死神と砂のモノガタリ

作者 詩音

71

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

一人の少女と少年の悲しい短編ではあるのですが、この作者さんの良さが凝縮された、不思議と美しい物語です。
それは悲しさや理不尽に満ちた闇の状況、その中に身を置きながらも小さく光る希望をしっかりと見つめているような、そしてそれを大事に心にとどめておくような、そんな美しい光景が出現します。
ちょっと抽象的な説明かもしれませんが、それくらいの前知識で読んでいただいた方がいいだろうとの勝手な判断です。
なんとも不思議な雰囲気の物語です。
そして暖かな余韻が後を引く物語です。
ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

――

募る想いを贈り物に込めて――「死神」というタイトルワードが暗いイメージを彷彿とさせていますが、作者の世界観がそれを払拭して、美しい物語へと昇華しています☆

ちょいと ゚+。*・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・*。+゚ な気分に浸りたい時――。

オススメします☆

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

掴もうとして掴めなかったもの。
指の間からするりと滑り落ちてしまった、大切なもの。

それが砂となって拡がり、空気に混ざって溶け込んでいくような、不思議な、切なくも心地よい読後感でした。

死んだからそれで終わりではなく、そこからスタートする何かを感じることができるからだと思います。

素敵な物語をありがとうございました!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

心に染みる優しい文章が、可愛らしさと、幼いながらも一生懸命な気持ちを見事に表現した素晴らしい作品です。
冒頭で驚かれる方もいらっしゃるでしょうが、それこそ、幸せへの序曲。
どうぞそのまま、ゆっくりとご覧になって下さい。

まるで童話のような、絵本のような景色。
そこに描かれた、小さな幸せと切なさ、そして悲しさが、胸を大きく揺さぶるのです。

これを書きながら、未だに胸が苦しくて、涙が止まりません。
でも、そのなかにきらきらと輝く言葉がひとつ。
『よかったね』
その文字は、私の中で眩しいほどに輝き続けることでしょう。

確かな幸せ、そしてありがとうの気持ちをいただきました。
素敵な御作品を、心より応援申し上げます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

とてもとても切ない物語です。
サラサラと砂のように。
砂時計が時を刻むように、後悔しても時は戻らない。

そんな内容を教えてくれる作品です。


言葉遣いや表現方法が素敵で、作者様特有の優しい物語の雰囲気があります。
切ない物語なのですが、バッサリとした悲しいエンディングではなく、どこか優しさに包まれた終わりかたです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

「彼にクッキーを渡したい 」
そう願っていた彼女を死が襲った。

彼のために一生懸命クッキーを焼き続ける彼女。その優しい彼女の想いにとても切なくなりました。きっとそんな優しい想いだからこそ伝えてあげたくなったんでしょう。

冒頭からずっと漂っている優しい雰囲気に、散りばめられている切なさがより際立ってくるようで。とはいえ、読後感はとても優しく、読んでよかったと思わせてくれるものです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

切なさと優しさを体全身に浴びました。
『銀色の砂のシャワー』のように……。

女性ならではの描写感覚にはドキリとさせられました。一行一行から作者様の優しさが溢れ出して止まりません。男性では、なりきっても真似の出来ない描写や表現の数々。その積み重ねが素敵なひとつの物語になっていました。
その優しさは文章の本文にも表れていて、行間や漢字の頻度等の度合いにまで出ており、読者思いな作者様だという印象を受けました。

愛しさと、切なさと。
どこかで聞いた事のあるフレーズですが、そんな読書体験をあなたにも是非✨✨

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

彼のことを考え、彼のためにクッキーを渡そうと頑張る健気な少女なだけに恋が成就して欲しいと願いたくなりましたよ(涙)

気の利いた優しい死神で良かった~。
高音に香菜の優しい想いが伝わる最後も素敵でした。

素敵な物語をありがとうございました~。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

これってすっごいハッピーエンドです。
すっごい切ないですけど。
でも 彼は絶対に忘れないと想うな。

逢わせてあげたいね。
二人でクッキー食べながら、わんこの写真見て笑って欲しい。

ラストの場景が、一面金色の夕焼けに包まれて、
すっごく綺麗でした。
少ない文字数の中で、こんなにはっきりと情景も表現されてて、見事としか言えないです。参りました。
きゃいんって帰ります。

お邪魔しましたー。


Love finfen ♪


さんがに★で称えました

さんがに★で称えました