カティとの乾杯

 その二日後、二〇九五年の大晦日、レベッカ邸にて――。


「昇進おめでとうございます、カティ」


 玄関で出迎えるなり、レベッカはカティの手を取ってそう言った。カティは寒さに耐えかねたように玄関に滑り込んで、後ろ手にドアを閉める。


「ふぅ、今日の寒さはひどいもんだ」


 カティはそう言って、レベッカの肩を軽く抱いた。


「今夜はゆっくりしていってください。久しぶりの休暇でしょう?」

「ああ。少なくとも一週間は休めるだろうね。パウエルに任せてきたから」


 リビングに移動すると、エプロン姿のマリアが、テーブルにせっせと料理を並べていた。


「いらっしゃいませ、メラルティン


 マリアはにこやかにそう言い、カティは「まだ慣れないな」とぼやいた。そして勧められるままにソファに腰を下ろす。マリアはエプロンを畳んでから腰を下ろし、レベッカは冷蔵庫からジンジャーエールのボトルを取り出した。カティとマリアのためのシャンパンはテーブルの上で冷やされている。


「乾杯の前に、カティには一つ、重大なお話をしなくてはなりません」

「……ヴェーラのことか?」

「ええ」


 レベッカは頷いた。


「これは最高機密に属していて、本来はあなたにもお伝えしてはならないこと。ですが、ヴェーラ本人の意志を尊重し――」

「前置きはいいよ。で、本題は」


 カティはその紺色の瞳でレベッカを捕縛した。レベッカは唾を飲み、頷く。


「ヴェーラが、目を覚ましました」

「……そうか」


 カティは腕を組み、目を閉じた。そしてそのままたっぷりと一分間沈黙してから目を開ける。


「よし、続きを聞こう」

「ヴェーラの命の危険はもうありません。ですが、もうヴェーラはいません」

「いない?」


 どういうことだとカティは険しい表情を浮かべる。レベッカはまた頷いた。


「イザベラ・ネーミアというD級歌姫セイレーンが、ヴェーラの後任となります。マリア、根回しの状況は?」

「問題ありません。関係者全員にいただきました」


 意味深なマリアの回答に、レベッカは一瞬眉根を寄せた。カティはなんとなく事情を悟ったが、そのマリアのについての追及はしないでおこうと決めた。


「別人という名目で、あいつ、好き放題するつもりか」

「おそらく……」


 レベッカはそう言って、ジンジャーエールのボトルを開けた。マリアもシャンパンを開封する。


「でもそれがヴェーラの選択だというのなら、私は受容するつもりでいます。いかなる方向に向かおうとも」

「しかしベッキー、あいつの暴走を止めるのも、お前の仕事じゃないのか」

「あの子はもう、ヴェーラではありません」


 レベッカはあっけらかんとした口調を作った。カティは「ふうん」と鼻を鳴らしつつ、マリアに促されるままにグラスを差し出した。シャンパンがゆらゆらと注ぎ込まれてくる。


「ヴェーラという頸木くびきを外された彼女を、イザベラを、私にも止めることなんてできはしません。ですが――」

「ですが?」

「お願いがあるのです、カティ」


 有無を言わせぬ口調に、カティはグラスを持ったまま硬直する。


「あの子の暴走が本当に手に負えなくなってしまったら、その時はあなたに止めてもらいたいのです、カティ」

「冗談キツイな」

「いえ」


 レベッカはグラスにジンジャーエールを注ぎながら首を振った。


「本気です。私も、あの子も。なので、万が一の際には」

「わかった。努力は、する」


 カティは淡白に頷いた。


 だが、ヴェーラを撃てだなんて言ってくれるな――カティは強く思った。


 そんなカティの心情を悟ったのか否か。マリアは黒い瞳を伏せつつ、グラスを持ち上げた。


「そろそろ乾杯しましょう。ぬるくなってしまいます」

「そうね。じゃあ、カティの昇進に乾杯」

「どうも」


 カティは短く言ってグラスを掲げ、そしてシャンパンを一口飲んだ。話の内容の衝撃が思いのほか大きかったのか、味がまるでわからない。


「心配は要らないと思いますよ」


 マリアが言う。


「ヴェーラ姉様は、また幾度かはチャンスをくれるでしょう」

「だが、一度は不合格を貰ったわけだ」


 そのペナルティが、ヴェーラの喪失ロストである。これからもなんとも厳しい採点が待っていることは疑いようもない。唸って沈黙してしまったカティの顔を、レベッカが覗き込む。


「私はあの子の安全装置フェイルセイフです、確かに。ですが、それ以前に、あの子の最高の親友でありたい。だから」

「そうあってやってくれ、ベッキーは。お前たちはアタシの妹分みたいなもんさ。だから心配いらない」


 カティはシャンパンを飲み干した。すかさずマリアが二杯目を注ぐ。


「それにお前たちは、アタシなんかよりずっと頭がいい。お前たちがいいと思ったことは、その時点でたぶん正しい。信じるさ、アタシは」


 カティは小さくグラスを掲げ、俯くレベッカの美しい髪を眺める。数秒しても俯いたままのレベッカに、マリアが優しく声をかける。


「レベッカ姉様は姉様の思う道を進んでください。私は全力でサポートします。それがいかなる判断、いかなる決断であったとしても」

「わかりました」


 レベッカは強く頷き、顔を上げる。


「あの子が暴れたら、私がひっぱたいてやらなきゃね」


 その顔には微笑が貼り付けられていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます