#10:決意と秘密

#10-1:ねじれる世界

年の瀬、その報せは。

 二〇九五年も間もなく終わる。レベッカは未だ慣れない新居の窓から、しんしんと雪の降る様子を眺めている。年末の予定もすべて片付いており、もう年が明けるまですることもない。戦争中であるにもかかわらず、人々は年末年始に浮かれている。もう何十年も「幸せな一年」なんて来ていないというのに、それでも「ハッピー・ニュー・イヤー」を掲げている。人々は驚くほど画一的に、年末年始を満喫しているように見えた。


「うんざりする……」


 レベッカは呟く。


「本当に、うんざりする」


 自分は誰のために戦っているのか。誰のためにこの手を汚し、誰のために傷付いているのか。今、この国から自分が消えたら、この国はもう立ち行かないだろう。今ですらギリギリの状態なのだ。エディタや、S級のレニーがいることを考えても、やはり自分の代わりになれる者はいない。しかし、国家・国民は、全ての歌姫にヴェーラや自分の力を期待するだろう。


「昨日の記事の事ですか、姉様」


 後ろから聞こえたマリアの声に、レベッカは振り返る。ソファに座っているマリアは、携帯端末でニュースサイトを眺めていた。


「冷酷な指揮官、レベッカ・アーメリング。過日の大損害は、艦隊司令官が新人を見捨てた結果だった――だったかしら?」

「全く正確ですね」


 マリアは肩を竦めた。レベッカは小さく笑う。


「あんな三流記事、どうだっていいわ。査問会の方は問題だけど。まさか、彼らまで、三流の考えを貫いてくるとは思わなかったわ」

「すみません、私の力が及ばず……」

「いいのよ。あのお歴々は、聞く耳なんて持たないでしょうから。クロフォード提督不在のところで査問会を開催するというところに、彼らのずるさと浅はかさがよく分かるわ」


 レベッカは吐き捨てるように言うと、マリアのはす向かいの一人掛けソファに腰を下ろした。


「彼らは国を守ろうとしているわけではないわ。彼らは自分の地位を守りたいだけなのよ。だから、戦争は終わらない。負けもしない。勝ちもしない」

「手を引く者がいるのかもしれませんよ」


 マリアは意味深に言う。レベッカは流れるように腕を組む。


「ヴァラスキャルヴ陰謀論――か」

「そもそも、今や世界のあらゆるモノがジークフリートに支配されているのです。ヴァラスキャルヴがすべてに関与していたところで、何らおかしなことはありません」


 言葉を選びながら、マリアは言った。その黒い瞳は、レベッカの表情をくまなく観察していた。レベッカはマリアの視線を受け止めつつ、「そうね」と小さく頷く。


「そもそも、歌姫計画にしても、あのジョルジュ・ベルリオーズが噛んでいるじゃない? だから悪魔が出てきたって驚きはしないわ」

「悪魔、ですか」


 マリアは静かに息を吐く。その時、テーブルの上に置かれていたマリアの携帯端末が、無機的な電子音で着信を伝えた。表示によれば、発信者はハーディであった。


『そちらにアーメリング提督はいらっしゃいますか』

「ええ。用件は?」

『グリエール提督が意識を取り戻しました』

「なんですって!?」


 思わず大きな声を出すマリア。心臓が早鐘のように脈打っていた。


『すでに車は手配済みです。至急準備を』

「わかりました。良い仕事です」


 マリアはそう言って回線を切り、レベッカに早口で状況を伝えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます