#08-3:ASA

狙われたステージ

 それから四ヶ月後、新曲「セルフィッシュ・スタンド」がリリースされて一か月が経過した、二〇九五年八月――。


 軍服姿のヴェーラとレベッカは、巨大な野外ステージの中央に立っていた。ほとんど全周囲を取り囲む観客席には、十万人近くの市民がいる。ネット中継へのアクセス数はライブを開始したばかりの現時点で、二千万を軽々と超えている。「軍隊アイドル」と呼ばれ始めて久しいが、二人の人気は全く衰えることがない。ヤーグベルテのみならず、同盟国のエル・マークヴェリア国内でも中継を見ることができるようになっていたし、エル・マークヴェリアからのアクセス数も八百万以上となっていた。視聴チケットの売り上げだけで数十億UCユニオンキャッシュに到達していることだろう。


 二人の歌のレパートリーは、もうすでに百曲を超えている。今日は「セルフィッシュ・スタンド」をメインに据えたセットリストが組まれていた。しかし、そのうちの半分では、ヴェーラたちは歌うことはない。実際の戦闘時に、を編集したものを、二千万人以上の感覚で同期する。そこで生じる一種の催眠効果によって、聴衆たちを魅了するのだ。それには麻薬的な依存性があるのだが、国家としての抑止は、一切行われていなかった。反対する者も


 ヴェーラもレベッカも、思うところはあるにしても、こういった活動に手を抜くことはない。十代の頃から続けている活動でもあり、もはや身体に刻み込まれてしまっていると言っても良いだろう。


 ライブも終盤に差し掛かった頃、ステージにほど近い所で騒ぎが起きた。悲鳴と共に、観客が将棋倒しになり、警備員たちの怒号が響いた。


 ステージの上にいたヴェーラたちもそれに気付き、慌てて音楽を止めさせた。そしてマイクを通じて呼びかける。


「慌てないで! 警備員の指示に従ってください!」

「だいじょうぶ、落ち着いてください」


 そうこうしている内に、警護官であるジョンソンとタガートが駆け寄ってきて、ヴェーラたちを舞台袖へと誘導する。ステージのすぐそばに、警護用の装甲車が止められていた。有事の際にはそこへ避難するようにというマニュアルに従った誘導である。が、その途中でレベッカが足を止める。


「待って! ジョンソンさん!」

「どうしましたか」

「いえ、ただ、何か違和感が――」


 しかし、周囲の騒ぎはますます大きくなってきていた。動員されていた海兵隊の兵士が重装備で会場に展開し始めていた。断続的な銃声も聞こえる。もはやただ事ではないことは明らかだった。組織だった何者かによる襲撃、テロ事件である。


「姉様、ご無事で!」


 マリアがステージの反対側から走ってきた。


 マリアが合流したその瞬間である。ヴェーラたちが乗り込もうとしていた装甲車が吹き飛んだ。


 周囲の海兵隊員がばらばらに吹き飛び、焼けた。二十五トンの車両が面白いように宙を舞い、地に跳ねた。その爆風を受けて、ヴェーラたちも大きく吹き飛ばされて地面を転がった。


「ジョンソンさん!?」

「お怪我はありませんか、グリエール中将閣下」


 ジョンソンはヴェーラを庇い、タガートは咄嗟にレベッカとマリアを背中に隠していた。そのため、三人の歌姫たちはほとんど無傷だった。せいぜい擦り傷と軽い打撲くらいだ。


「わたしは大丈夫。ジョンソンさんとタガートさん、真っ黒になってるけど」

「ははは、大丈夫です。久しぶりに仕事ができて光栄です」


 ジョンソンは白い歯を見せて笑う。しかしその目は油断なく周囲を警戒している。立ち上がったタガートもまた、銃を抜いて周囲を警戒する。


「無茶しないでよ、ジョンソンさん」

「給料分の仕事をしてるだけですよ、閣下」


 軽口をたたくジョンソンだったが、いきなりヴェーラの方に銃口を向け、引き金を引いた。


「えっ……!?」


 銃弾はヴェーラの肩を掠めるようにして飛んでいき、ヴェーラの後ろに現れた男の胸に突き刺さった。ヴェーラの軍服の肩口が切れたが、怪我はない。


「びっくりした! すごいね!」

「こう見えても、海兵隊の射撃大会優勝者ですからね!」


 言いながら、ジョンソンはもう一度銃を撃った。それは正確に、二人目の暴漢の右肘を撃ち抜いていた。


「タガート、取り押さえろ!」


 ジョンソンが言うが早いか、タガートはもうその男を締め上げている。


「尋問は後にしましょう」


 マリアは苛々した口調で言い、さらに険しい顔で周囲を見回した。


「警備がガタガタ! なんていう無様さなの!」

「海兵隊と海軍陸戦隊と参謀部手配の陸軍部隊で大混乱してるのね」


 レベッカが眼鏡を掛けなおしながら、駆け回る兵士たちを目で追う。遠くの空にヘリが見える。マリアは珍しく舌打ちなどをし、携帯端末に視線を落とした。


「ジャミング!?」


 音声通信もデータ通信も行えない。論理回線も使えない。ヴェーラがレベッカに囁く。


「ねえ、これってとは違うよね?」

「たぶん……」


 少なくとも先ほどジョンソンに仕留められた二人は、のように見える。一人は即死していたし、一人は両手を後ろ手に縛られ、唸りながら地面に転がっていた。


 この場にはヴェーラ、レベッカ、マリア、そして、ジョンソンとタガートの五人しかいない。ステージの周囲にいた兵士たちは皆、襲撃犯たちを迎撃するためにこの場を離れてしまっている。


 ジョンソンは一行を率いてステージの陰に導く。リスクはあるが、このまま野ざらしになっているよりは大分マシだという判断である。ステージの下には、逃げ遅れたエンジニアたちが集まっていて――。


「って、ちょっと待て」


 ジョンソンとタガート、そしてマリアが銃を抜いて、彼らを睨んだ。ジョンソンに庇われながら、ヴェーラが呟く。


「これは、ちょっとまずい、ね」

「姉様方、伏せてください。時間を稼ぎます」

「無茶だよ、数が多い!」

「いいからっ!」


 マリアが怒鳴った。ヴェーラとレベッカはほとんど同時に身を伏せる。マリアが引き金を引く。ジョンソンとタガートもコンマ一秒ほどの時間差で三点バースト射撃を開始した。相手方も一発二発と撃ち返してきたが、それだけだった。


 絶叫が響き渡る。それに三秒ほど遅れて届く連続的な銃の発射音。もうもうたる土埃と、赤い噴水。


 ヴェーラたちが顔を上げると、テロリストたちは一網打尽に粉砕されていた。全員が全員死んだわけではなかったが、戦闘力を残している者は皆無だった。


「ヘリだ!」


 タガートが真っ先にそれに気付く。指さす方を見れば、ヘリが一機近付いてきている。海兵隊所属の戦闘ヘリである。それはまっすぐにヴェーラたちの方へ飛来してくる。


 ヘリが着陸するなり飛び降りてきた人物を見て、ヴェーラたちは硬直する。


「ハーディ!?」

「回線の死活監視を張っておいたのが功を奏しました」


 サングラスを外しながらクールに言うハーディだったが、その額には少し汗が浮いていた。


「ただ、部隊が混乱していて到着が遅れました。申し訳ありません」

「いえ、結果として我々は無傷です」


 マリアはヴェーラたちをヘリに誘導しつつ、事務的に言った。ハーディは頷く。


「あの射撃は中佐が?」

「肯定です」

「まだまだ腕は鈍っていないようですね」


 マリアは周囲を警戒しながら、ヴェーラとレベッカをヘリに乗せ、自分も飛び乗った。ハーディもそれに追従する。


「ジョンソンさん! タガートさん! 気を付けて!」


 ヴェーラが手を振る。ジョンソンとタガートはヴェーラに背を向けたまま、黙って左手を上げた。ヘリが上昇し始めたその時、ジョンソンが銃を連射した。それを見て取ったハーディが即座に狙撃銃を構えてヘリから身を乗り出した。


「対空ミサイル!?」


 マリアが巨大なスピーカーの影を指差す。そこには何か巨大な物体を肩に担いだ男が一人いた。ハーディはスコープを覗き込み、一瞬の躊躇もなくトリガーを引いた。男の頭の上半分が吹き飛び、周囲の芝生がまだらに染まる。


「ハーディ、ジョンソンさんたちが戦闘中! 助けて!」

「了解しました」


 ハーディはその長大なライフルを地上に向ける。そしてリズムよくトリガリングしていく。空薬莢が床で弾んで地上に落下していく。ハーディの狙撃は、現役を退いたとは思えないほどに精確だった。ジョンソンとタガートの戦闘力は化物じみていたものの、それでもハーディの支援がなければ味方部隊との合流は叶わなかっただろう。


「ハーディ中佐、そろそろ良いでしょう」

「そうですね」


 ハーディはマガジンが空になったのを確認して、ふと息を吐いた。ヴェーラとレベッカは、そのクールな狙撃手の仕事ぶりに知らず知らずに硬直していた。ハーディは狙撃銃を抱えたまま、マリアの顔を窺った。


「カワセ大佐、これはいったいどういうことなんでしょう」

「わかりません。ですが」

「待って!」


 レベッカが鋭い視線を地上に向けた。数百メートル離れたところに、何か大きなものを構えた男がいた。


「見て、あそこ!」


 ヴェーラにはその時間が恐ろしく緩慢に思えた。ハーディが投げ捨てた空のマガジンが乾いた音を立てて床を跳ね、壁に当たって開いたままのドアから地上に落ちていく。


「姿勢そのまま!」


 ハーディがパイロットに向けて叫ぶ。ヘリの搭載火器で攻撃するためには姿勢を変えなければならない。そんな時間はない――そういう判断だった。


 新たなマガジンを装着し、コッキングレバーを勢いよく引く。そしてそのまま流れるような動作で機体から身を乗り出して狙撃銃を構え、構え終わった瞬間には引き金を引き絞っていた。


 だが、地上の敵の方が一瞬早かった。射手は上半身を消し飛ばされていたが、携帯式対空ミサイルはまっすぐに飛んできている。ヘリは瞬間的に機動を変えて逃げようとする。


 あ、これは死ぬかな。


 ヴェーラは迫りくる赤い弾頭を目にしてそう思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます