#01-2:銃声とブランデー

葬儀にて

 二〇九一年一月三十一日――。


 エディットの葬儀は、実に小規模に行われた。一応は軍による公式の葬儀であったから、参列者自体は数百人を超えた。だが、彼らの殆どは、一通りの儀式が終わると潮が引くようにいなくなった。今や教会は伽藍洞がらんどうである。エディットが眠る棺だけが、ぽつんと残されている。


「なんていう……」


 カティは同席していたエウロスのナルキッソス隊隊長エリオット中佐と顔を見合わせた。エリオットは肩を竦める。それ以外に表現のしようがなかったからだ。どこに政府や軍の耳目があるか、分かったものではない。


 その時、一発の銃声が響いた。


「なんだ!?」


 カティは言うや否や駆け出している。エリオットもその後を追う。この時には既に、二人とも拳銃を抜いていた。


 ドアを開けてすぐに、その銃声の正体が明らかになる。二人は思わず息を飲み、構えた銃を下ろすのも忘れた。


「ヴェーラ、だめだったら! やめて、やめなさい!」


 レベッカの悲鳴のような声が、冷え切った曇天の下で響いている。雪がちらついている中、レベッカはヴェーラを羽交い絞めにしていた。


「銃を捨てて、お願い、言う事を聞いて!」

「どうして君はわたしを止める! エディットを殺したのは――」


 ヴェーラが睨みつけているのは、ハーディだった。眼鏡越しに、冷徹な視線をヴェーラに向けている。周囲に残っていた軍人や政治家たちは、一様におろおろするばかりで誰一人行動を起こそうとしない。


 カティは舌打ちすると銃をエリオット中佐に預け、ヴェーラとハーディの間に割り込んだ。そして右手を唸らせてヴェーラの頬を力いっぱい叩く。


「!?」


 あまりの威力に、ヴェーラは目を白黒させた。それは白い頬が真っ赤に腫れ上がるほどの一撃だった。


「な、なんで、どうして」

「なんでもどうしてもあるか! ハーディを殺してどうしようっていうんだ!」

「だって――!」


 ヴェーラが言い募ろうとしたその瞬間、もう一度カティの右手がヴェーラを一撃する。


「ハーディがやったんだよ! ハーディがエディットを殺したんだ!」

だ! お前がハーディを殺して良い理由にはならない!」


 カティはもう一度ヴェーラを平手打ちし、その手の拳銃を奪い取った。


「ひどい、ひどいよ……カティ、ひどい!」


 ヴェーラは頬を抑えて崩れ落ちる。その肩が、背中が大きく震えている。カティは片膝をついて、ヴェーラの熱くなった頬に触れた。涙がカティの掌を濡らしていく。


「今のは――」


 ハーディは銃をカティからひったくるように奪うと、自分のホルスターに収めた。


「ただの暴発です。事件性はありません」


 硬質の声がカティの背中に向けられる。カティは黙って頷き、ヴェーラをゆっくりと立たせた。カティは振り返ることなく、ハーディの名を呼んだ。


「わかっています」


 ハーディは頷き、踵を返す。降り積もった雪を踏みしめる音が次第次第に遠ざかっていく。その足音が消えてようやく、カティはヴェーラから手を離した。


「ヴェーラ、帰るぞ」

「帰るって、また病院へ?」


 ヴェーラは病的な微笑を浮かべて尋ねてくる。カティは迷いなく首を振った。


に帰る」

「い、いいの?」

「アタシたちの家なんだ。ダメな理由があるかよ」


 カティはヴェーラの白金の髪を撫でながら、その紺色の目を細めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます