進級

 二〇九三年十月――エディタたちは歌姫養成科二年へと進級した。それはつまり、エディタたちに後輩が出来たという事でもある。そのことは、彼女らを少なからず浮足立たせた。


 大方の予測に反し、第二期生の中にはヴォーカリスト級は一名――ハンナ・ヨーツセン――しか現れなかった。そのことは軍部および政府を大いに落胆させることとなったが、それでもクワイア級は七十名と、第一期生よりも二十名も多く確保することができていた。技術本部の予測では、歌姫セイレーンの総数は今後も加速度的に増えていくとされていた。すでに来年度以後の人材の目星もつけ始めている状態だという。


『十七時半にシミュレータルームへ集合してください』


 ハーディからメッセージを受けたV級の五名は、人の気配のない廊下を連れ立って歩いていた。入学したばかりのハンナ・ヨーツセンに至っては、シミュレータルームの場所すら知らなかった。ハンナはどこか気弱そうな儚げな少女である。色の濃い金髪と、光の加減によって緑とも青ともとれる色の瞳を持っていて、どこか不可思議な雰囲気を纏っている。


「今日はいったい何だろう?」


 クララがエディタの方を見る。エディタは「そうだな」と視線を外す。


「恐らくだが、第一艦隊の作戦行動への随伴じゃないかと思う」

「随伴? この前と同じ?」

「いや」


 エディタは首を振る。


「この前のは、だ」

「ってことは、実戦!?」


 テレサが声を上げる。その声には不安と期待が入り混じっている。だが、エディタはまた首を振る。


「まさか。セイレネスでの戦闘訓練さえまともに受けてないのに、ここでいきなり危険に晒されることはないだろう」

「それもそうよね」


 トリーネが真っ先に同意する。クララ、テレサ、そしてハンナは、揃って胸を撫で下ろす。


「でもエディタ、それならなぜ敢えてなんて?」

「うん。私たちが見てきたセイレネス越しの戦闘風景。あれは全てではないと、グリエール提督は仰った」

「論理層すら見えていたのに?」

「そうなんだ、トリーネ」


 エディタは難しい表情をして頷く。


「論理層のもっと上。意識層の部分こそが、セイレネスの本質……なのだそうだ」

「意識層?」


 エディタ以外の四名の声が重なる。特に入学したてのハンナに至っては、セイレネスの何たるかもろくに知らない状態なので、全てにおいてハテナである。


「詳細はハーディ中佐から直接聞くとしよう。私としては、私の予想が外れていてくれることを期待したいのだが」


 五名はシミュレータルームへと足を踏み入れた。


「失礼します。エディタ・レスコ以下、V級五名、揃っております」

「ご苦労様」


 ちょうどモニタルームから出てきたハーディが、五名を無表情に出迎えた。


「それぞれシミュレータに搭乗してください。ハンナ・ヨーツセン、あなたは五号機に。エディタたちは好きなのに乗りなさい」


 エディタたちは従来の四号機までと、新設された五号機から十号機までの筐体を見比べた。そしてその結果、乗り慣れた四号機までにそれぞれが乗り込んだ。それを見たハーディは、「保守的ですね」と無感情に感想を述べる。


「まもなく第三艦隊が敵、第八艦隊との戦闘に入ります。戦闘としては小規模なものですが」

「第三艦隊?」


 エディタが思わず声に出してしまう。それを聞いたハーディは「イエス」と短く応じ、情報を補足した。


「敵は今の今まで、ヤーグベルテ側の戦力は第三艦隊の哨戒部隊だと思っていたはずです。ですが……始まりましたね」


 ハーディの呟きと同時に、筐体の天蓋が閉まっていく。エディタたちを闇が包む。


『聞こえますね』


 数秒して、ハーディの声が聞こえてくる。エディタたちは揃って応答する。


『よろしい。では状況を投影します。見ての通り、第三艦隊の哨戒部隊というのは偽の情報です。当該海域の実働戦力は、無人制御で運用されている旧型の防空駆逐艦、フリゲート、コルベットの合計十隻。そして、巡洋戦艦デメテル――』

「つまり、第一艦隊……」

『肯定です、エディタ』


 ハーディは相変わらず無機的な口調で説明を続けていく。


『本作戦は、ヴェーラ・グリエール准将発案の艦隊殲滅作戦です。文字通り、アーシュオン第八艦隊をおびき出し、殲滅します』


 やはり、見せる気だ。エディタは額に汗が浮き始めたのを意識する。その時、未だセイレネスを起動もさせていないにも関わらず、エディタの意識の中に声が生じた。


『やぁ――』

「えっ……!?」


 それは耳元で囁かれたかのようだった。


『よく来たね、みんな』

「グリエール提督……!?」

『イエス。さぁ、みんな、セイレネスを発動アトラクトさせるんだ』


 その瞬間、闇の中に薄緑色の光が浮き上がり、そしてエディタの意識を完全に飲み込む。セイレネスが発動アトラクトしたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます