誰の望みなりや

 そのメッセージを読み終えた直後、参謀部六課、レーマン少佐からマリアの端末に着信があった。


『大佐、ジョンソン曹長とタガート軍曹が、グリエール閣下を救出しました!』

「えっ! 本当ですか!」

『現在、うちのヘリで病院へ搬送中ですが……状況は深刻です』

「わかりました。そちらの対応を最優先にお願いします。中央医大病院ですね」

『肯定です。受け入れ準備も完了しているとのこと。緊急コードは継続中です』

「了解しました。私とアーメリング提督もそちらに向かいます」


 マリアは事務的な対応に終始し、通話を終える。助手席のレベッカが藁にも縋る目でマリアを見ている。マリアは小さく微笑み、レベッカの右手に自分の左手を重ねた。


「だいじょうぶです」


 マリアは自分に言い聞かせるように、そう何度か呟いた。レベッカはその度に頷き、言葉もなく携帯端末の画面に映し出されたヴェーラからのメッセージを睨み据えている。


「姉様に、なんて言葉をかけますか」

「……バカは死んだって治らない」


 レベッカの答えに、マリアは二度、頷いた。


 パトカーの先導で病院の正面入り口に到着したレベッカたちは、一も二もなく車を飛び降り、職員の先導で手術室の方へと向かった。手術室の前にはレーマンとハーディがいて、情報の引き継ぎを行っていた。


「わかりました、少佐。すみませんが、このままここで医師と状況の確認を行ってください。逐次報告を」

「承知しました」


 レーマンは頷き、そして辿り着いたマリアとレベッカに長椅子を勧める。二人は呼吸を整えつつ隣り合って座り、互いの手を握り合った。ハーディは眼鏡の位置を直すと、二人に義務的な敬礼をして踵を返して去って行った。


「まあまあ」


 その態度に腹を立てかけた二人を見て取って、レーマンは缶コーヒーを二本、どこからともなく取り出した。


「長い夜になります」

「……そうね」


 マリアは呟きそれを受け取り、一本をレベッカに手渡した。


「ハーディ中佐もつらいのです。私もそうですが、もう出会ってから十年以上になるでしょう? いろいろあり過ぎたにしても、つらいものです。あの人は、そこまで頑丈な人ではありませんから」

「鋼鉄の女に見えるのだけれど」


 マリアは剣呑な視線を向ける。しかし、レーマンは右手を振る。


「前統括ほどの素養もカリスマもない。その自覚に常に苦しんでるような人ですよ」

「ハーディの自己評価はどうでもいいわ。いまは余計なことは聞きたくないし、考えたくもないから」


 レベッカは溜息を吐く。その時、手術室のドアが開き、医師が一人出てきた。


「お取り込み中すみません。本件を担当するライグラフです。時間もないのでこの場でお話させていただきます」


 ライグラフと名乗った医師はマスクだけを外して、早口で喋り始めた。見た目的には三十代後半に見える、まだ若手の部類の医師だ。


「一言で言って重体です。ガスの吸引量は少なく、脳機能への障害はほとんど残らないとは思いますが、それも助かればの話です。救出時の情報によると、全身火だるまになっていたとか。火傷の状態からも、油の類をかぶったと推測されます。正直なところ、ショック死していないのが不思議なくらいの熱傷です」

「油を……!?」

「ええ。おかげで救出したジョンソンさんとタガートさんも大火傷です。奇跡的に全治一か月というレベルで済みはしましたが。それはそうと」


 医師の目がギラリとレベッカを見た。


「グリエールさんは随分と精神が不安定だったようですね。投薬データを確認させていただきましたが、よくもまぁ、あれだけの劇薬を揃えたものだと思いますよ」

「ライグラフ先生、それは今は――」


 レーマンが止めに入ったが、ライグラフは首を振った。


「あんなものを使ってる人を一人にさせてしまってはならない。ご存知なかったんですか」

「いえ……」


 レベッカはうなれ、拳を握りしめる。マリアがそんなレベッカの肩に手を置き、目を伏せながら言う。


「私がついているべきでした……。様子は見に行ったんです。その時は全く普通で。それで、レベッカ姉様を迎えに行ってあげてよって言われて……。すみません、姉様」

「結果論では何も変わらない」


 レベッカはふらふらと長椅子の方に向かい、よろめきながら腰を下ろした。それを見て、ライグラフは背を向ける。


「今は彼女の回復を祈ってあげてください。我々としても手は尽くします」

「よろしくお願いします、ドクター」


 マリアは深々と頭を下げた。隣に立ったレーマンも、小さく頭を下げる。


「カワセ大佐、アーメリング提督。私も一旦本部へ帰ります。では」

「ご苦労様。状況に変化があればお知らせします」


 言葉の出せないレベッカを見ながら、マリアはそう応じた。レーマンは踵を返して足早に去っていく。


 廊下に静寂が戻ってようやく、マリアはレベッカの隣に腰を下ろした。レベッカは無言でマリアに縋りつき、マリアはその灰色の髪を撫でた。


「こんな時期に、あの子を一人にしてしまった私の責任です」

「いえ、姉様。それは違います」


 マリアは苦々し気に言った。


「どんなタイミングであれ、同じようなことは起きていたはずです。それがたまたま今夜決行されたに過ぎないのです。ヴェーラ姉様はこうする機会をずっと窺っていたのです」

「ええ、わかってる。わかってるけど、どうしてもっと……。私はどうしてエリニュスなんかを優先してしまったのだろう。あんなもの、一ヶ月や二ヶ月――」

「それは、そうはならなかった。軍の要求期限は差し迫って――」

「だからこそよ!」


 レベッカは強く首を振る。


「そんなもの、無視すればよかったのよ、私! ヴェーラの様子、ちょっと落ち着いたかなって、そんな時期が一番危ないってわかってたのに! わかってたのに、軍の提示してきた期限に、確かに、少なからず、追われていたのよ! あなたやハーディに、絶対にあの子から目を離すなって言っておけばよかった。たったそれだけなのに……!」

「姉様、それこそ結果論です。これは私たち関係者全員の落ち度です。ですから」

「私はずっとあの子と一緒に生きてきたのよ! あの子の事だけを考えて生きてきた! なのに、それなのに!」


 レベッカは歯を食いしばり、マリアの背中に爪を立てる。マリアはレベッカの頭を抱き締める。レベッカはかすれた声で呟いた。


「……なのに私、もう涙も出ない」


 その言葉に、マリアは唇を噛む。そしてレベッカを一層強く抱きしめる。


「私でよければ、代わりに泣きます」


 マリアは壁に後頭部をぶつけるようにして薄暗い天井を仰ぎ見、溜息と共に目を閉じた。


 涙が一筋、頬を伝って落ちていった。

 

 




 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます