わたしの道

 ドアが閉まるのを見届けてから、ヴェーラはマリアに空色の瞳を向けた。


「で、だ。君はナニモノ? 私の能力が全く通用しないなんて、普通じゃない」

「そうですね」


 マリアは静かにそう言い、艶のある黒髪に指をやった。


「初めまして、ヴェーラ姉様。お久しぶりです、レベッカ姉様」

「やっぱりベッキーの知り合いなんだ?」

「え、ええ。でも、あれは」

「夢ではないんですよ、レベッカ姉様。あの空間で姉様と出会ったのは、間違いなく私です」


 マリアは微笑む。その笑みは、まるで聖母のように穏やかなものだった。


「私もまた歌姫セイレーンと呼ばれる側の存在です」

「ちょっと待って、どういうこと? 仮にそうだとしたら、わたしがここまでして心を覗けないってことは、Dディーヴァ級ってことになるじゃないか」

「当たらずとも遠からず、ですね、ヴェーラ姉様」


 マリアは嫣然と曖昧に肯定する。ヴェーラは「んー……」と唸って黙り込んでしまう。代わりにレベッカが口を開く。


「だとしたら、どうしてあなたは歌姫セイレーンとしてここに来なかったんですか?」

「私たちには役割というものがあります」


 マリアは厳かに言った。


「私の役割は、姉様方を守ることです。あらゆる人間から守り抜くことです」

「しかし、今々D級が三人になれば、少しは――」

「負担が軽減できる、と?」


 マリアは黒い瞳でレベッカの新緑の瞳を見つめる。レベッカは喉を鳴らしつつ頷いた。が、マリアは首を振る。


「結局は程度の問題です。いずれ飽和してしまう。二人が三人に、三人が四人になっても、結局は軍拡競争みたいなもの。さしたる意味を持ちません。戦艦建造にかかるコスト、維持費、いずれも馬鹿げたものです」

「まぁ、そうだよね」


 ヴェーラは探るような眼でマリアを見続けている。


「じゃぁ、質問変えるよ。君の目的は何なの。わたしたちの運用管理を行うというのはわかった。けど、戦力としての協力はない。D級の歌姫をわざわざそのためだけに派遣するなんて――」

「次の世代のためです。姉様たちのすべての行為は、次世代のために必要だから」


 マリアは陶器のように冷たい表情でそう断じた。それを受けてヴェーラはふふふ、と笑い始める。


「なるほどね。わたしたちは試作品プロトタイプってことか。データ収集のための実験体とか、そういうことか」


 ヴェーラの追及に、マリアは沈黙で以て応える。ヴェーラとレベッカは顔を見合わせ、そしてゆるやかに首を振った。


「ならさ、わたしたちは単なるいしずえってこと? わたしたち自身は何も解決できないまま、いずれこの配役から降ろされるってこと?」

「願わくば――」


 マリアは小さく、だが、明瞭に言った。


「姉様方に安寧の日々をと思っています」

「難しいだろうね」


 ヴェーラは腕を組む。レベッカは小さく息を吐いた。マリアは振り返って窓の外を見る。そこにはあの超巨大戦艦の一部が見えていた。


「セイレーンEM-AZ。エクストラ・マテリアル・アルファ・オメガ。最先いやさきにして、最後いやはて。歌姫の……いえ、姉様の、希望の方舟となるべく設計された艦です。願わくば――」

「ふぅん」


 ヴェーラは立ち上がり、窓の前に立ち、朗々と唱えた。


「不義をなす者はいよいよ不義をなし、不淨なる者はいよいよ不淨をなし、義なる者はいよいよ義をおこなひ、清き者はいよいよ清くすべし。よ、われむくいをもて速かに到らん、各人おのおの行爲おこないしたがひてこれあたふべし」


 そして小さく笑って肩を竦める。


「我はアルパなり、オメガなり、最先いやさきなり、最後いやはてなり、はじめなり、おわりなり」

「ヨハネの黙示録、二十二章十一から十三節」


 マリアが言う。そしてふと思い出したように付け加えた。


「我また新しき天と新しき地とを見たり。これさきの天とさきの地とは過ぎ去り、海もまたなきなり――第二十一章一節」

「わたしは世界を滅ぼしたりしないよ」


 ヴェーラは乾いた声で言った。いつの間にか、ヴェーラたち三人は、並んで窓の外を見つめていた。


「わたしは後に続く子たちのために、道を作る。あらゆる可能性を示したい。なぜなら、あの子たちはただの人間なんだから」


 達観したようなヴェーラのその言葉を受けて、レベッカは思わずヴェーラの整い過ぎた横顔を凝視した。ヴェーラは視線だけをレベッカに向け、そして口角を吊り上げる。荒んだ微笑だった。


「ベッキー、マリア。わたしはわたしの道を生きて良いのかな」


 その問いに、レベッカもマリアも、はっきりとは答えることができなかった。


 ――引き金はゆっくりと引かれていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます