#04-2:目を閉じ耳を塞ぎ、そして、一歩進んだ先は。

病める者たち

 それから一週間後――十月になろうかという頃――。


 エディタはヴェーラの自宅――つまりエディットの家であるが――へと招待された。訓練を終えて寮に帰って一息ついた頃、突然電話で呼び出されたのである。


「すまないね、エディタ。明日からまたしばらく、わたしたち二人が揃うことがなくてね」


 着替えを済ませてリビングに戻ってきたヴェーラは、少し申し訳なさそうに言った。時刻はまもなく二十時である。エディタは直立不動で二人の提督に敬礼をする。ヴェーラは仏頂面で掌をひらひらとさせる。


「いやいや、今は正々堂々オフタイムだよ。やめてよそういうの」

「しかし――」

「まぁまぁ、ヴェーラ。緊張もあるのよ。コーヒー? 紅茶?」


 レベッカがキッチンに移動しながら尋ねる。その間に、エディタはソファに座らされた。その斜め向かいにヴェーラが腰を下ろし、その長い足を組む。そして首を巡らせてキッチンの方に声を掛ける。


「ベッキー、わたし、紅茶入りブランデーがいい」

「ブランデー入り紅茶、でしょ?」

「わたし、間違ってないよ」

「間違ってるわよ」


 レベッカは大袈裟に肩をすくませて、エディタに向けて微笑んだ。エディタは慌てて答える。


「じ、自分も紅茶で」

「了解」


 レベッカは小さく鼻歌を歌いながら、紅茶を用意し始めた。


「君はブランデーは要らない?」

「自分は未成年でありますから」

「そっか! そうだった!」


 ヴェーラは長い髪に手をやりつつ、目を細めた。エディタは一瞬眩暈を覚えた。そのくらいに美しかったからだ。そして何より、ヴェーラ・グリエールという人物は、エディタにとっては憧れの人なのである。


「ハーディから君と話をするように言われたんだけど、そうだな、多分、私の薬の事じゃないかななんて思うんだけど、どうかな?」

「えっと……」

「図星だね」


 ヴェーラはまた目を細める。その視線はエディタを真正面から捉えていて、エディタは目を伏せることすらできなかった。


「まぁ、そうだね。ハーディから聞いてることは事実だよ。わたしは安定剤、しかもとびっきり違法な奴を処方されている。簡単に言うと、ヤク漬けってやつ」


 あっけらかんとした口調で言うヴェーラだったが、その顔には荒んだ微笑が貼りつけられている。レベッカは溜息を吐きながら、三人分の紅茶を運んでくる。ヴェーラはさっそくそれに口を付け、そして口をへの字に曲げた。


「これ、ブランデーがあんまり入ってないよ?」

「その非合法なお薬はお酒と相性悪いのよ。自重しなさい」

「いいじゃん、大丈夫だよ」

「いいえ。それにエディタとは大事な話をするんでしょう?」

「まぁ、そうだけど」


 ヴェーラは唇を尖らせ、大きな動作で腕を組んだ。まるで子供である。唖然とするエディタに向かって、ヴェーラはニヤッといたずらを思い付いた少年のような笑みを浮かべた。


「わたしはね、こんなだよ。イメージ壊してたらゴメン」

「あ、いえ――」

「さて」


 エディタの言葉を聞き終えることなく、ヴェーラは両手を打ち合わせた。


「君はきっと、わたしたちの精神面でのサポートかなんかを仰せつかったんじゃないかって推測するんだけど、合ってる?」

「は、はい。ハーディ中佐とブルクハルト中佐より……」

「あ、教官も噛んでるんだ?」


 意外そうにヴェーラは言い、向かいに座ったレベッカを見る。眼鏡のレンズを曇らせていたレベッカは、カップをソーサーに戻しながら少し天井を見た。


「珍しいわね。教官がこういうことに口を出すのって」

「かなり心配しておられるようでした」


 エディタは言葉を選んで発言する。そして、ハーディとブルクハルトから聞いた言葉を、極力忠実に二人に共有する。


「ふむ。まぁ、そうか。うん」


 ヴェーラは何かに納得したようにぶつぶつ言っている。レベッカは紅茶の水面を見ながら押し黙っている。


「じゃぁ、いろいろ話をしますかぁ。ええと、エディタ」

「はい」

「君はヴォーカリスト級としては最高の能力者だ。それはデータからして間違いない」

「恐縮です」

「でもね、わたしたちとは全然違う。そこ、理解してる?」

「はい」


 エディタははっきりと頷いた。


「私たちは以後、セイレネス適性のようなものが生じた。そう認識しています」

「オーケー」


 仰々しく頷くヴェーラ。


「セイレネスはあまりにもブラックボックス化されていて、正直わたしたちにもよくわからない。ただ、わたしたちが見ている以上の何か。つまり、力と目的がある」

「力と、目的、ですか?」

「うん」


 ヴェーラは立ち上がってキッチンにある戸棚からブランデーの瓶を持ってきた。レベッカが目を吊り上げて何か言おうとしたが、ヴェーラは「ちゃんと紅茶入りブランデーにするって!」としれっと言って、紅茶にブランデーを並々と注ぐ。


「ブランデー入り紅茶にしておきなさい、ヴェーラ!」

「次からそうするよ、えへ」

「えへ、じゃない!」


 レベッカは眉間を人差し指と親指で挟み込みながら、あれこれと小言を言う。


「ベッキーってね、最近口うるさいんだ」

「そんなこと言ってエディタを困らせないの!」

「はいはい」

「ハイは一回!」


 二人のディーヴァのやり取りをキョロキョロと追いかけながら、エディタは苦笑を見せた。


「よし、エディタの緊張が解けてきたところで」

「結果論でヨシとしないの」

「いいじゃん」


 ヴェーラは唇を尖らせつつ、またブランデーの瓶に手を伸ばす。が、それはレベッカが素早く没収した。ヴェーラの手が虚しく空を切り、ヴェーラは「ちぇっ」とまた子供のように舌打ちをした。


「さてさて。じゃぁ、本題。力と目的の話だっけ」

「はい」


 エディタは頷き、表情を引き締めた。


「まぁ、君もセイレネスを破壊の道具として使うようになれば分かると思う。あれはんだ。これっぽっちもね」


 そしてヴェーラは身を乗り出して、エディタに顔を近付ける。


「深淵を覗く時にはね、深淵にも凝視される覚悟が必要だよ」


 その言葉に、エディタの背筋がゾクっと粟立った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます