#09:艦隊正規発足

#09-1:正式配備

歌姫養成科・第一期卒業生

 ヴェーラのから一週間後、士官学校では卒業式が執り行われた。エディタら歌姫養成科第一期生が、軍に正式入隊する日でもある。


「この場にヴェーラ・グリエール中将の姿がないことを残念に思います」


 講堂にずらりと並んだ第一期生約五十名を前に、レベッカは語りかける。


「周知のとおり、彼女は今なお意識不明で、生死の境を彷徨っています。現時点では意識が戻る可能性は非常に低い……。ドクターにはそのように言われました」


 レベッカの冷淡とも言えるその口調と表情に、エディタたちは一様に表情を硬くする。卒業生たちの後ろ、少し離れた所に立っているマリアは、つらそうに眉間に力を込めていた。レベッカはマリアの方を見もせず、眼鏡のフレームを押し上げた。


「よって、しばらくは私が第一艦隊の司令官を兼務します。あなたたちの所属は便宜上第一艦隊と第二艦隊に分けられますが、運用は流動的に行われます。特にV級の四名については、常時私の随伴として働いてもらうこととします。V級、前へ」


 レベッカが呼びかけると、エディタ、トリーネ、クララ、テレサの四名がレベッカの前に集合した。レベッカは頷きながら、天井に据え付けられているカメラの方を向いて指を鳴らした。


 すると、レベッカの背後に艦船の三次元モデルが投影された。最新鋭の空中投影ディスプレイによる演出だ。


「エディタ・レスコ中尉には重巡洋艦アルデバランを与えます。この艦は高い情報処理能力を有した指揮管制艦であると同時に電子戦闘艦でもあります。使いこなしなさい」

「はっ!」


 エディタは鋭い動作で敬礼した。レベッカは小さく頷き、トリーネの前に移動する。空中投影ディスプレイに映し出される艦の形が変わる。


「トリーネ・ヴィーケネス中尉には、重巡レグルスを与えます。アルデバランの盾にして剣になるべく造られた我が国最強の重巡洋艦です。あなたなら扱えるでしょう」

「ありがとうございます」


 トリーネは力強く応じる。レベッカは軽く目を細めた。そしてクララとテレサの前に移動する。


「クララ・リカーリ少尉、テレサ・ファルナ少尉には、C級の統率を担当してもらいます。それぞれ、軽巡洋艦ウェズン、クー・シーを貸与します。扱いは軽巡洋艦ですが、ウェズンは電磁誘導砲レールキャノンおよび、PPC粒子ビーム砲を搭載した超高火力艦ですし、クー・シーは艦隊隠蔽力および防空能力に特化した艦です。二人の得意分野を生かす方向で調整された艦です。必ず期待に応えてくれるものと思っています」


 レベッカから放たれるプレッシャーに対して、クララとテレサは緊張した面持ちで頷いた。


「C級のメンバーは別途搭乗艦の割り当てを告知します。ただ、C級のコアウェポンについては、一律チューニングを実施しているため、任務および状況に応じて、割り当て艦が変わることがあると思います」


 そこでレベッカは前に流れてきた髪を、流れるような動作で後ろに戻した。眼鏡のレンズが空中投影ディスプレイに浮かび上がっている海戦の映像を受けて、ギラリと輝く。


 今のレベッカは、圧倒的だった。以前ならばヴェーラが担っていた役割を、今は一手に引き受けている。その立場が、その責任感がそうさせているのかもしれなかったが、とにかくも非の打ちどころもないくらいに冷徹で威圧的だった。


「一月の核ミサイルへの対応については、あなた方には助けられました。ですが、実戦はあんなものではありません。もっと苦痛で、もっと残酷で、もっと厳しい。間違えたら、死にます。間違えなくても、死にます。一年後には、この中の何人かは命を落としているでしょう。そして何人かは心を殺されているかもしれません。それだけの厳しい戦いが待っています」


 そしてその戦いは、死ぬまで続く――という言葉をレベッカは飲み込む。伏せた目がやや憂いを帯びる。


「私は――」


 レベッカは毅然と、より清冽に、言った。


「ヴェーラ・グリエールと私は、数多くの作戦に参加してきました。私たちの間にあったものは何だったのか。そう、信頼関係でした。どんなつらいことも、苦しいことも、この人とならば乗り越えられる。一緒に乗り越えていける。そう思うことで、私たちは互いを守り合い、そして今まで……生きてこられたのです」


 心の動きがない――マリアはそう悟る。レベッカは表向きは冷静だったが、そうではなかった。今のレベッカは、心が動いていないのだ。硬い殻の内側に、その心を隠してしまっているのだ。マリアは俯いて、密かに奥歯を噛み締め、拳を握りしめた。レベッカは全く表情を動かさず、淡々と言葉を紡いでいく。


「戦争はより一層厳しいものになっていくでしょう。良くも悪くも、時代は変わっていくのです。変化の時期には、誰かが痛みを負わなければならない。誰かが涙を流し、血を流し、そしてようやく変わっていく。全く残念なことに、今がまさにその時期。戦争の、そして、が変わりゆく時代」


 声を震わせることすらなく、レベッカは告げる。それはまるで、居並ぶ歌姫セイレーンたちに対する死の宣告のようでもあった。だが、マリアはその言葉を邪魔しようとは思わなかった。それは彼女らが遠からずして知る現実であったし、彼女らにはその現実から逃げるという選択肢すらからだ。


「ですが、救いもあります」


 レベッカは歌姫たちをゆっくりと見回した。


「あなたたちには、苦楽を共にしてきた、そしてこれからも分かち合う仲間がいる。あなたたちは互いを頼らねばなりません。躊躇なく命を預けなければならない。時として自らを犠牲にするという選択肢が生まれることもあるでしょう。友を犠牲にしなければならない状況に陥ることも覚悟しておかねばなりません。その時は――」


 レベッカは自分の右手を自らの左胸に持って行った。


「私を、恨みなさい」


 限界まで張り詰めた空気の中、マリアは一人、唇を噛み締めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます