徹底粉砕

 セイレネスによって威力を増幅アンプリファイアされた砲撃が、数百キロ彼方のアーシュオン艦隊に大きな損害を与える。レベッカからの一撃だった。その射程は誰よりも長く、その使用モジュールの威力も比肩する者はいない。目下二番手であるエディタにですら、何が起きたのかよくわからなかった。


『エラトーとはここまで違うのね……』


 レベッカの嘆息に、トリーネが応じる。


『一撃で十隻近く撃沈したようですが』

『エラトーだったら空母の一隻か二隻は確実に沈められているわ。ナイアーラトテップの干渉をききれなかった』

「コーラスですか?」

『そうね』


 エディタの問いに、短く肯定するレベッカ。ヤーグベルテに於いては未だ研究途上なのだが、複数のセイレネスが同調して、その出力を激増させる戦術である。


「では、我々は予定通りにナイアーラトテップのM量産型を」

『そうしてください、エディタ』

「了解です」


 エディタは意識の中で唇を舐めた。物理実体の方も同じ動作をしていたかもしれないが、エディタにはその区別がつかない。とにかく今のエディタの意識主体は、空を漂っている論理実体の方にあった。


『私は一人で何体かを引き込みます。あなたたちは四人一組で可能な限りの撃破を』


 レベッカの指示は明確だ。エディタの視界に、五つの青い照準円レティクルが浮かび上がる。それはレベッカが論理空間に引き込んだM型ナイアーラトテップを示している。となると、エディタたちが相手するべきは七体ということになる。一体でも打ち漏らせば、クワイア歌姫セイレーンたちに大きな損害が出ることになる。


 エディタは素早くトリーネたちにターゲットを指示した。そして四人は同期して論理空間へと跳躍した。


 瞬時に視界が純白に塗りつぶされる。その中、見た目の距離百メートル前後の所に、七人の黒髪の少女が佇んでいる。エディタの左右には、トリーネ、クララ、テレサが現れた。エディタはアサルトライフル、トリーネはショットガン、クララとテレサはサブマシンガンを手にしていた。


 互いが互いを認識したその瞬間から、状況は開始される。壁を立て、柱を降らせ、純白の世界を瓦礫で覆っていく。その隙間を縫うように、激しい銃撃が交わされる。


「最初は銃撃戦の訓練なんて何のためにあるのかと思っていたけど」


 クララが物陰に身を潜めながら呟く。


「真面目にやっておいて良かったよ」

「無駄口を叩いてるほどの余裕はないぞ」


 隣に滑り込んできたエディタが鋭くたしなめる。その瞬間、クララの顔のすぐそばを銃弾の群れが通過していった。立てた壁が見る間に削れていく。


「トリーネ、テレサ、状況はどうだ」

「二人倒したわ。あと五人」


 トリーネが立て続けに柱を降らせる。それは白い地面に突き刺さると、階段状に一列に並んだ。テレサがその上を駆け上がり、サブマシンガンを乱射していく。黒髪の少女たちは上から降ってきた弾に困惑して体勢を崩す。その内の一人の頭部が半分弾け飛ぶ。エディタによる狙撃である。


「あと四人!」


 柱の上を移動していくトリーネが怒鳴る。敵の一人がトリーネを狙っている。そこに飛び込んだのはクララだ。壁を立て、柱を降らせつつ、他の少女からの攻撃を巧みに回避し、トリーネに向かって射撃を始めた少女に吶喊する。少女がクララに気付いたその瞬間、クララは手にしたサブマシンガンを投げつけた。


「!?」


 思わぬ一撃に少女は動揺する。サブマシンガンは少女の右手に直撃し、少女はたまらず手にしたライフルを取り落とす。クララはその鳩尾に膝を打ち込んだ。


「グッ……!」

「せいっ」


 すかさず腕を取って、白い地面に叩き付ける。そのまま左腕一本で少女の右腕をねじり上げ、右手に拳銃を出現させた。そしてその額に銃口を突き付ける。


 あれっ……!?


 引き金を引こうとしているのに、指が動かない。身体が硬直してしまっていた。


 少女はその隙を逃がさない。腕を振りほどき、クララを跳ね飛ばす。そしてその手に拳銃を出現させて、クララの額に照準を合わせる。


「う、うわ……っ」

「クララッ!」


 エディタの声が響く。銃声が続く。クララの身体から鮮血が噴き上がる。そして少女は倒れる。


「どうして……」


 引き金が引けなかったんだ――右肩に開いた穴を押さえながら、クララは呆然とへたり込む。その間にエディタが駆け寄ってきて、倒れた少女に三点バーストで止めを刺した。


「トリーネ、状況は!」

「チェックメイト」


 柱の上に寝そべるトリーネは、いつの間にかスナイパーライフルを構えていた。


 轟音と共に、その長銃身の狙撃銃が火を噴いた。


 その瞬間、エディタたちの意識はまたあの海域に引き戻される。


「アーメリング提督、こちら片付きました」

『了解です。被害は』

「クララが負傷しました。が、命に別状は――」

『申し訳ありません、提督』


 クララが少しつらそうな声で言った。


『まだ戦えますか? 艦船にもダメージはあるようですが』

『大丈夫です。艦長も問題ないとのこと』

『いいでしょう。戦闘は続いています。直ちに対空戦闘の支援に入ります』


 レベッカの声には感情が見えない。まるでマシンのようだとエディタは感じた。


 対空砲火が空の色を塗り変えていく。アーシュオンの航空機がそれを巧みに掻い潜っては機銃掃射を繰り返す。対艦ミサイルだけは尽く無力化できていることは救いだった。アレを喰らってしまっては、駆逐艦程度なら間違いなく一撃で粉砕されてしまう。機銃掃射にしても侮れるものではない。現に、もうすでにコルベット一隻とフリゲート三隻が大破ないし撃沈されるに至っている。


「くそっ」


 当該の四隻には、セイレネスの反応がない。エディタは歯軋りする。


「アルデバランの火器管制、全て回してください、艦長!」

『了解。全火器管制、レスコ中尉に回します。ユーハヴ』

「アイハヴ!」


 エディタは全システムが自身の意識にリンクしたのを認識する。エディタを取り巻く音の圧力が増し、BPMもそれに伴って上がっていく。


「全砲門、一斉射!」


 エディタの号令と共に、全火力が迫ってきていた六機のFA201フェブリスに向けられた。攻撃機たちはただちに散開したが、エディタの張り巡らせた不可視の対空防衛網からは逃げられない。たちまち三機が中大破し、命からがら空域から離脱していこうとする。エディタはそれらは放っておいて、残った三機を追おうとした。その瞬間、損害を受けた三機が見るも無残に木っ端微塵に粉砕された。


「て、提督……!?」

『徹底的にやりなさい、エディタ。敵を殺し漏らしてはなりません』

「しかし……!」

『やるのです。これはですよ、エディタ・レスコ中尉』


 有無を言わせぬその言葉に、エディタは唾を飲みこんだ。


『生き残った飛行士は、再び戦場に現れるでしょう。そしてあなたの親友を傷付ける、あるいは、殺すかもしれません。その時、あなたは殺し漏らしたことに対して、責任を取れますか』


 エディタは答えられない。ただ爪を掌に食い込ませるだけだ。


 そうしているうちに、追っていた三機も爆砕した。クララかトリーネがやったのだろう。


 対空戦闘が始まって十五分少々の後、敵の航空機一色に染まっていた空は、痛いほどに沈黙した。襲来してきた敵戦闘機は、そのほとんどが退却すら許されなかった。レベッカが執拗に損傷した敵機を狙い続けたからだ。二百機以上の航空機が襲来したが、その内撤退できたのは十機にも満たない。そして、捕虜は、いない。


「提督、敵の艦隊は……」

『対艦ミサイルで一撃するくらいしか出来そうにありませんね……』


 そう言ってしばらく無言になる。考えているのだろうとエディタは推測する。


『いえ、いいでしょう。艦載機を潰滅させた以上、深追いする必要もありません。初陣でこれ以上被害は出したくありません』


 その言葉に、エディタはほっと胸を撫で下ろした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます