死の提案

 一人で病室に入ったレベッカは、ベッドに横たわるその人を見て、言葉を失った。これまでずっと顔を覆っていた包帯は外されていた。赤黒い肉の塊の中ほどに、空色の瞳があった。その感情のない目は、じっとレベッカを捕捉している。しかしその青白い唇から顎、そして首の周辺にかけてだけは、不自然なほどに美しく再建されていた。その白い肌によるコントラストのアンバランスさは、不気味を通り越して異様だった。


「やぁ」


 半分息が抜けた声が、その唇から発される。それはややハスキーではあったが、紛れもなくヴェーラの声だった。三ヶ月ぶりに聞く声だった。


「また会えるんじゃないかって、思っていたよ」


 その唇は苦し気に開いていたが、どこか笑っているようにも見えた。レベッカは知らず握りしめていた拳を開くことに難儀した。筋肉が強張っていて、息をするのも苦しいほどだ。


 病室特有の甘ったるい刺激臭が鼻をつく。


「全部、燃えたよね」

「……ええ」


 肯定を、絞り出す。ヴェーラは「ふぅ」と息を吐く。


「それだけは謝るよ。ごめん」

「違う、でしょ」


 レベッカは首を振る。


「謝るのはそこじゃないでしょ」

「なんで?」

「なんでって……!?」


 不意にレベッカの全身から力が抜けた。思わずよろめいた。


「あなたは、何をしたのかわかっているの!?」

「死ねるかどうか、確かめた」

「はぁっ!?」

「結果、死ねなかった」


 ヴェーラがこんなありさまでなければ、その頬を一撃していたに違いない。レベッカは再び右手に力を込めた。奥歯に限界まで力を込め、浮かんできた罵詈雑言の類を嚙み潰す。


「でも、わたしは、今日死ぬ」

「何言ってるの!」

「まぁ、聞いてよ、ベッキー」


 半ば息の抜けた声で、ヴェーラは言い、微笑する。グロテスクな表情だと、レベッカは素直に思った。


「ヴェーラ・グリエールは今日、死ぬ。ヴェーラというわたしを演じ続けるのは、もうまっぴらごめんだ。わたしは、そうだな、うん。イザベラ・ネーミアと名乗ろう」

「なんでそんなことを。そんなことしたって、あなたが歌姫セイレーンである事実は変わらないわ。私と共に戦場に出ることにだってなるでしょう?」

「それはそれでいいのさ、ベッキー」


 ヴェーラは唇を歪めた。


「ただ、わたしはヴェーラという過去を捨てたいだけ。大衆のイメージしたわたしの姿を完全にかなぐり捨てたいだけなんだ」

「そんなことのために」

「ヴェーラの名前と姿では、わたしはこの世界を変えられない。わたしは無慈悲な破壊者であるべきなんだ。それだけの力がある以上、彼らにとって都合の良い偶像アイドルなんかであり続けてはいけないんだ」

「でも」

「わたしも君も、永遠ではない」


 ぴしゃりと言い放たれたその言葉に、レベッカはまた硬直する。


「わたしたちが無責任な存在であるならば、永遠を気取ったって良いだろう。でも、そうじゃないよね、わたしたちは。エディタやレニーに、わたしたちと同じ道を歩んでほしいだなんて思っていないよね」

「それは、そうだけど」

「だから、わたしは変わる。未来を創ることだけを考える。誰の掌の上でも踊らない。わたしはわたしの意志で、行動する」


 ヴェーラはこの時になってようやく、レベッカから目を逸らした。その視線は天井灯付近を泳いでいた。


「ベッキー。きみは、綺麗なままでいて欲しい。わたしのような汚穢おわいは、きみのような人がいて初めて意味を持てるんだ」

「あなたは何を言っているの。さっぱり意味がわから――」

「わかっているはずだよ」


 ヴェーラは「ふふ……」と笑声をこぼす。そして、その包帯に覆われた右手をゆっくりと持ち上げる。


「わたしは今、未来を手にしている」


 開いた手が握り締められる。


 ヴェーラの見開かれた目が、またギロリとレベッカを見た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます