ドレスより、あなたが気になる……。

作者 春川晴人

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    あと少し……あと少し近づけば……(^^;)

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    その、あと少しがむずかしいんですよね(笑)。二人のその後は「友情」の方でちらっと出てくる予定です。

    2017年9月15日 12:13

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    んんー!
    縮まりそうで縮まらない、遠くて近い距離ですね~。
    最後まで関係性が変わらない(話に進展がない)のはちょっともったいない気もしましたが、コメディと捉えれば、変わらぬ主従関係の妙ってことで良いのかな。

    現実でも執事という職業は規約上、主君に慕情を抱いてはいけないなどの縛りがあらかじめ付与されていることが多いですから(厄介ごとの火種になるため)、今後恋愛に発展するとしたら多難ですな……頑張れカナミア様!

    作者からの返信

    最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

    まぁ、問題が山積みな関係性ですが、少しずつ、縮んでゆくでしょう。

    ありがとうございました。

    2017年7月10日 23:40

  • 第4話 きちょうめんなところへのコメント

    今回もまた料理出て来た!
    頭脳労働には甘い物。
    フカヒレとかもそうでしたけど、ちゃんとカナミア様の体に効くものを用意してるんですよねこの執事……完璧か……。

    作者からの返信

    更にコメントをありがとうございます!!

    そうなのです、ぬかりはありません(笑)。

    2017年7月10日 23:37

  • 第3話 絶妙な間合いへのコメント

    料理のメニューがおいしそうです(;゚∀゚)=3ハァハァ
    マリッジブルーって言葉が前回出ましたけど、ミカリンよりもカナミア様の方が欝々としてますね(笑)。

    作者からの返信

    引き続き、コメントをありがとうございます!!

    そうですね、カナミア様の方が鬱々としてました。

    メニューほめてくださり、ありがとうございます。いろいろと悩んだかいがありました。

    2017年7月10日 23:35

  • 第2話 ぴったり15センチへのコメント

    15センチ要素が、執事との距離感……だと……!?

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    私の15センチは執事との距離になりました。

    2017年7月10日 23:32

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    テーブルからぴったり15センチのサミュエルさん。

    定規で測って、それ以上近づかないようにでもしているのかしら(笑

    カナミアなら、いつか縮めることができる――かな。

    とてもほっこりする良い物語でした(#^.^#)

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    目視で15センチですね(笑)。

    カナミア様ならきっと、縮めることができるはず。

    ほっこりしてもらえてよかったです。

    最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

    2017年7月8日 13:53

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    コミカルで読みやすく、楽しかったです★

    作者からの返信

    最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m。楽しかったと言っていただけたのが、なによりうれしいです。ありがとうございました。

    2017年7月7日 21:04

  • 第3話 絶妙な間合いへのコメント

    幸せオーラ……
    羨ましくも、ちょっとジェラシー

    作者からの返信

    更に引き続き、コメントをありがとうございます!!

    そうなんですよね、ジェラシーなんです。もどかしいっ!!

    2017年7月7日 21:03

  • 第2話 ぴったり15センチへのコメント

    古典要素がありつつ、今時な感じが愉しいです(^^)

    作者からの返信

    引き続き、コメントをありがとうございます!!

    ほめてくださり、ありがとうございます。

    2017年7月7日 21:01

  • 第1話 ぶっきらぼうなところへのコメント

    フカヒレ食べたい❗

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    お肌プルップルになりますよ(笑)。

    2017年7月7日 21:00

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    サミュエルは魔法使いだったんですね
    王女に告白されるなんて凄い!

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    そうです、サミュエルは魔法使いだったのです。でも、本業は執事ですが。

    カナミア様は、わりと思っていることを口に出してしまうタイプなので、告白しちゃいました。

    お読みくださり、ありがとうございましたm(__)m。

    2017年7月2日 13:29

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    あわわ紅茶が……ドレスが(・・;)っていう所での、サミュエルの正体

    彼が不思議な雰囲気を漂わせていたのは、そういうことだったのですね🍀

    幸せに繋がっていく物語、読ませて頂きありがとうございました🌸

    本編も少しずつ追いかけますね😊

    作者からの返信

    最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!!

    そういうことだったのでした。

    こちらこそ、読んでくださり、ありがとうございました。うれしかったです。

    2017年6月30日 07:45

  • 第4話 きちょうめんなところへのコメント

    ここまでスルスル読んでしまいました🍀
    かっこよくて優雅な執事さん🌸
    私もいつかこういう人物が出てくる物語を書いてみたいような…

    作者からの返信

    引き続き、コメントをありがとうございます!!

    読んでくださり、本当にありがとうございます。うれしいです。

    2017年6月29日 21:01

  • 第1話 ぶっきらぼうなところへのコメント

    はじめましてです🍀
    私お茶が好きで物語の雰囲気に惹かれてお邪魔しました。

    本編をまだ未読で恐縮ですが、今後少しずつ本編も読ませて頂こうと思います🌸

    作者からの返信

    詞音さん、はじめまして。コメントをありがとうございます!!

    読んでくださり、ありがとうございます。どこから読んでも大丈夫な紅茶シリーズです。ごゆるりとお読みくださいm(__)m。

    2017年6月29日 21:00

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    きーーーっ! サミュエルさん、機械じゃないんだからせめて三センチくらいは近付いてくれても……!
    でも、これはこれで面白いです! ほわっとすてきなお話でしたね~^^
    楽しい気持ちになりましたw ありがとうございました!

    作者からの返信

    最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

    ほわっとたのしい気持ちになっていただけたのでしたら、さいわいです。

    こちらこそ、ありがとうございました。

    2017年6月28日 08:12

  • 第4話 きちょうめんなところへのコメント

    うーん…………、もっとこう、にじりっと…………。
    じれじれが良い感じ( ´艸`)

    女性ならではの嫉妬。そして反省による成長……。なんだか、ぐっときますね!

    作者からの返信

    引き続き、コメントをありがとうございます。

    女性同士の嫉妬って、こじらせるとドロドロしちゃうので、打ち明けちゃいました。

    2017年6月28日 14:11

  • 第3話 絶妙な間合いへのコメント

    料理長にそう伝えておきます
    (≧∇≦)っ!!! あはははははは!
    これ、ずるい!
    ああ、笑った……。

    …………料理長にそう伝えておきます
    ( ´艸`)ぷふっ

    作者からの返信

    引き続き、コメントをありがとうございます!!

    料理長にそう伝えておきます、で笑ってくださり、ありがとうございます。では、料理長にそう伝えておきますね(笑)。

    2017年6月28日 08:08

  • 第2話 ぴったり15センチへのコメント

    初めてのタイプですね、サミュエルさん^^
    同じ言葉の繰り返し。そして曲げない執事魂。
    魅力的ですね~♪
    シリーズファンとしては、カナミア様とアイシアの会話がたまりませんw
    ほんと名コンビw

    作者からの返信

    引き続き、コメントをありがとうございます!!

    サミュエル、初めてのタイプです。曲げない執事です(笑)。

    カナミア様とアイシアの会話は、書いていてもとてもたのしかったです。ありがとうございます。

    2017年6月28日 08:06

  • 第1話 ぶっきらぼうなところへのコメント

    まったく同じ世界、同じシリーズの絵本なのに、色調が、フォントすら、ページを捲る音まで異なる、この微妙なさじ加減がたまりません!
    どこを切ってもカナミア様! 素晴らしい!
    そして……、ニヤニヤしてしまう展開ですね^^

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    どこを切ってもカナミア様です。

    おほめいただき、光栄です。

    2017年6月28日 08:04

  • 第5話 気がつくところへのコメント

    幸せ、いただきましたぁ*:.。☆..。.(´∀`人)
    どうもありがとう(*╹◡╹*)アリガト

    作者からの返信

    コメントをありがとうございます!!

    おそまつさまでした。最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

    2017年6月27日 19:56