新型セイレネスシミュレータ

 その翌日の夕方、エディタたちヴォーカリスト級の候補生たちは、技術士官ブルクハルト中佐によって、シミュレータルームへと緊急招集された。


「失礼しま……なんだこれ」


 真っ先にドアをくぐったクララが声を上げる。


「これって、僕たちのシミュレータになるのかな?」

「どれどれ」


 トリーネがクララを押しのけて室内に入る。テレサと、そしてエディタも後に続いた。


 室内には五十台のクワイア級用シミュレータがあったのだが、今は前から二列分の十台が撤去されていた。代わりに、四台の巨大な――具体的には縦四メートル、横二メートル半、高さ二メートル――黒い箱が置かれている。床には大小さまざまなケーブルが張り巡らされており、設置工事は未だ終わっていない様子だった。


 そのシミュレータと思しき黒い建造物に圧倒されていると、モニタルームのドアが開いてブルクハルト中佐が姿を現した。


「ああ、よく来てくれたね。お疲れ様」


 ブルクハルトが声を掛けるや否や、四人の候補生は直立不動の姿勢で敬礼した。ブルクハルトは苦笑しながら「まぁまぁ」と言う。


「講義の時間でもないんだから、もっと楽にしててよ」

「そういうわけには……」


 エディタが口を開くと、ブルクハルトは「んー」と言いながら、一番奥の筐体に繋がれていたノート型端末を操作し始める。


「エディタは何にでも筋を通すね」

「性格……ですから」

「うん。悪いことじゃない」


 ブルクハルトは頷いて端末に繋げられていたケーブルを外した。


「よし、間に合った。じゃ、さっそくだけど、乗ってみてよ」


 ブルクハルトが軽い口調で言うのと同時に、四台の黒い箱の天蓋がスライドして開いた。ブルクハルトは何処からともなくタブレット端末を取り出して、各筐体の状況をモニタし始める。


「基本設計は今まで乗ってきたC級用のものと同じなんだ。だけど、感度が全く違う。君たちの能力に合わせてチューニングされているから、より直感的に扱えるはずだ。まぁ、説明するより体験した方が早いと思うよ」


 その言葉に促され、先ずはエディタが筐体に乗り込んだ。シートに身体を沈めると同時に、天蓋がゆっくりと閉じられる。空間が完全に闇に落ちる。自分の指先すら見えない暗さだったが、ここまではクワイア級のものと同じだ。エディタはその中でも目を見開いて、何か変化が起きないものかと状況を注視する。


 変化はすぐに起きる。空間は確かに闇なのに、意識が眩しさを感じた。青とも緑ともつかない光が、直接脳内に届いたかのような感覚だ。それと同時に、低く高く、何かのが聞こえ始める。その音を具体的に確かめようとすると遠ざかっていき、認識しようとすると消えてしまう。


 こんな現象はC級のシミュレータでは起きなかった。C級用のものは、フライトシミュレータの流用だというのも納得の操作感だったし、いったん闇の中に放り込まれた後でちゃんと明かりが点いた。だが、この新型の筐体には、中が見渡せるような明かりが点く気配がない。それにこの音も、C級のもので感じた単調なリズムとは違う。もっとこう、心臓の拍動にも近い、呼吸に合うリズムを刻んでいた。一言で言えば、心地良いのだ。


 遠くなり近くなり、捉えどころのなかった音は、そうしてエディタの中に融合し始める。聞こえる音なのか、それとも頭の中で歌っているだけなのか、もはや区別ができない。


 なんだこの感覚――。


 エディタがそう思った瞬間、『あら!』という声が脳内に響いた。無線の類ではない。脳に直接聞こえてきたのだ。


 今のは、トリーネか?


『ハロー、エディタ。聞こえる? もしもしー? おーい? トリーネちゃんですよ!』


 ど、どうやったら通信できるんだコレは。


『頭の中で思えば届くみたいだよ、これ。あたしも喋ってない』

「ええっ!?」

『響く響く! エディタ、声は出さなくて良いんだよ』


 そ、そうなのか? 聞こえるのか、これ。


『感度良好。クララ、テレサは聞こえた?』

『うん。僕の声も聞こえてるの、これ』


 クララが疑念丸出しの声で尋ねてくる。そこにテレサの慌てた様子のが重なった。


『え、ちょっと、これって頭の中ダダ漏れ!?』


 ……と、いうことだな。


 エディタは暗闇の中、無意識に前髪をいじくる。そこにブルクハルトが通信を入れてくる。こちらは無線通信のようだ。


『四人とも、聞こえてるね。いわゆる遠隔意識通信テレパスが成立したと思うけど、これがV級用シミュレータの追加機能の一つ。これはね、Dディーヴァ級の二人、ヴェーラやレベッカとも通信することができる。二人がチャネルを開いていれば、だけどね』


 その間にも、四人の思考はそれぞれに筒抜けで、ややかしましい状態の中をブルクハルトの落ち着いた声が通り抜けていくという具合である。


 そこでエディタはふと疑問に思う。


「チャネルを開いていれば?」

『ああ、そうそう。D級ともなると、機材を使わなくても遠隔意識通信テレパスのようなことができるそうだ。相手の心が読めたり聞こえたりするのだとか。僕にはなかなか想像しにくい世界だけどね』


 そうなのかと嘆息するエディタの脳に、トリーネの声が響いてくる。


『それって不便ね。お互いが筒抜けになっちゃうじゃない』

『隠しておきたい心の内まで読めちゃうとか、そういうことかな』


 クララが唸っている。


『僕は嫌だな。常時聞こえるものじゃないにしても、そうできるっていう事実が嫌だ』


 その意見に『賛成』と、テレサが同意を示す。


『正直言って、この空間も嫌よ、私。人間なら誰にだってはあるし、聞かせたくないようなことを考えたりもする。ほんと、ぞっとしないわ』


 だな――。


 エディタは闇の中で密かに腕を組んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます