青春の端にいる僕 & 落っこちそうな私

作者 ユーリ・トヨタ

120

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ミステリ漫画を彷彿とさせる二人の出会いは、読みたい気持ちを加速させ、彼と彼女の秘めたちょっとした謎が解き明かされるにつれ、そのモノローグに納得させられてしまう。大人が読めるとても面白い純愛作品でした。

主人公は当初、目に見える目的も無く生きているのですが、彼女との出会いで転換期を迎えます。純粋だけどちょっぴりスケベな二人ですが、書かれる情景は微笑ましく純粋に暖かいものでした。

作品傾向としては作者様の初期作である古川君シリーズに近く、現代に生きる男女の、ちょっとした心の悩みを面白おかしく、また誠実に書いた物。読後、読み手も暖かい気持ちになれます。

ぜひ皆さんも読んでみて下さい。








【裏の裏のレビュー】

……を書こうと思ったのですが、公序良俗に反する表現だけになってしまうので、大人しくしておきます(^^♪

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

22歳の平凡な男子大学生と、25歳のワケあり社会人女性。
青春時代の終盤に差しかかった男女が旅先で出会い、成り行きで体を重ねたところから始まる物語です。

恋愛感情を抱く前に体を重ねた二人ですが、そこから始まる恋は旅の行程を踏むにつれて互いへの信頼と愛情を深めていきます。

恋愛の過程の順番は一般的なそれとは違うかもしれません。
けれども、何気ない二人の会話や、穏やかに旅を楽しむ様子、そして複雑な過去を抱えた千鶴の心の揺れを大海が支え立ち直らせていく様子は、二人が育んでいく愛がこの上なくピュアであることを優しく穏やかに読み手の心に訴えかけてきます。

この二人に波乱万丈な恋は似合いません。
順番は違ってもいい、ゆっくり、じっくりと愛を育んでいってほしい。
そう願い見守らずにはいられない二人の旅に、皆さんも寄り添ってみてはいかがでしょうか(*^_^*)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

純粋な恋愛小説を読みたい方は是非読んで下さい。

あらすじは簡単に言わせて頂きますと……大学生が一人旅でばったり会った女と意気投合し恋愛し、それ以上の関係になる話です。こう書くと何でもない物語に思いますが、それは大間違いで日常の何気ない出来事から想像もつかない未来がやって来るのです。

物語の冒頭から惹き込まれます。自殺の名所と名高い場所にいる女性が主人公の大学生を静かに翻弄します。もう、この部分だけで魅力的だと思いますが、行きずりになった彼女と主人公の間を深い心理描写が素晴らしく、そして生々しく描かれており読み手は二人の心境に感情移入するはずです。

正直、どこまで書けばネタバレなのか分からない日常的なやり取り。更に言えば、どこまで読み進めても普通な男女の会話。しかし、その中に物語の行方が気になる読者の心を鷲掴みにする文章力に驚かされるでしょう。

驚くべき部分は作品の外側にも存在します。
応援コメントの返信です。作者本人様が平気にネタバレを連発しますし、次の回に起きる事まで暴露する姿は物語の構成自体が魅力的であり、些細な小技は自分から暴露していくスタイル。この作品の全体が完成された黄金比である事の証明とでも言えましょう。

先がわかっていても面白い。
それは本当に面白い物語にしか出来ないのでしょう。




最後に作者様へ
エロ小説って言っておいて、感動させ涙させるのは詐欺です。
そう詐欺探偵の陰謀がここにも忍び寄っていますよ!!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

主に異世界系を読んでる自分ですが、たまたまこちらを見つけ読ませてもらった所とても面白かったです。
物語としてはとある場所で出会った二人が色んな所を旅しながら、お互いの胸のうちや過去にあった事を語っていき、次第に心が惹かれていくという感じになります。
主人公は心優しく気が利き、多少の我侭も受け入れるというかなり素晴らしい性格です。ですがおそらく女性からは「良い人」で終わるタイプなんじゃないかなって推察します。これまでも彼女が居なかったみたいですしね
女性の方は真面目に生きてきた反動なんかで、適度に力を抜く、あるいは力の抜き方が分からなかった不器用ちゃんです。自分の体に魅力がないと思ってたり色々コンプレックス持ってたり、そしておそらく接し方が分からない為我侭に振る舞ってたりと正直めんどくさいタイプではあるんですが作者さんの力によって、それでも自分は彼女にも魅力を感じました。
その二人が一日一日確実に距離を縮めていく姿は思わずほっこりしてしまいました。まだ、話は途中なのでこれから先どういう風に展開していくかわかりませんが願わくば二人には幸せになって欲しいもんです。
長々と拙い文章ですみません。ここまで読んでくれた人ありがとうです。感想は書くこともあるけどレビューは書いたことないのでこれでいいのかもわからないというw
ともあれ、作者様にはこれからも無理ないペースで頑張って欲しい所ですが。良い物語をありがとう、これからも期待し読んで行きたいと思います。
また、異世界系に飽きてきた皆さんこういう恋愛物語で箸休めはいかがでしょうか?

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました