世界が終わる瞬間は、君の手を握っていたい

作者 湖城マコト

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 終末の二人へのコメント

    分かっていながらも、最後まで何かを信じながら読んでしまいました。世界の滅亡の類はいくつかあると思いますが、このアイデアは斬新でした。

    作者からの返信

    結末は変わらなくとも、最期の時を誰とどのような形で迎えるのか。私自身も執筆しながら、色々と考えさせられる作品でした。

    終末という舞台は悲しくも、やはり魅力的でもあります。

    コメントをありがとうございました。

    2018年1月28日 17:39