ブルクハルトの危惧

 その時、エディタは視線に気が付いて顔を上げた。視線の主は、モニタルーム内にいるブルクハルトだった。ブルクハルトは小さく手を挙げて、「こっちにおいで」とジェスチャーでエディタを呼ぶ。


「失礼します」


 エディタはおずおずとドアを開けて中に入った。ブルクハルトは自分の隣の椅子をすすめ、エディタを座らせる。そうしながら、自分は部屋の奥にあるコーヒーメーカーで、マグカップにコーヒーを注ぐ。


「君はブラック派?」

「いえ、あの――」

「砂糖多めだね、その顔は」


 ブルクハルトはそう言いながら、スティックシュガーを五本ばかり抜き取った。両手にマグカップを持ち、鼻歌でも歌い出しそうなくらいに気楽な表情で自席に戻ってくる。


「どうして砂糖多めってわかったんですか?」

「ブラックかどうかの回答、言いにくそうにしてたよね」

「は、はい」


 ブルクハルトはコーヒーを一口飲む。


「最初の否定でブラックの可能性は消える。となると、ミルクか砂糖、あるいは両方という線が強くなる。でもね、ミルクだとしたらコーヒーミルク一つが普通。仮に二個使う人であったとしても、上官に対してわざわざ二個を主張するとはちょっと考えにくい。一個で我慢しようとするはずだ。ミルクと砂糖の両方を使う場合にしても、その場合はどちらかが口をついて出る可能性がある。でもそれもなかった。だから、砂糖多めだろうなって推測したわけだ」


 なるほど、なるほど、と、エディタはいちいち頷いた。ブルクハルトが仕草で促してやっと、エディタはコーヒーにスティックシュガーを投入し始める。投入したのは四本だった。


「本当に君は真面目だね。僕が君くらいの年頃の時は、空気を読むとかいう発想もなかったよ。技術本部、とりわけ僕と、君たち歌姫セイレーンは、まだまだ付き合っていかなくちゃいけない間柄だ。お互いざっくばらんに行くとしよう」

「は、はぁ……」

「それで」


 ブルクハルトはまたコーヒーを飲んだ。


「さっきのハーディ中佐の話なんだけど。あれは本当なんだ。僕としても心苦しくは思っている。ヴェーラはもうしばらく無理だと意見具申もしているんだけれど、じゃぁ代わりはいるのかということで毎度突き返されている」

「国防の大義名分の前には、個人の人権なんて……簡単に無視されるんですね」


 やや棘のあるエディタの言葉だったが、ブルクハルトは動じない。温和な表情のまま、静かにコーヒーの香りを愉しんでいるようだった。


「国民の人権は国体あってこそ成立する。その国体がまず危機に瀕しているんだから、それを守らないと前提条件が崩れる。だから、多少の犠牲を強いても、国家国民のために国体を維持し続ける責任ってのが、国や軍にはあるんだと思うよ」

「国体……ですか」

「そう。は、そうだな、うん、僕の知るところじゃないけど」


 事も無げに言い放たれたその言葉に、エディタは数秒間硬直した。


「その点の考察はこの民主国家に於ける、賢い多数のの皆様にお任せするとして」

「でも――」

文民統制シビリアンコントロールは大前提。ヤーグベルテの大原則だよ。僕らは議会の決定には一切逆らっちゃいけないんだ。その点に関しては、いっそ思考停止した方が気が楽だよ」


 そんなものなのだろうか。


 エディタは揺れる黒い水面を見ながら考え込んでしまう。


「でも、その多数派の人々に薬を使ってまで使い潰されるとか、それに抵抗すらできないとか、私たちの人権って」

「哀しいけど、これが民主主義なんだよ。君にはまだないけど、僕ら軍人にも選挙権はある。ある意味では、自分たちで自分たちの運命を決めているとも言える」

「それは詭弁では……」

「なら君は、いっそ軍国主義の方が良いと思う?」

「そうは、思いませんけど」

「なら良し。軍それ自体が自分たちのことを優先した国家なんて、古今栄えた試しはないよ。軍隊はあくまで民主主義を守るための剣であり鎧なんだ。僕らは軍に所属した以上、国家の従属物に過ぎなくなったんだ」

「しかし教官。私は……」

「君にもここに来るか否かのはあったはずだよ」


 ブルクハルトが静かな視線でエディタを見つめる。エディタは喉を鳴らす。


「そして今も君自身の意志で、ここから去ることもできる。それは君の権利だし、別に逃げのようなものだとは思わない」

「それは……」


 エディタはマグカップを両手で包み込んだ姿勢のまま、ブルクハルトと見つめ合う。時計が午後七時ちょうどを示した。


「さて」


 ブルクハルトはマグカップを机の上に置いて、足を組んだ。


「ヴェーラとレベッカの話をしようと思ってここに呼んだんだけど、本題に入って良いかい?」

「え、ええ」


 エディタが肯定するのと同時に、ブルクハルトは話し始める。


「僕はあの二人の事は、二〇八一年……今から十二年前もから知ってるんだ」


 ああ、そうか。士官学校襲撃事件が二〇八四年の事だったはずだから、それ以前から知っているという事か。エディタは得心して頷いた。


「あの二人は、カティも含めてね、本当に孤独だったんだと思うよ。それぞれに天才だったからね」


 あぁ、そういえば、カティにはヨーンという恋人がいたっけ――ブルクハルトはそんなことを思い出したが、敢えて口には出さなかった。


「君は、エディット・ルフェーブルの事は?」

「存じております。逃がし屋としてしばしば報道されてましたから」

「うん。彼女はヴェーラたちにとって本当に良い上司であったし、姉みたいなものだった。ヴェーラやレベッカからよく聞いていたけど、オフタイムの時は最高の姉妹みたいなものだったそうだよ」


 エディタは頷く。


「でもね、やっぱり僕らは戦争をしている。作戦やら何やらを巡って、エディットとヴェーラたちが対立することも少なくはなかった」


 ブルクハルトは静かにそう言うと、少し遠くを見るような表情を見せた。


「ヴェーラと軍の決裂が、いよいよ取り返しがつかないところまで行ってしまった作戦というのがあってね。わかるかい?」

「ええと……アーシュオン本土に弾道ミサイルを撃ち込んだ、あの作戦ですか?」

「イエス」


 短く答え、ブルクハルトは足を組み替える。そして一口コーヒーを啜り、その水面をじっと見つめた。


「あの作戦は第三課のアダムス大佐が指揮していたから、エディットなんかは完全に巻き込まれ事故みたいなもんなんだけど、とにもかくにも、ヴェーラはアレで完全に参ってしまったんだ」


 マーナガルム隊の彼の事とかさ……。


 ブルクハルトは心の中でそう補足する。口に出す必要はないと考えたからだ。無論、ヴェーラとその飛行士、ヴァルター・フォイエルバッハとの関係性については、一切公表されていない。


「敢えて言葉を選ばずに言うけど、君もヴェーラたちも、同じだ。君たちは大昔の戦争のように、その手で直接敵を殺すんだ。自分を擦り減らしながら、敵の顔を見ながら殺していくんだ。病まないはずがないだろ」

「ええと――」


 エディタはブルクハルトの真意を読み取ろうと、その顔を半ば睨みつけたのだが、ブルクハルトの柔らかな表情の内側を見通すことはできなかった。


「君たちはドライに考えるんだ。思考停止したっていい。その上で、ヴェーラとレベッカの苦しみを少しでも請け負ってやってほしい。あの二人はもうセイレネスにりつかれてしまった。呪縛に囚われてしまった。だけど、君たちには未だ、逃げ回れる余地がある。に引っ張られることのないように」


 ブルクハルトはコーヒーを飲み干した。エディタも最後の一口を喉に流し込む。


「君の意志は君だけのものだ、エディタ・レスコ。君は賢い。だから、君の意志を軽々しく他人に委ねてはいけない。感情に任せてもいけない。まして、セイレネスに囚われるなんてことだけは絶対にあっちゃいけない」


 ブルクハルトのその言葉には、後悔のようなものが滲んでいた。


「その上で僕からもお願いするよ。どうか、ヴェーラとレベッカを支えてやってほしいとね。あとは君の意志の問題だ。僕はこの件に関しては、もうこれ以上何も言わないよ」

「し、承知致しました、教官」


 エディタはふととてつもない居心地の悪さを感じて、逃げるようにしてその場を辞した。ブルクハルトは静かにその後姿を見送った。


「僕はさながらマッドサイエンティストって立ち位置なんだろうなぁ」


 ドアが閉まったのを見届けて、ブルクハルトは盛大に溜息を吐いた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます