親友が「旦那もらうね」と言った

作者 爾月吾華

気づかなくてごめんって、何回繰り返せばいいんだろう

  • ★★★ Excellent!!!

 無神経で浅慮、挙句の果てに自己管理もできない、というのは「平凡な」人の特徴です。わたしたちの多くは自分勝手に生きて、他人を傷つけたことにも気が付かないまま死んでいきます。
 今作は、そんな「平凡な」主人公と、他に類を見ないほど「有能な」親友の愛と復讐の話です。
とにかく話の筋、ネタが面白いです。こういったことが身近で起こる人はなかなかいないのではないでしょうか。
 文章としては、一番読者が知りたいところだけ濃密に、端的に書いてあるように思えます。最後までテンポよく読み進められました。

タイトルと一言紹介で「よくある話」と片付けず、まずは開いてみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒松きりんさんの他のおすすめレビュー 40