イスランシオとの対峙

 二〇九三年五月、巡洋戦艦デメテルが進水して一週間後、薄暮の頃――。


「まったく! 次から次からぁっ!」


 ヴェーラは数隻の防空駆逐艦とボレアス飛行隊を率いて、対空戦闘を繰り広げていた。数十機ものナイトゴーントが、近海域に出現したナイアーラトテップによって展開されていた。いつもの波状攻撃戦略の一環である。


 ナイトゴーントの群れに対抗するためには、ヴェーラもしくはレベッカと、大隊規模以上の四風飛行隊が必要だった。四風飛行隊の疲労も極致に至っていたが、ヴェーラとレベッカという二人のディーヴァ歌姫セイレーンは、さらにその上を行っていた。だが、代わりがいない以上、二人が頑張るほかにはなかった。それを軽減すべく、四風飛行隊の中隊長機以下の機体にも対セイレネスシステムとも言えるを搭載する事が決定していた。しかし、オルペウスはデリケートで高価なシステムである。実機への搭載は遅々として進んでいないというのが、実情であった。


 ぶんぶんと飛び回るナイトゴーントを、ヴェーラは確実に叩き落としていく。巡洋戦艦に過ぎないデメテルでは、絶対的な火力が不足してはいたものの、それでもブルクハルトによる特殊チューニングの効果は確実に出ていた。メルポメネの時代では、分厚い皮手袋をはめて精密作業をしていたようなものだったが、今は素手でやっている――そんな感覚だった。すべてがダイレクトで、クリアだ。


「それでも、うざいものは、うざぁいっ!」


 ヴェーラは苛々としながら、四方八方から襲い掛かってくるナイトゴーントに対処する。その時、東の方向に、新たな機影を確認する。


「ボレアス飛行隊、警戒! 新たな敵!」


 ヴェーラが警告を出すのと同時に、その新たな敵から放たれた多弾頭ミサイルが上空を通過していく。たちまちのうちにヴェーラの頭上は爆炎に彩られる。


 F108+ISインターセプタだ!


 ヴェーラはその薄緑色に輝く機体を見て、気合いを入れなおす。


「ボレアス飛行隊、インターセプタはわたしに任せて!」


 さて。


 ヴェーラは唇を濡らす。


 デメテルから放たれた猛烈な対空砲火が一斉にF108+ISインターセプタ・シュライバーを包み込む。だが、通常攻撃で落ちるような敵ではないことは、ヴェーラは承知していた。


「イスランシオ大佐! あなたは死んだはず! なのになぜ今、そこにいる!」


 ヴェーラがセイレネスを全開にして、その力を叩き付ける。その瞬間、ヴェーラの意識にイスランシオの表情が浮かび上がる。イスランシオは、影のある冷たい微笑を浮かべていた。ヴェーラの背筋がゾクッと冷える。


『死という概念など、忘れた』


 イスランシオは言った。その声は、ヴェーラの脳内に直接響き、ヴェーラの思考におりを生む。


『俺は今、ここに在る。それがすべてだ』


 イスランシオ機からの機銃掃射。ヴェーラは意識の腕を振り、それらを跳ね返す。意識を赤く染めるような鋭い痛みが走ったが、それでも大したダメージではない。


「あなたはなぜヤーグベルテに敵対する! あなたの仲間や友人だっているでしょう!? 今ここにいるのは、あなたのかつての部下なんだよ!」

『仲間? 友人?』


 イスランシオの冷笑が、またヴェーラの意識をあからさまに逆撫でしていく。


『そんな俗物的価値観などとうに捨てた』

「それを俗物的というのか!」

『ああ。そこに刹那的という形容詞も加えてやろう』


 機銃掃射に続く対艦ミサイル。当然だが、巡洋戦艦級であっても、対艦ミサイルが直撃したらひとたまりもない。


『この論理層にこそ、辿り着きたかったのだ、俺は』

「そんないいものじゃないでしょうに!」

『お前は何故物理層になぞ固執する。刹那的で、本質として得られるものなど何もない、そのレイヤーに、なぜ』

「大切な人たちがいるからだっ。それ以上の理由なんているもんか!」


 弾幕に次ぐ弾幕。イスランシオの機体を数発が掠める。だが、ダメージはない。主砲の三式弾がイスランシオを襲う。命中弾は間違いなく発生したが、煙を吹くことすらない。


「あなたはいったい、そんなわけのわからないエゴで、何人殺せば気が済むの!」

『エゴのためだから、何人だって殺せるのさ』


 反転上昇したイスランシオは、そのまま鋭く急降下してくる。弾丸の雨を降らせながら。


「だから、しっつこいっ!」


 全門、一斉射――!


 イスランシオ機を包み込む爆炎。だが――。


「ちっ! 逃がしたッ!」


 ヴェーラは見ていた。爆炎の最中、まるでブロックノイズのように空間が歪み、F108+ISの姿が掻き消えたのを。別に今回が初めてというわけではない。今までも数回に渡ってイスランシオには勝利してきていたのだが、そのたびにこうして逃げられていた。


 だけど――。


 ヴェーラはセイレネスを起動させたまま、コア連結室の闇の中で眉根を寄せた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます