六六六黒教会―ロクミツクロキョウカイ―

作者 EITO

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ちょっとホラーっぽく始まり恋愛で終わりました。
『足リナイ脳ノ補イ方』読了後に読んだので、また泣かされましたがいい話です。
どちらから読んでも読めます。どっちかだけでも全然大丈夫な感じです。

何で契約者は8人なんだろうとか、何でこんな世にも奇妙な感じにしたんだろうかと思いましたが、最初から最後まで読んで謎が全て解けました。

口数が少なく無表情の六六六君。
それなのに存在感ありました。
オムニバスと言うことで一つ一つのストーリーを同じように進めていくかと思いきや、8パターンそれぞれの進め方があって飽きませんでした。

各ストーリーオチがあり、テレビドラマのようです。
最後は泣かされましたが。

個人的には、
第二の代償『手』のクソワナビの話がツボでしたw
よく書いたなw