恋愛短編 『華道ガールと書道ボーイのミックス展覧会』

作者 くさなぎ そうし

表象として、心理として、絡まり合う要素

  • ★★★ Excellent!!!

すごい。端的に言ってすごい。
簡単に言うとすごい。
なんていう作品だろうか。

小説一冊読み通した気分になったが、
実際はわずかに1万5千文字弱。
膨大な重量である。情報量である。四次元的である。
実力ある俳優たちによる2時間ドラマ三本立てで
ようやく追いつくような情報量ではないだろうか。

物語の主題に導いて行く方法論も、これはもう真似できない。
文字という情報が画像、否、映像になる。
しかも美しい。一々、美しい。

文字数に騙されるな。
本作は、恐ろしく読み応えのある芸術作品である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一式鍵さんの他のおすすめレビュー 337