ブランデー

 二〇九一年二月三日――。


 エディット・ルフェーブルの葬儀を終え、また普通の日々が動き始めていた。エディットがいない日常が、だ。


「姉さん、ブランデーだよ」


 カティはエディットの写真の前にグラスを置いて、ゆっくりとブランデーを注ぐ。エディットのいない、エディットの家。カティの帰るべき場所は残された。だが、そこで待っている人が、一人足りない。永遠に足りないのだ。


 カティは自分のグラスにもブランデーを注ぎ、小さく乾杯してみせた。薄暗い部屋の中に、全くの静寂が漂っている。腕時計をちらりと見遣れば、もう午後六時を回っていた。カティは小さく息を吐く。


「信じられないよ、未だに。姉さんが死んじゃうなんて」


 エディットの死は最初こそ大きなニュースになった。しかし、あっという間にメディアの端にも乗らなくなった。ネットの一部では陰謀論なども囁かれはしたようだが、それも三日とたたずに鎮静化した。それが何を意味するのか――カティは理解している。つまり、エディットは軍、あるいは、政府によって殺されたのだ。エディットの力をもってしてもかなわない濁流に、彼女は飲み込まれたのだ。


「くそっ……」


 何もできない自分が恨めしかった。エディットがいない事実が哀しかった。そして、本気で悔しいと感じた。自分はずっとこうだ。大事な人を失い続ける。そしてそのことごとくがによる喪失だ。自分はもしや疫病神なんじゃないだろうか――カティは奥歯を噛みしめる。涙が出る。幾ら眉間に力を入れても、涙は溢れ続けた。


 キィ……。


 リビングのドアが小さく開けられる。カティは顔を上げ、涙を拭いた。


「入ってきな、ベッキー」

「カティ……」


 泣き顔を見られたか、とカティは苦笑する。そしてブランデーを一息に呷った。レベッカは促されるままカティの隣に座り、ぼんやりと天井を見上げた。


「私、何もできなかった」


 レベッカは、そう呟いた。カティは小さく首を振る。


「ヴェーラを止めただろう。もしお前がそうしていなかったら、ハーディは――」

「迷っています」

「迷って?」

「ええ」


 レベッカは斜め上の方に視線を飛ばしたまま、掠れた声で呟く。


「私、本当に止めるべきだったのかなって……」

「何を言ってるんだ」

「すみません」


 レベッカは何も映していないテレビの方に視線を動かす。カティは黙って空になったグラスを見つめている。


「私、結局、逃げただけなんです。ヴェーラの行為に対して否定的なことをして見せただけなんです。ヴェーラはハーディを殺そうとして、私はそれを止めた。本当は私だって――」

「言うな」


 カティは右腕でレベッカの肩を抱く。レベッカは小さくしゃくりあげる。


「アタシだって似たようなものじゃないか」

「いいえ」


 レベッカはイヤイヤをするように首を振る。


「カティはあの場を収めたじゃないですか。ヴェーラをに連れ帰ってくれたじゃないですか。ヴェーラは自ら行動を起こした。あなたはそれを収めた。私は」

「責めるな。お前が止めなかったら、事態はもっと悪くなっていた」


 カティはレベッカの灰色の髪に触れる。


「ヴェーラはね、突っ走っていくタイプだ。だから、ブレーキ役ってのが必要なのさ。時としてはそっちの役割の方がつらいこともあるだろう」


 そう言って、レベッカを抱き寄せる。レベッカは黙ってカティにもたれかかった。二人はしばらくの間、テーブルの上のエディットの写真を眺めて沈黙した。まるで黙祷するかのように、どちらともなしに目を閉じる。

 

「ベッキー。言ってみろ」

「え?」

「だいじょうぶじゃない――そう言ってみろよ」


 カティは囁く。その低めの声が、レベッカの傷だらけの心をそっと撫でていく。レベッカはカティに促されるまま、カティの太腿に頭を乗せた。その途端、また涙が零れてしまって、言葉に詰まる。


「だいじょうぶじゃ、ない」


 ようやく声を絞り出す。カティは黙ってその髪を撫でる。


「だいじょうぶなんかじゃない。私、だいじょうぶなんかじゃ……!」

「それでいい」


 カティは静かに頷いた。そして肩越しにドアを見た。


「なぁ、ヴェーラ。そこにいるんだろ」


 いらえはない。だが、明確な――殺気にも近い――気配があった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます