推測

 艦内に響き続ける分厚い重低音。それは当たり前のように常に存在し続けていて、だから普段は全く意識すらしない。だが、今はそれが耳に付く。ノイズだった。このふねにいる間は、決して逃げられないノイズだ。


 眩暈めまいがする。今しがた終えたばかりの戦闘による疲れ。そう思い込むには、いささかつらすぎる視界の揺れ。


「落ち着け……落ち着け」


 カティは自室に入るなり、扉に寄りかかってそう呟いた。分厚い金属の扉は、何故だか少し頼りなかった。ふらふらする。くらくらする。思考がまとまらない。


「姉さんが、殺された、だって?」


 聞いたばかりの事実を口にしてみるが、実感が湧かない。これっぽっちもだ。だって、最後に会った時は実にいつも通りで――。


 その時、カティの携帯端末が着信を報せた。半ば以上に自動的に端末を取り出して、「どうした?」と、完全に自動的に耳に当てる。


『参謀本部第六課より、論理回線にて通信です』

「誰が?」

『ハーディ少佐です』

「……つないでくれ」


 回線が繋がる。しかし、どちらも言葉を発さない。カティはじっと聞き耳を立て、呼吸さえも隠そうとした。先に音素を紡いだのはハーディの方だった。


『すでに聞いていると思いますが』

「……ルフェーブル大佐の件、か」

『イエス、です』


 そう答えたきり、ハーディはまた黙り込む。カティは自分のベッドに腰を下ろして足を組んだ。


「狙撃、だそうだな」


 カティは可能な限り感情を抑えて言った。ハーディが回線の向こうで大きく息を吐く。


『イエス、です』

「そう、か」


 カティはそれ以上言うべきか否か、迷う。それは何の意味もない推測だったが、それでもそれをしたのか、今すぐ知りたいという気持ちにもなる。だが、カティはそれをグッと飲み込み、もう一つの懸案事項の確認を優先する。


「ヴェーラたちの様子は」

『ヴェーラはショック症状が酷く、緊急入院させました。レベッカもしばらくは自宅療養が続くと思われます。身体的には無傷です』

「そう、か……」


 一刻も早く二人の顔を見たい。カティは唇を噛む。無意識に足を組み替える。


「しかし、六課はどうなる。姉さ……ルフェーブル大佐なしでは」

『その点はご心配なく』


 ハーディらしい冷徹な声に、カティは思わず右の眉を跳ね上げた。


『我々第六課は、もうしばらく閑古鳥の鳴いている状態です。大佐のとしての名声も、もはや過去のもの。現に、国民……大衆はもう忘れています。今さらそんなを思い出したところで、単なる感傷か憐憫の類として扱われるだけです』

 

 あまりといえばあまりの言いように、カティは少なからず苛立った。


「六課は、誰が引き継ぐ?」

『私です』

「……だろうな」


 カティはまた足を組み替えた。


「狙撃の容疑者は?」


 その問いに、ハーディは無抑揚に答える。


『不明です』


 ――と。


 カティは宙を睨む。そして念を押すように言う。


「不明……か」


 やや間が開く。ハーディが密やかに息を吸ったのが聞こえる。ハーディは答える。


『不明です』


 感情のないその応答に、カティは溜息を吐いた。そして、通話を強制的に終わらせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます