青春の端にいる僕 & 落っこちそうな私

作者 ユーリ・トヨタ

初めは行きずりだったのかも知れない

  • ★★★ Excellent!!!

こちらの物語の売りは、登場人物の純真無垢さです。

単純に縁や運命という言葉で片付けず、情事を経る事に互いの境遇や人物像を共振させ、心の奥底に眠っていた人を愛するという気持ちに従順になっていく過程を大海くん、千鶴さん、両者の視点を通じて、もはや出会うのは必然であったと読者に思わせる所が本作品最大の魅力的な要素です。

途中、ロケットランチャーなど重火器をぶっぱなしたい衝動に駆られる事もありますが、本当に、彼らには幸せな人生を歩んでいただきたい。

心から。
自分なりのエールを送れる作品ではないでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

運昇さんの他のおすすめレビュー 32