拒否権なんてないから。

 それから一週間後、短い夏の終わりごろ――。


 いつもの実験の終了と共に、ハーディはヴェーラとレベッカを執務室へと召喚した。二人の歌姫セイレーンは硬い表情のまま、プルーストに促されて室内へと入ってきた。プルーストはハーディを一瞥して形式的な敬礼をすると、そのまま無言で出て行ってしまう。


「実はな」


 ハーディはテーブルの上に置かれている紙媒体の書類を二人に示しながら、ゆっくりと立ち上がる。ヴェーラたちは促されるままにソファに隣り合って座る。ハーディはその向かいに腰を下ろした。


「我々の戦力が回復しきっていないのは承知の事だろう」

「アーシュオンが増強し続けているのも承知しています」


 ハーディの語尾に重ねるように、ヴェーラが平坦な口調でそう言った。レベッカはそんなヴェーラの左手の甲に右手を重ねる。ハーディは右手で眼鏡の位置を直しつつ、淡々と述べる。


「我々は早急な補充戦力……しかも、が必要だと判断しました」

「強力な……?」


 二人の歌姫が同時に反応する。ハーディは頷いた。


「先般の戦いで、我々が得られたものがあります。資料にもありますが――」

「セイレネスの素質者……!?」


 一緒に書類をめくっていたヴェーラとレベッカが、異口同音に言った。レベッカが顔を上げてハーディを見る。


「どういう、ことですか?」

「見ての通りです。あなたたちと同様に、セイレネスを使い得る者が大量に発生したのです。程度の差はありますが」


 ハーディは音もなく立ち上がる。


「あなたたちのセイレネスが、ナイアーラトテップとぶつかった。その結果として、素質者が大量に発生したと考えられています。あの海戦より前から、そのような予測はありました」


 その言葉に、ヴェーラは薄く澱んだ笑みを浮かべ、呟いた、


「全部、そうなるようになってるんだね」


 ――都合よく、ね。


 ヴェーラはその白金プラチナの髪に、苛々と手櫛する。


「それでハーディ、本題はそこじゃないよね。これは前提条件でしょ」

「そうね。こっちの資料を見て」


 ハーディは自分のデスクからタブレット端末を持ってくる。


「……歌姫養成科?」


 二人の歌姫の声が揃う。二人は表示されている資料を一通り読んだが、出てきたのは感想でも意見でもなく、溜息だった。ヴェーラは顎を上げ、首を回す。


「まるで、わたしたちの負担を軽減するために設立します、みたいな文書だね、これ」

「肯定です」


 間髪を入れず、ハーディは頷いた。彼女とて、同じ印象を持ったからだ。


「ですが、あなたたちが何を言ったところで、この流れは変わらない」

「ならさ」


 ヴェーラがその凍てついた空色の瞳で、ハーディを射抜く。


「わたしたちが何を言っても変わらないって言うのなら、ハーディ、あなたの行為は非合理的なのでは?」

「私は……」


 ハーディは立ち上がって後ろで手を組む。


「私はね、あなたたちに協力してほしいと思っているのです。事ここに至ってしまった以上、新たな歌姫セイレーンの誕生も、軍への編入も、止めることはできません。なれば、彼女たちを救えるのは、つまり、死なないように育てられるのは、あなたたちしかいないのです」


 ハーディのその言葉が終わった瞬間、ヴェーラの瞳がギラリと光った。まるで飢えた肉食動物だ――ハーディはそんな印象を覚える。一言で言えば、野蛮だった。


「言いたいことはわかったよ、ハーディ」


 ヴェーラは喉の奥をひくつかせながら頷く。


「わたしたちのためなんかじゃなくて」

「私たちに続く子たちのために、そういうことですね」


 レベッカが眼鏡を外す。レベッカにしては珍しく、その輝きの乏しい視線は鋭利だった。ハーディはその新緑の瞳の少女を、鋭く見下ろす。


「言ってしまえばその通りです」

「そう、か。なら、従うよ」


 ヴェーラは静かに立ち上がった。そして「ベッキーは?」と、レベッカに向かって右手を差し出す。レベッカは迷わずその手を取って、立ち上がった。


「私も異論はありません。あとから来る子たちを、軍は使い捨てにするつもりなんでしょう?」

「どうでしょうね」


 ハーディは自席に戻り、レベッカを鋭く見遣る。


「今のところはまだ貴重な存在、金の卵です。そうなるか否かはまだ判断付きかねています」

「遠まわしだね」


 ヴェーラが目を細めつつ指弾する。


「数が揃い次第、戦列に並べて一定数の被害を計算し始めるのは間違いないのに」

「……そういう作戦も考えられるでしょう、ね」

「ふぅん。ま、いいや。わたしたちはこの素質のある子たちに、死なないように教育する。それで良いんだよね」

「イエス。頼めますか」


 ハーディとヴェーラの視線がぶつかり合う。


「どうせわたしたちに拒否権なんてないんだ。やるよ」


 ヴェーラはそう言うと、気だるげに立ち上がる。レベッカもそれに続く。二人は揃って無表情だった。話は終わったといわんばかりに、二人は自動的にドアの方へと向かう。


「ねぇ、ハーディ」


 ドアの前で、ヴェーラが振り返った。


「その椅子の座り心地は、どうなの?」

「私には――」


 ハーディは天井を見上げてしばらく考え――。


「私には、重すぎる」


 そう結論を出した。


 敷居をまたぎながら、ヴェーラが頷く。


「だよね」


 そして、ドアが閉まる。


 部屋の中に取り残されたハーディは、眼鏡を外すときつく目を閉じた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます