#08-2:時代

わたしたちの時代

 戦艦エラトーを見上げるレベッカは、少し寂しそうな表情をしていた。エラトーは明日から長期間のメンテナンスに突入することになっており、その間、レベッカは巡洋戦艦エリニュスを操ることになる。艦の性能自体は大幅にダウンしていたが、セイレネスのチューニングは、ヴェーラの時以上に精度を上げていた。


「ねぇ、ヴェーラ。セイレーンEM-AZはやっぱりすごいの?」

「段違い」


 携帯端末に視線を落としたまま、ヴェーラが一言で答える。その隣ではマリアがどこかと電話をしている。聞こえてくる言葉から察するに、メンテナンススケジュールの最終確認をしているようだった。ヴェーラはつまらなさそうにエラトーを見上げ、携帯端末をポケットにしまった。


「でもさ、実際に凄かったのはセイレネスのチューニング。つまり、デメテルに乗っていた時のコアウェポンシステムが、とんでもない代物だったって言えるかな」

「確かに試験運用ではすごかったけど」

「あれはね、海に出てこそ真価を発揮するんだよ、多分。陸上試験の時なんかとじゃ比べ物にならないよ」

「それはちょっと希望が出てきたわ」


 レベッカはゆっくりとエラトーに背を向けた。電話を終えたマリアが「帰りましょう」と声を掛けてくる。


「ねぇ、マリア。エディタたちが前線配備される前に、重巡が四隻完成するのよね?」

「そうですね。今の所計画通りに進んでいます」


 マリアは頷きながら答える。レベッカはマリアの後頭部に問う。


「参謀部としては、誰にどれを割り当てるとか考えているの?」

「六課の方であれこれやっているようですが、どうやらクララとテレサは軽巡洋艦になるようです。エディタはアルデバラン、トリーネはレグルス……というのは内定していますよ」

「やっぱり、クララとテレサじゃ重巡は荷が重いかぁ」


 ヴェーラが伸びをしながら言う。レベッカも若干の不安を覚えていなくもない。マリアは顎に手をやりながら歩いている。


「もっとも、軽巡には軽巡の良さがあります。それに参謀本部としては、レネ・グリーグの随伴として軽巡二隻をあてがうという計画があるみたいです」

「まぁ……妥当なところかな、ね、ベッキー」

「そうね」


 レベッカは参謀部の黒いセダンが近付いてきていることに気が付く。ヴェーラも同時に気付き、眉根を寄せた。


「あれ? 運転してるの、ハーディじゃない?」

「そう、みたいね」


 ひそひそと言葉を交わす二人を置いて、マリアが先を行く。停車したセダンから、ハーディが姿を見せた。


「わざわざ中佐が?」

「ちょうどここで会議があったので」


 剣呑なマリアの言葉に、ハーディは涼しい顔で応じる。眼鏡のレンズがきらりと輝いた。ヴェーラとレベッカは揃って表情を消す。ハーディもまた無表情に二人を眺める。


「お乗りください。新たな情報もありますから」

「新たな?」


 マリアは眉根を寄せつつも、助手席に乗り込んだ。ヴェーラとレベッカも、「仕方なく」という表情で、後部座席に乗り込んだ。運転席に収まったハーディは、自動運転モードをオンにして車を発進させる。ちらりと前方を確認してから、カバンの中から紙媒体の書類の束を取り出した。


「今年度入学してくるの情報です」

「えっ?」


 つんのめるようにしてその書類を受け取り、ヴェーラは素早く目を通す。


「マリオン・シン・ブラックと、アルマ・アントネスク……。どちらも戦争孤児として施設に引き取られた……?」

「そうです」


 ハーディは腕を組む。


「国民管理データベース上、二人の血縁者は行方不明ないし死亡。空襲による犠牲です」

「マリオン・シン・ブラックの出身地は、えっと、アレミア? どっかで聞いたな」

「十一年前のあの時に破壊された都市のひとつです」

「……ああ!」


 ヴェーラとレベッカは同時に声を上げた。


「セプテントリオが吹き飛ばされた時の!」

「左様です」


 頷きつつ、ハーディは後部座席の方を振り返る。


「アルマ・アントネスクもまた同様で、あのときに破壊されたレピア市の出身です」

「そうなんだ」


 ヴェーラはシートに身体をすっかり預け、足を組んだ。レベッカは書類をめくりながら表情を険しくする。


「でもここに、S級として取り扱う事ってあるわ。どういうこと?」

「文面通りです」


 ハーディは自動運転を切ってハンドルを握った。これ以上語ることはないという意志表示のように、ヴェーラたちの目には映った。マリアが窓の外を興味なさげに眺めながら、溜息交じりに言う。


「負担を考えた結果かもしれませんね」

「負担、ね」


 ヴェーラはニヤリとした笑みを浮かべ、レベッカは納得いかないと言った素振りで腕を組んだ。ヴェーラは「んー」と天井を見つめ、そして助手席のシートに手を掛けた。


「ねぇ、マリア」

「はい?」

「わたしたちの時代が、ついに終わるってこと?」

「えっ……?」

「ようやく世代交代できるよって。そういうことじゃないの?」


 ヴェーラの低い囁きに、マリアはしばし硬直した。


「だとしたら、わたしはやっと自由になれるかもしれない?」

「なれれば……良いですね」


 マリアには、そう答えるのがせいいっぱいだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます