夏の星座と、警鐘

 車中では、ヴェーラもレベッカも、終始無言を貫いた。家に送り届けた時も、レベッカからは「おやすみなさい」という一言があったが、ヴェーラは俯いたまま家に入って行ってしまった。


 近くのコンビニの駐車場に車を停め、マリアはハンドルにもたれかかる。ライトが消え、エンジンが省エネモードに切り替わる。フロントガラスに音楽の再生リストが投影表示され、社内を淡い青色に照らし上げる。


「今は音楽を聴く気分じゃないのよ……」


 マリアが掠れた声で呟くと、再生リストが透き通るようなジングルを鳴らして消える。駐車場には他に車はなく、コンビニ内にも客の姿はない。ここは無人化店舗なので、マリアの視界内には人間の姿は一つもなかった。


 透明度の高いフロントガラスの向こうには、一際に赤い恒星――アンタレスが輝いていた。視線を少し動かせば、アンタレスを含むさそり座の全容を見ることができた。しばらく南天の星座たちを眺めていたマリアだったが、やがておもむろに車を発進させた。そして郊外の丘の上を目指す。


 十分少々の間、マリアは運転の主導権を握り続けた。今は何かに集中していたい気分だったからだ。とはいえ、真夜中に差し掛かろうという時分、ほかに車の姿はなく、歩行者も見当たらない。月の姿さえ見当たらず、街灯と信号機が眩しく輝いているくらいである。


 目的地に着くと、マリアは迷わず車から降り、そしてドアに寄りかかる。人感センサー搭載型の自動販売機が忌々しいほどの明るさを振りまき、マリアは思わず舌打ちした。


「確か、こっちに……」


 マリアは空を見上げる。眩暈がするほどに晴れ渡り、透き通った暗黒が広がっていた。目を細めたくなるほどに存在を主張する星々が、燦然と空一面に輝いている。マリアは想像以上の数の星々にやや面食らいながら、それでも数分後には目的の星を探し出す。


「夏の大三角、か」


 となると、織姫ベガ彦星アルタイルの間には、天の川が流れているはずだ。だが、地上から見ることはできない。だが、確かにそこにある。この惑星だって、その構成要素の一つなのだ。目に見えない川に、その男女は阻まれている……のか。マリアは溜息を吐いた。


「見えなくとも、そこに壁はあるものね」


 マリアは自動販売機の方へと向かい、少々乱暴に缶コーヒーのボタンを押した。ポケットの中の携帯端末が、支払い完了をアピールしてわずかに震えた。


「もういいわよ、消えて」


 マリアが言うと、自動販売機は照明を一段階暗くした。少し驚いたマリアは、自動販売機をぽんと小突いて、そして周囲を一度見まわしてから、言った。


「もうお客は誰もいないわ。もっと暗くなっていいわよ」


 自動販売機は何も答えず、しかし気持ち照明を落としたようだった。マリアは小さく笑い、コーヒーの缶を開ける。歩きながら口を付けると、冷たい液体が喉から胃へと伝っていき、少しだけ気分が晴れた。


「私はいったい、なんのためにここにいるのだろう」


 ぽつんと置かれたベンチに座って、マリアは思う。呟いた声は煌く空に吸い込まれて消えて行く。


 ARMIAとして目覚めてからもう八年。しかし、ジョルジュ・ベルリオーズからは直接的には何のコンタクトもない。何をしろとも言われない。ただ、放り出されただけだ。いろいろな可能性は考えたものの、マリアの頭脳を以てしても、ベルリオーズが何を考えているのかを見通すことはできなかった。だからマリアは、自分の心の赴くままに、ヴェーラとレベッカに接近し、認識を合わせ、感情の共有まで行ってきた。そしてそこには、嘘や偽りの類は一つもない。――少なくともマリアは、そう信じている。


 ただ、マリアは知っている。ほんの少し先の未来を、マリアは知っているのだ。そしてそれは、マリアには受け入れがたいものであり、だからそれを回避する方法を模索し続け、試行し続けてきたのだ。


「ジョルジュ・ベルリオーズ、アトラク=ナクア、ツァトゥグァ……か」


 マリアは呟くなり立ち上がった。その目は今まで自分が座っていたベンチを睨んでいる。


「それが私の運命だというのならば、抗う。わかっているでしょう、銀髪の悪魔」

「ふふふ、気付かれちゃった?」


 ベンチにはアトラク=ナクアが座っていた。銀の髪、赤茶の瞳、白い肌――。だが、それ以上の情報は脳が受け入れを拒否する容姿。マリアはコーヒーを飲み干すと、その缶をアトラク=ナクアに投げ渡した。銀の悪魔はそれを受け取ると、息を吹きかけた。その瞬間に缶は灰になり、突然吹いた風に流されて消えて行った。


「私はあなたのシナリオには乗らない」

「でもね、マリア。残念ながら、今のところはシナリオ通りよ?」

「それを運命だとあなたがたは言うけれど、違う。私が私の意志で選んだ未来、それが今」

「ふふ、思い通りには行ってないようだけれど?」


 その揶揄に、マリアは沈黙する。表情を消してはいたが、その両手はしっかりと握りしめられていた。それを見て取って、アトラク=ナクアは微笑する。


く在るべき、斯く在るべし、しかして、斯様かようになりぬ」


 悪魔は静かにうたう。


「玄黄天地、森羅万象。全てがそうなるようにできているのよ。あなたという特殊な存在も、確かに特殊であることは認めるけれど、世界というスケールで見ればあまりにも小さな存在。阿僧祇あそうぎ那由多なゆたの単位でる世界にいては、になろうと、微々たる違いでしかないのだから」

「そう、なら、私のような者に干渉するのも無駄なのではないかしら」

「僅かなから宇宙が生じることもあるわ」


 アトラク=ナクアは微笑む。マリアは冷徹なほどに無表情だ。


「いずれにせよ」


 アトラク=ナクアはゆらりと立ち上がる。風もないのに銀の髪が揺蕩たゆたう。


「あなたがあらがうこともまた摂理。諦めることもまた摂理。私たちの手から逃れることは、しかし、叶わないのよ」

「でも、私は抗う。あなたたちの好きにはさせない」

「そう?」


 悪魔は凄絶に微笑する。


「できるかしら、あなたのような、に」

「……連綿たる歴史の中で、人間はあなたにこうし得なかった。でも、が抗った歴史はないわ」

「なればそれが叶うと?」

蓋然がいぜん性がないとは言えないでしょう?」


 マリアは右の口角を吊り上げた。しかし、その目は全く感情を伴っていない。アトラク=ナクアはまた微笑んだ。その勝ち誇った表情には、一切のがない。


「うふふふ、わね」

「……なに?」


 マリアは怖気を感じて、思わず自分の両肩を抱いた。その間に、アトラク=ナクアは銀色のきらめきと名状し難い甘い気配を残し、消え去ってしまっている。


 せいぜい、気を付けておくことね――。


 不吉な言葉が、マリアの意識の中にじ込まれてくる。マリアは唇を噛みながらベンチに乱暴に腰を下ろし、ぬめるような夏の空気に身を任せる。


「私は人形じゃ、ない」


 マリアは膝に肘をつき、頭を抱えた。


 ああ、嫌な予感がする――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます