燃える、記憶

 巡洋戦艦エリニュスから走り出るなり、マリアはレベッカの手を引いて自分の車に導いた。一も二もなく助手席に飛び乗ったレベッカは、息を切らしながら携帯端末を取り出して、ヴェーラにコールした。だが、さっきから十回近くかけているにもかかわらず、全くの無反応だった。


「もう! ヴェーラ! あの子はっ!」


 半泣きになりながらレベッカが携帯端末にメッセージを打ち込み始める。その間にマリアは車を発進させ、即座に自動運転に切り替えた。そして自分は参謀部第六課に連絡を取る。


「レーマン少佐ですか。すみません、大至急、ヴェーラ・グリエール提督のご自宅に誰かを派遣してください。大至急です。ヘリでも何でも出してください」

『わかりました。緊急コードの実行ですね』

「そうです。本コードを全てに優先してください」

『承知しました』


 マリアは通話を終わらせて、ハンドルを握った。そしてアクセルを踏み抜かんばかりに踏み、無駄に広いドックに舌打ちをしながら、それでも一直線に公道へと出る。


 五分も経たないうちに、ジョンソン曹長からレベッカの端末に連絡が入った。


「ジョンソンさん?」

『肯定です。緊急コード実行中』

「……それで」


 レベッカの神経が、きん、と張り詰める。ジョンソンは一つ深呼吸をすると、この上なく落ち着いた調子で報告する。


『ご自宅が火事です。消防が向かっていますが、すさまじい火力で……』


 火事――。レベッカは声を出せない。瞬きすらできない。悲鳴を上げたいと思った。しかし、できなかった。


『グリエール閣下が、中に……』

「み、見たの……?」

『おい、タガート!』


 回答の代わりに響いた怒声に、レベッカはようやく我を取り戻す。


『やめろ、よせ!』

『行かせてください、曹長!』

『だめだ、あの中に突っ込んだら!』

『何年の付き合いだと思ってるんですか! 見殺しになんてできっこない!』

『消防を待て、タガート!』

『俺たち、なんのために警護官やってるんですか、曹長!』

『馬鹿野郎! 無駄死にするだけだ!』


 聞こえてくる音から察するに、二人とも火元――つまりエディットの家――に向かって移動しているようだった。咳き込む声も聞こえる。


『くそっ、ままよ! タガート、窓をぶちやぶれ!』


 そこで通信が切れる。


 レベッカは「もうっ!」と端末を床に投げつけた。


「みんな、勝手ばっかり!」

「急ぎましょう」


 マリアは淡々と車を運転する。制限時速を軽く五十キロ近くオーバーしていたために、パトカーが追ってきた。


『止まりなさい!』


 並走して呼び掛けてくるパトカーに対し、マリアは参謀部の緊急コードを送り込んだ。警官たちは慌ててそのコードを照会し、一分後にはそのパトカーはマリアの車を猛スピードで先導していた。マリアは一息つくとパトカーを追尾するように指示を出して、ハンドルから手を離した。


「レベッカ姉様……」

「どうして!」


 レベッカはマリアの肩を掴んだ。


「どうして一人にしてしまったんだろう!」


 レベッカはもう号泣していた。その言葉もよく聞き取れないほどに泣いていた。


「なんで今日、私はあの子を一人にしちゃったんだろう!」

「だいじょうぶです、姉様」


 間髪入れずにマリアはそう言った。


「ヴェーラ姉様は助かります。タガートさんたちがいるんでしょう?」

「でも――」

「いまは信じることです。私たちにはそれしかできません」


 マリアの声も大きく震えていた。唇を噛みしめながら、こみ上げるものを堪えている。そんな表情をしていた。


 その数秒後に、足元に転がっているレベッカの携帯端末がメッセージの着信を知らせた。レベッカは震える手で端末を拾い上げ、そして目を見開く。


「ヴェーラから……」


 それは、手紙だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます