青春の端にいる僕 & 落っこちそうな私

作者 ユーリ・トヨタ

青春……なんとも気恥ずかしい言葉が胸に迫る物語

  • ★★★ Excellent!!!

これは恋の物語であり、同時に魂の救済と成長の物語。
未来を失くしてしまった千鶴さんと、未来に希望を持てないでいた大海君。二人が偶然にも出会い、ともに旅をしていく中で、傷ついた魂とそれを癒しともに成長していく様が、あまりに楽しく美しく描かれます。
読みやすい文章、コメディーに満ちたセリフのやり取りと、時折流れる艶っぽいシーン。さらに観光名所をめぐり、土地の美味しいものを食べながら、生きていく楽しさを取り戻していく。
それは無鉄砲なロードムービーのようでありながら、若い二人はしっかりと成長していきます。
それが二人にとっての青春であり、旅の終わりに迎えるのは青春の終わり。ちょっと意味不明でしょうが、読めばそんな風に感じるのではないでしょうか?
とにもかくにも是非読んでいただきたい作品であることは間違いありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

関川 二尋さんの他のおすすめレビュー 523