#07:歌姫二人

#07-1:決定論の内側で

ICBM

 戦艦・セイレーンEM-AZが進水してから一ヶ月、二〇九五年一月――。


 アーシュオンは再び核弾頭を搭載したICBM長距離大陸間弾道ミサイルを打ち上げた。四十ものICBMが一斉にヤーグベルテ全土に向けて飛来してきたのである。


 ヴェーラはセイレーンEM-AZの艦橋にて、シミュレータ訓練の見学をしている最中だった。だから幸いにして、シミュレータにはエディタたちV級およびS級が全員乗っていたし、C級も六十名以上がスタンバイしている。


「ブルクハルト教官、シミュレータを実戦モードに変更してください」

『あと三秒で切り替え完了』

「さすがです、教官」


 艦橋正面にあるメインスクリーンに、シミュレータの設定状況が映し出される。ブルクハルトの言葉通り、その全てが瞬く間に青から赤へ、つまり戦闘モードへと切り替わっていく。


「よし。わたしも連結室へ移動する」


 どうしてここまで気付かなかったんだ!


 ヴェーラは苛立ちを隠さない。マントを翻して艦橋から出ようとする。そこにマリアが入ってきて、「急ぎましょう」と告げた。ヴェーラは頷いて駆け出したマリアの後を追う。


「最近、わたしたちに頼り過ぎてダラけてたんじゃないの! 何してたの、情報部!」


 思わずヴェーラがそう口にする。マリアは答えず、携帯端末を耳に当て、何かを確認する。そして端末を左手に持ったまま、ヴェーラを振り返る。


「五分です、迎撃限界まで」

「五分!?」


 ヴェーラは一瞬足を止め、再び走り出す。


 五分では、コア連結室に辿り着けるかどうかだ。となるともう、エディタたちに期待するほかにない。


「マリア、これはいったいどういうことなの」

「――驕りと思い込みの末路でしょうね」

「ったくッ!」


 ヴェーラはエレベータに飛び込む。マリアが緊急運行コードを打ち込んで、コア連結室まで直行させる。さしあたり、ヴェーラにできることはなくなった。


「落ち着いて、姉様。大丈夫、あの子たちならうまくやれます」

「一発でも落ちたら負けなんだよ!」


 ヴェーラは階層表示を睨んで吐き捨てた。マリアは再び携帯端末を取り出して、そこに表示されている情報を確認する。


「地上の緊急展開班は恐らく間に合いません」

「何のための緊急展開班なんだ」


 ヴェーラは言いながら眉間に力を込めた。


 エディタ、聞こえるか?


『はい、聞こえています。提督は今どちらですか』


 通じた、よし! ヴェーラは唇を噛みながら意識を集中し続ける。


 わたしは今、連結室に向かっているところだよ。ミサイルの迎撃は君が指揮を執れ。わたしは間に合わない。ベッキーも恐らく無理だろう。


『ふ、普段の通りで良いのですね!?』


 イエス。普段通り。大丈夫、できる。


『承知いたしました』


 エディタは緊張を過分に含んだ声で応じた。


 その後のエディタの行動は、ヴェーラには手に取るように認識できた。鋭敏になった感覚が、セイレネス経由の情報を次々と拾い上げていく――そんな感触だった。エディタの指示には無駄がなく、良く計算されていた。S級のレネや同期のトリーネたちのサポートもあり、迎撃態勢はつつがなく作り上げられていく。


 ヴェーラとマリアは同時に腕時計を見た。


「あと一分です、姉様」

「間に合う」


 ヴェーラは確信を持って言い切り、エレベータから出た。出てすぐのところにコア連結室の扉が佇んでいる。ヴェーラはもどかしげに認証を終え、分厚い扉を開く。


 その時、マリアの携帯端末が音を鳴らす。


「はい。ええ。一機? わかりました」


 マリアの表情が鋭利なものに変わる。ヴェーラは舌打ちしてコア連結室に飛び込んだ。


「姉様、どうしようというのですか」

「わたしにできることはまだある。黙って見ていなきゃならないほど、わたしは無力ではないはずだ」


 コア連結室の扉が閉じられる。マリアは壁に背を預け、ゆっくりと腕を組んだ。その黒い瞳は、じっと扉の方を見つめている。


「運命は、変えられるのかしら――」


 希望は。


 きっとある。


 マリアはこれから起きるであろう事象が、わずかなれどもになることを、祈った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます