#06-3:黙示録より

戦艦・セイレーンEM-AZ

 エディタとレネが出会ってから二ヶ月後、ヤーグベルテの大半が雪で覆われた時分、二〇九四年十二月――。


「こいつは、なかなか」


 極秘裏に執り行われた進水式にて、ヴェーラは思わず唸った。新型セイレネス搭載の超々弩級戦艦・セイレーンEM-AZ。それは改修元となった戦艦メルポメネとは、その大きさ以外には似ても似つかないフォルムとなっていた。


 白銀色の流線型の可変装甲が、艦体全体を覆っていた。駆逐艦ほどの長さのある電磁誘導砲レールキャノンが前部に六門、後部に二門備え付けられており、そのシルエットはそれだけで脅威をもたらす。その上、艦首には大出力のPPC粒子ビーム砲三門が装備されていた――反射誘導装置パーティクルリフレクターでビーム砲を拡散させることにより、空・海域の面制圧を可能にしているとのことだった。そして戦艦の象徴とも言える主砲であるが、三連装の大口径口径可変砲が前部に六基、後部に一基、装備されていた。砲身長五十メートルにも及ぶ超巨大砲は、もはや趣味の悪いジョークのような装備である。セイレネスによる補助がなければ動かすことさえも叶わない、何もかもがヴェーラ用に調整された代物である。


「デメテルにはなんだかんだと随分と世話になったものだけど、これで重巡が二隻確保できるわけだね?」

「そうね」


 ヴェーラの言葉にレベッカが頷く。二人とも、その白銀の威容に呑まれていた。


「データで見るのとはまた違う迫力ね。これは名実ともにヤーグベルテの象徴艦よ」


 レベッカがそう言うと、ヴェーラは複雑な面持ちで頬を引っ掻く。


「こんなモノに莫大な予算をねぇ」

「こんなモノでもなかったら、アーシュオンの属国になっちゃうわよ」

「そうかなぁ」

「Ense petit placidam sub libertate quietem……」

「んー?」

「剣を持ちて、平和を求む。されど、平和は自由の下にのみ顕現す」


 レベッカは静かにそう言った。その言葉を聞いて、ヴェーラは硬直する。そして強張った腕を組み、レベッカの方へ顔を向けた。レベッカは眼鏡の位置を直しながら、ヴェーラに視線だけを向ける。


「平和も自由も、力なしには実現し得ない。……大昔の格言よ」

「人って、なんか救いがないね」


 ヴェーラは進水式に参加していた将軍たちへの挨拶もそこそこに、颯爽とその場を辞してしまう。レベッカも慌てて後を追う。


「ヴェーラ、挨拶終わってないわよ」

「いいんだよ、そんなこと」


 ヴェーラはマントをはためかせながら速足で歩いて行く。


「ちょっと、ヴェーラ!」

「薬の時間なのさ」


 ヴェーラは白金プラチナの髪を後ろに流し付けつつ、レベッカを振り返る。レベッカの表情が曇る。


「最近、また、ひどいの?」

「まぁね。でも、発作は事前になんとなくわかるから」


 そう言いつつ、ヴェーラはポケットからピルケースを取り出した。そして素早く中の薬を飲み下す。


「ふぅ。見られたら何かと面倒だからね」

「そう、ね」


 レベッカはすっかり遠くになってしまった将軍たちの姿を一瞥し、肩を竦めた。


「あの人たちは口先ばっかりだものね」

「見たくないものは見ないで済めばいいんだけれどね」


 そうもいかないし――ヴェーラは溜息を吐いてコンクリートでできた空を見上げた。ここは秘密ドックであるため、空は完全に塞がれている。薄暗い天井がまた、ヴェーラの気分を憂鬱にする。


「さて、家に帰って紅茶入りブランデーでも飲もう」

「逆でしょ」

「間違えてないよ?」

「間違えてるわよ」


 レベッカは通り一遍のお約束をこなし、そして小さく吹き出した。ヴェーラもニヤリと口角を上げる。


「負けたわ。今日はお酒飲んでいいわよ」

「やったぁ」


 ヴェーラはレベッカの肩を抱いて、そのまま急かすように背中を押した。その時、レベッカが「あっ」と声を上げる。ヴェーラは目の前の建物から出てきた人物を見て、露骨に顔をしかめた。そこには二人の人物がいて、一人はハーディ、もう一人はヴェーラの知らない女性だった。


「マリア……」

「ベッキー、知り合い?」


 ヴェーラが首を傾げる。レベッカは「ええ、まぁ」と答えを濁す。ハーディがレベッカを怪訝そうに見遣る。


「マリア・カワセです。先ほど、第一および第二艦隊付の作戦参謀長として着任しました。セイレネスに関することは全て、この私というフィルタを通して、お二人に伝えられるという事になります。逆もまた然りです」

「ハブになるってこと?」

「肯定です。私はホメロス社、つまりセイレネスの開発元からの出向で、セイレネスを知り尽くしています。参謀部との軋轢も少なからず存在するでしょうし、私が緩衝材として入った方が、双方にとって良い……そういう判断です」


 マリアはそう言いつつ、くるりと方向転換をして、ハーディとヴェーラたちを建物の中へと先導した。ヴェーラはやや不機嫌そうにその後を追い、レベッカはそんなヴェーラを気遣ってそっと腕を組む。


 四人は一番近くの会議室に入って、一辺一メートル半の正方形の位置関係に椅子を移動させて腰を下ろした。ヴェーラは真っ先に足を組み、どこか虚ろな表情でマリアの方を眺めた。


「やっぱりだ。君の内側が見えない」

「ふふ」


 マリアは小さく笑う。ヴェーラは苛々と前髪をかき上げる。


「それで君は、わたしたちとハーディの仲が悪いのを見た軍本部が派遣した人――という認識で合ってる?」


 その棘のある言葉を受けて、ハーディの眉がぴくりと動いた。しかしハーディは、それ以上に表情を動かさず、用意されていたセリフを淡々と口にした。


「以後、作戦指揮は全てカワセ大佐経由で伝えられることになります。やりやすくなるでしょう。私の要件は以上です」


 ハーディは毅然と立ち上がり、振り返りもせずに部屋を出て行った。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます