手紙

 親愛なるベッキーへ


 わたしは今日、ここでわたしを捨てようと思う。

 もしこれで死ぬならば、それはそれで結構だと思っている。


 わたしはね、未来への試金石になるのは、もうごめんなんだ。

 未来のためにとか言われたって、もうごめんだ。

 こんな思いをしてまで手に入れる未来には、どうしても色がつかないんだ。


 この顔も。この手も。この声も。この名前も。

 わたしはわたしの意志で、全てを捨て去るつもりだよ。


 わたしの歌は、届かなかった。人々の心に響かなかった。

 強すぎるディストーションと、無駄なリバーヴ。わたしの歌は歪んで、わたしの思いは無視されて。でも、それがこの世界なんだ。この社会なんだ。こうでもしなければ、人々に聴いてもらうことすらままならないんだ。


 いちばん伝えたいことすら、まともに伝えられないこのわたし。そんなわたしなんかに、いったい何の意味があるというの? ああ、その答えは聞けずじまいか。なんか、ごめん。


 わたしにはもうわからないし、考える気力もないんだ。ただ、きっと、こうしたら楽になれるかなって、そう思っただけなんだ。本当に、実にたまらない誘惑だったよ。きみには悪いことをしてしまうなぁという罪悪感はあった。けどね、不思議なものでね。罪悪感が膨らめば膨らむほど、わたしは行為を止められなくなった。ああ、焦げ臭いよ、今。すごく熱くなってきた。一階はもう結構燃えたかなって思う。


 話を戻すけれど。


 世界にとっても、この国にとっても、人々にとっても、わたしは英雄であり、咎人であり、同時に単なるインストゥルメンタルだ。都合の良いメッセージを発するだけの音源に過ぎないんだ。わたしも、きみも。


 だから、わたしがわたしと認識するわたしが、生きようが死のうが。そんなのは彼らの認識するわたし自身にとっては、実に些細で瑣末な問題に過ぎないんだ。世界にとって、国にとって、人々にとって、わたしという一人の人間の主張なんて、無視するに足るレベルのノイズに過ぎないんだ。音の完成度を高めるために、コンプレッサーであっさりと消されてしまう余計な領域のノイズのような、ね。


 わたしは自分でここに火を放ったんだ。ああ、言うまでもないか。


 たぶんもうすぐこの部屋を煙が満たすだろう。もう十分過ぎるほど空気が熱いよ。座ってられないくらいさ。


 家を燃やしちゃってごめん。それだけは言っておかなきゃ。

 ごめんね、ここは思い出の場所だったのに。


 でもね、どうしても。最期はここでって、ずっと思っていたんだ。

 だって、私にとって思い出らしい思い出のある唯一の場所だからさ。


 さようなら。


 追伸: マリアにもよろしくね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます