#06:ザ・ソリスト

#06-1:セラフの卵

マリアとの出会い

 量産型ナイアーラトテップによる攻撃は続く。ヤーグベルテ軍首脳部も無論、それが戦略的飽和攻撃であることは見抜いていた。だが、それに対抗できるのは、未だヴェーラとレベッカの二人しかいない。制空権を確実に防衛できる戦力も、事実上エウロス飛行隊のみとなっていた。ノトス、ボレアス、ゼピュロスの三飛行隊も善戦はしていたが、戦力は確実に削ぎ落され、今や定数の半数にも満たないありさまとなっていた。


 そして、M型が初めて戦場に出てきてから三ヶ月後、二〇九四年十月――。士官学校では新年度が始まっていた。歌姫養成科三期生が入学し、幾分落ち着いてきた頃合いである。


 訓練を全て終えたエディタは独り、売店前のロビーにて、のんびりと携帯音楽プレイヤーを眺めていた。聴いているわけではない。ただ、新たに購入した曲目リストをぼんやりと眺めているだけだ。今日はなんとなく、ここでこうして時間をつぶしたい気分になっていた。


「あら、新曲ね」


 突然降ってきたその声に、エディタは跳び上がらんばかりに驚いた。いつ現れたのかわからないが、とにかくも目の前に軍帽に軍服姿の女性が立っていて、エディタの手元を覗き込んでいた。その容姿は端麗で、まるでヴェーラやレベッカのような、圧倒的な強さを内包していた。


「隣、いいかしら?」

「えっ、あ、はい、もちろんです」


 エディタはその将校の襟にあったの階級章を見て、弾かれたように立ち上がった。が、その女性大佐に肩を軽く押されて、座らされる。


「あなたが立ったら意味ないじゃない?」

「え……はい」


 エディタの隣に腰を下ろし、大佐は足を組み、上半身をこころなしかエディタの方に向けた。


「そう緊張しなくていいわ。取って食べたりしないから」


 大佐は軍帽を取り、微笑んだ。黒髪に透き通るような白い肌が印象的だった。瞳の色もほとんど黒に近い褐色で、深い。その微笑は、ヴェーラのような美しさと深淵さを兼ね備えており、表現するならば畏怖すべき美麗さである。


「私はマリア・カワセ。大佐待遇ではあるけれど、所詮はホメロスの雇われ参謀だから。気にする必要はないわ」

「えと、自分は――」

「エディタ・レスコ。知っているわ」


 マリアは微笑む。エディタはその顔から視線を動かせない。その圧倒的にしなやかな美しさに、完全に捕らわれていた。


「所属は第一および第二艦隊。与えられた任務は、二人のディーヴァ級のメンタルケア」

「こ、肯定です」

「ええ、知ってるもの」


 マリアはエディタから視線を外す。そうしてようやく、エディタも身体の自由が利くようになった。エディタは意識を集中して、マリアという人物が一体何者なのかを探ろうとする。ヴェーラほどではないにしても、エディタも一種の読心術のような能力を有している。


「ふふ、私の心は読めないと思うわよ。あなたの力ではね」


 口調も表情も穏やかではあったが、その言葉はまぎれもない警告だった。エディタの掌がじっとりと湿度を帯びる。


「ところでこれから時間は確保できる? 後日でもいいのだけれど」

「大丈夫です。もう寮に帰るだけですから」

「よかった。じゃぁ、付き合ってもらえるかしら」


 マリアはそう言うなり立ち上がり、エディタに向かって右手を差し出した。エディタはその華奢で冷たい手を取り、立ち上がる。マリアは自然な動作でエディタの手を握り直し、手を繋いだ状態のまま歩き始めた。


「え、あの……」

「どうしたの?」


 マリアは顔も向けずに問いかける。エディタは何も言えず、黙り込む。マリアはついと口角を上げた。


「人肌もたまにはいいでしょ。それとも嫌?」

「いえ、そのような」


 大佐という雲上人を相手に、否と言えるはずもなく。エディタは冷や汗をかきながら否定する。マリアは小さく肩を竦める。


「誰かと手を繋ぐのは初めて?」

「小学校以来……です、たぶん」


 エディタはマリアに後れを取るわけにもいかず、手を繋いで並んで歩いている。マリアは小さく笑う。


「あの、カワセ大佐、どちらへ?」

「シミュレータルーム。お話するならあの部屋が一番落ち着くでしょう?」


 マリアは至極当然のことのようにそう言って、慣れた様子で歩いて行く。


「ヴェーラとレベッカの件なんだけど」


 周囲に耳目がないことを確認しながら、マリアは声を潜める。


「あまり気負い過ぎないように。そもそも、十八歳になるかならないかのあなたに、あの二人を任せようだなんて、参謀部もどうかしている」

「自分には……結局何も」

「いいのよ。参謀部はともかく、軍部は対策を打ったというアリバイを作りたいだけだから」


 マリアはやや棘のある口調でそう言い、少しだけエディタの手を握る力を強めた。


「特にね、ヴェーラは、あなたの手に負える人じゃないわ。あの子の抱える闇に打ち勝てるのはレベッカだけよ。二人はそのために二人でいるんだから。あなたは二人が求めた時に、二人を助ければいい。それまでは首を突っ込んではダメよ、決して」

「大佐はいったい、どういう」

「ああ、言っていなかったわね」


 マリアはシミュレータルームの扉を開けながら、頷いた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます