論理の地平にて

 よろめきながら歩き去るヴェーラを見送って、マリアは再び壁に背を預け、緩やかに腕を組んだ。


「いつから見ていたの」


 マリアの目の前に、二つの人影が現れた。銀髪の女と、金髪の女のような男である。男の方が艶然と微笑む。


「ずっと、よ」

「覗きとは、相変わらずの悪趣味ね」


 マリアは冷淡に言い放つ。


 廊下は無限に続く。天井は無限に高い。が現れる時、空間は変質する。ここはいわゆる完全なる論理空間で、論理の地平面に限りなく近い世界だった。物理空間と比べて時間の進みは極端に遅く、止まっているのにほぼ等しい。ゆえに、今のマリアという存在は、物理空間上のなんぴとにも認識することはできない。そしてその一方で、消滅しているという認識を持たれることすらもない。


「それで」


 女の方が優雅に腕を組み、口角を上げる。そして揶揄するように尋ねた。


「あなたの見ている少し先の未来とやらは、これで変わるのかしら?」

「ほんの少しは」


 マリアは女のその顔を見つめて、無感情に応じる。


「そう――」


 銀の女――アトラク=ナクア――は、「よかったわね」と赤茶の目を細める。金の男――ツァトゥグァ――もまた腕を組んだ。


「でもこれで、セイレネスが物理の壁を越えられることがハッキリしたわね。何の物理的触媒も使わずに、あそこまで核爆発の物理的影響を抑え込むなんてね」

「ふふふ……私たちの未来も、変わったのかもしれないわね」

「まさか。あたしたちの未来は永遠に一つよ」

「ふふふふ……」


 アトラク=ナクアは冷たすぎる笑みを浮かべ続ける。ツァトゥグァはマリアを見つめる。マリアはその視線を睨み返す。


「マリア、世界はティルヴィングの示す先に変異していく。今こそその時代」

「くだらないわ。それに仮にそうだとしても、私たちはあなたがたの目的など、絶対に成就させたりはしない」

「矛盾ね」


 ツァトゥグァは首を振った。豪奢な金髪が揺れる。しかし、マリアは全く動じることなく、氷のような表情と声音で言い切った。


「私たちの時代にそれが起きなければ、ただそれで良いのよ」

「ふふふ、薄情なこと」


 アトラク=ナクアが艶美に笑う。ツァトゥグァが声を被せるようにして言う。


「でもね、ヴェーラのセイレネス活性状況を見るに、あたしたちの目的が成就する方が早いのだけれど」

「そうはならない」

「なぜ?」

「答える必要を感じません」


 マリアは拳を握り、奥歯を噛み締める。二人の悪魔は刃のように薄い微笑を残し、音もなく姿を消した。


「どうして……」


 我が創造主デーミアールジュ


「なぜ……」


 こんな――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます