#09-2:初陣

血を流す意味

 エディタたちが軍に正式配属されてから三ヶ月後、二〇九五年十二月――。


 重巡洋艦アルデバランの艦橋にて、エディタはメインスクリーンを睨んでいた。そこには、現在の哨戒担当員であるトリーネが送ってきた海域検索情報が表示されている。起き抜けに見せられた前方四百キロの海域にいるアーシュオンの大艦隊の姿に、眠気は一瞬で吹き飛んだ。


「トリーネ、これは……」

『あ、エディタ、おはよーって時間でもないか』


 まもなく午前十時になる。哨戒の交代時間である。


「アーメリング提督に連絡は?」

『完了してるわ。まだ距離はあるから引き続き警戒するようにって。対空戦闘はバトコンレベル2で待機中』

「そうか」


 エディタは頷いた。艦長をはじめとした艦橋要員たちの表情は、まださほど張り詰めてはいない。


『って、来た。ピケット艦たちに向けて対艦ミサイル接近中!』

「敵からも認識されたってことか!」


 エディタは言いながら、艦橋から走り出た。目指すはコア連結室である。エレベータが到着するのを待つのももどかしく、非常階段を駆け下りる。二フロア分降りたところで、分厚い防火扉を開けて、すぐそこにある部屋の認証をクリアして扉を開く。そしてほとんど真っ暗なその部屋を迷いなく歩き、中央のシートに深く腰を下ろした。


 たちまちエディタの意識を、さざなみのような音が覆っていく。実時間にして十秒と経たずに、エディタの意識が空に浮かぶ。アルデバランの巨大な艦体が真下に見えた。


「エディタ・レスコ、ログイン完了。対艦ミサイルはどうなった、トリーネ」

『単発のミサイルくらいじゃやられないわよ。慌てないで』


 トリーネの声がすぐそばに聞こえる。


『問題は――』

「どうして我々がこの距離で検知されているのか、だな?」

『そうそう――』

「ナイアーラトテップは?」

『もう、せっかちね。いるわ、うじゃうじゃと』

M量産型という奴か?」

『そうね。しばらく出てきてなかったけど、間違いないと思う。私が確認しているだけで十二隻いる』


 エディタの視界に赤い照準円レティクルが浮かび上がる。その全ては未だ水平線の彼方を指し示していたが、確かにまぎれもない、気配がある。エディタは意識を集中して、周辺海域半径五百キロの範囲を走査する。


「確かに十二隻。すごい数だな……」


 エディタが呟いたちょうどその時、レベッカが「総員、聞け!」と号令を発した。


『敵の艦隊は我が方の四倍以上の数がいます。加え、量産型のナイアーラトテップが十二隻。従来型に比べ、性能が劣ることは間違いありませんが、それでもナイアーラトテップが十二隻というのは脅威です。ですが』


 レベッカは一度言葉を区切る。


『ですが、我々にはこれを撃破殲滅する義務があります。初陣であるという言い訳は、ヤーグベルテ国民には通用しません。彼らは私たちに守護神であることを望んでいます。私たちはそれに応え続けなければなりません』


 その極限まで冷えた金属のような声音は、エディタの胃を強く握り締める。


『ナイアーラトテップは、私とV級で対処します。C級は敵通常艦隊に対処。徹底的に敵射程外アウトレンジで仕掛けなさい』

『提督、敵戦闘機が発艦開始しています』


 トリーネが報告している。この距離なら三十分経たずに打撃範囲に入ってくるはずだと、エディタはレーダーにリンクした感覚で計算する。


「提督、我々は制空戦闘は……」

『不要です、エディタ。全てC級に任せます』

「しかし、それでは……」

『セイレネス一辺倒というわけにはいきません。それにC級の艦船の搭乗員も、熟練の海軍軍人です。そう易々と抜かれることはないでしょう』


 レベッカの冷静そのものの声音に、エディタは一瞬気圧される。


「ですが、我々には航空機がありません。このままでは」

『信頼しなさい。それが次の戦いに生きます』


 レベッカの静かだが強烈な圧力を有した言葉を受け、エディタは何も言えなくなる。そんなエディタの隣に、トリーネの気配が現れる。姿は見えないがそこにいることはハッキリとわかるのだ。


 そんな二人に、レベッカは囁く。


『この一戦を無傷で乗り切るだけならば、私とあなた方の力があれば十分に可能でしょう。ですが、その次は。そしてその次は。いつまでも私たちがひたすらに彼女らをかばい続けると言うのですか。それができると言うのですか』

「それは……」

『私たちが破綻した瞬間に終わる国防など、国防とは言えません。私たち少数の個人だけが国を守るなどという思想は馬鹿げています』


 その言葉には、レベッカの忸怩たる思いが込められていた。その思いは、エディタたちの剥き出しの精神に、痛いほどに突き刺さってくる。


『私たちは絶対無敵であってはならないのです』

「しかし提督は、私たちは守護神であり続けねばならぬと……」

『そうです。ですが、我々は、傷つくことも必要なのです。血を流すこともまた、見せなければなりません。我々とて人間なのだと、国民に知らしめねばならないのです』

「でも、皆、私の同期なのです。死なせたくありません」


 エディタは超然たるその気配に向かって言い放つ。


「提督――」

『ならば』


 レベッカの無機質な声が海域に消えて行く。


『あなたが代わりに死にますか』


 遠くで白波が立った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます