青春の端にいる僕 & 落っこちそうな私

作者 ユーリ・トヨタ

読後にタイトルを見て……改めて全体の『深さ』を知る☆

  • ★★★ Excellent!!!

落っこちそうな人を現場の端の方から助けるには、余程の奇跡が必要である。そしてもう一つ。奇跡を起こすには、助けようとする者の深い懐と大いなる器、あとは後先考えずにのめり込める愛情。

どこにも無理がなく、奇跡に必要なそれらの要素を上手く盛り込んで、自然にページをめくらせる筆使いに感動しました。
不思議なカップルがイチャイチャする描写は、書く者としても参考になるところが多かったです☆

その後の二人の行く末……というのも期待してみたくなりますね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

愛宕平九郎さんの他のおすすめレビュー 339