネ、ナイアーラトテップの新型には気付いているか」

『はい。高速で接近中の一隻ですね』

「そうだ、エディタ。トリーネと二人でアレに対処しろ」

『了解です』


 エディタとトリーネが同時に応え、イザベラは頷いた。無意識に傍らに置かれたサレットに、右手で触れている。普段はそのサレットを着用していて、素顔を見せることはない。外から見えるのはわずかに口元だけで、他は全てその金属的な兜の下に隠されている。ヴェーラであった頃の痕跡はほとんど全く見当たらない。その美しかった白金の髪プラチナブロンドも、もう見ることはできない。現在の素顔は、レベッカにさえ見せていなかった。


「クララ、テレサ、ナイアーラトテップM型が十五隻だ。まともに戦っては勝ち目がない。引き付け続けるだけでいい」

『直ちに対潜物理攻撃を開始します。駆逐艦四隻借ります』


 テレサが応じ、イザベラに指示を仰ぐ。イザベラは即座に四隻の駆逐艦を呼び出して、テレサの指揮下に編入した。


「敵艦隊からの物理攻撃にはわたしが対処する。きみたちはナイアーラトテップに注力するんだ。いいな?」

『了解しました』


 クララが短く応じてくる。クララもテレサも、物理的な攻防そのものではエディタやトリーネに大きく劣っているが、その分機動性でカバーし合う能力に長けている。陽動にはもってこいの人材だと言えた。


「全艦隊、敵通常艦隊の射程には入るな。奴らを相手にしていられるほど暇な戦いではない」


 イザベラはエディタたちが対処を開始し始めた新型のナイアーラトテップを注視する。見た目には初期型とさして変わらない――要はクラゲだ。だが、機動性という点に於いては段違いだった。まるで飛行でもしているかのように、水中を自由自在に泳ぎ回っている。その機動力は駆逐艦すら圧倒するほどだ。


『イズー、私は――』

「きみは見ているだけでいい」


 イザベラはレベッカの姿を映すモニタを一瞥し、早口で応じた。レベッカからはイザベラの姿を見ることはできない。


『でも、あの新型もそうだし、M型十五隻って……。万が一被害が拡大したら』

「わたしの初陣を華麗に飾れない、かい? 考えてくれ、ベッキー。これはあの子たちにとっては演出でも何でもない。リアルに命を賭けた実戦なんだ」

『でも! だからと言って、出さなくても良い犠牲まで出すのは、あなたにとっても私たちにとっても、そしてヤーグベルテにとってもリスクでしかないわ!』

「出さなくても良い犠牲だって?」


 イザベラは鼻で嗤う。


「犠牲が出るのなら、それらは全て出るべくして出る犠牲なんだよ、ベッキー。わたしたちが永遠にあの子たちすべてを庇護できるのかい? できないだろう。ならば、ここで出る犠牲は、遅かれ早かれ出る欠員なんだ」

『でもそんな結果では、誰も納得なんて』

「甘えだって言うんだ、そういうのを」


 鋭い口調で、イザベラは切り捨てる。


「媚びを売るのも下手なくせに、お願いもせずに都合よくわたしたちを頼っているのは誰だ。そんな奴らを納得させるために、わたしたちは戦っているのか」

『でも、死ぬのはあの子たちや乗組員のみんななのよ!?』

「そうさ。わたしたちが犠牲になるんだ、一人の例外もなくね」


 そう言い切るイザベラの意識は、新型のナイアーラトテップを上空から追い続けている。あの歌姫を乗せた核弾頭のように、。E型、M型など比較にならないくらいに、歌姫が近い。つまり、乗っている。そこにいるのだ。そしてそこから感じられるパワーは、エディタと同程度か、それ以上。エディタとトリーネの二人がかりでも、ある程度のダメージは覚悟しなくてはならないだろう。


 だが。


 イザベラはそれを受忍することを選ぶ。我ながら冷徹なことだと、イザベラは自嘲する。そこにカティからの通信が入ってくる。


『こちらエンプレス1。制空権そらは確保した。エウロスはこれより敵艦隊への攻撃を行うが、構わないか?』

「承知です、メラルティン大佐。構いませんが、マーナガルムは?」

『あいつらはまだ飛んでる。だが、アタシの隊が追いかけまわしているから問題ない。艦隊攻撃隊の指揮は、二代目暗黒空域殿にお任せするさ』


 二代目暗黒空域というのは、エウロス飛行隊副隊長、カルロス・パウエル少佐のことだ。カティよりも若いが、天性の才能という点ではカティに勝るとも劣らない青年である。


「わかりました、油断せずに、大佐」

『誰に言ってるんだい』


 イザベラの意識の真上を、赤い戦闘機が掠め飛んでいく。三匹の白い猟犬を確実に追い詰めていく赤い。圧倒的という修飾語がこれほど似合う人はいない――イザベラは強く思う。優雅に、そして熾烈に、追う。無駄も隙もなく放たれる機関砲弾が、三機の白い戦闘機を確実に傷付けていく。曳光弾に導かれるようにして、情け容赦のない弾丸の群れが純白の翼を穿うがつ。


 こちらは大丈夫だろう。


 イザベラはそう判断し、再び海面に意識を向ける。


『ネーミア提督! クララです。敵M型に距離を詰められています』

「何とかしてみせてみろ、クララ、テレサ。きみたちはV級だろう。量産型の十五隻ごとき、二人で対処してみせろ。防戦でも構わない」

『しかし提督、このままでは』


 不満げな様子のクララの反応を聞き、イザベラは「やれやれ」と嘆息する。


「いいか諸君。これは実戦だ。訓練ではない。もうすでに死傷者は百名単位で出ている。実戦なんだ。油断したら死ぬ。油断しなくても死ぬ。たった一発の被弾でも、当たりどころが悪ければ死ぬ。そういうものだ」


 言いながら、イザベラはセイレーンEM-AZの艦首PPC粒子ビーム砲を展開した。艦の装甲が幾重にも展開し、巨大な三連装砲身がその身をせり出す。艦の出力の大半がそこに注ぎ込まれ、レーダー以外の電子装備が待機状態に移行する。


反射誘導装置パーティクルリフレクター、展開用意! モジュール・エコー発動 アトラクト! 対象ターゲット捕捉ロック完了。粒子加速度アクセラレーション最大値でトリガーをこちらへ!」


 この一撃で敵艦隊は遁走するだろう。イザベラはセイレーンEM-AZの艦首のあたりに浮かんで目を細めた。敵の姿は水平線の向こうだ。地球が丸い限り、その姿を目視で捕えることはできない。だが、イザベラの意識の目は、しっかりと敵の三個艦隊を捉え切っていた。広範囲に展開しているが、狙うべきは重巡以上の艦艇だ。旗艦の空母三隻を含め、二十あまりの艦艇をロックする。


「トリガー、アイハヴ。反射誘導装置パーティクルリフレクター、展開。エネルギー充填率許容限界到達。予備照射開始。……目標への誘導確認。完了」


 艦首PPC粒子ビーム砲の砲口から、百を超える細いレーザーが放たれ、空中に数回乱反射した後、水平線の彼方へ消えて行った。その様子を見て、イザベラは「ふっ」と不敵に笑う。


「セイレネス、最大出力維持キープマキシマム! 反射誘導装置パーティクルリフレクター再設置リポジション! ――PPC、射撃開始ディスチャージ!」


 セイレーンEM-AZの流線型の可変装甲が後ろから前にかけてぬめるように光り、艦首の三門の砲門が黄昏に落ちた海面を薄緑色に照らす。高エネルギーの輝きが拡散され、そして集束する。水平線の彼方が断続的に輝き、そして赤々とした炎が揺らめき上がる。闇に落ちかけた空を背景に置いてでさえ、立ち上る黒煙はよく見えた。


 その一撃で、敵艦隊の旗艦はことごとく大破していた。重巡級に至ってはその過半が轟沈に至り、無傷の艦は一隻もいなかった。イザベラの視界の内で、敵艦隊が全速力で後退を始める。


「それが妥当な判断だね」


 イザベラは新型のナイアーラトテップに意識を向けつつ、そう呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます