「 蓮華の花守 - 闇への誘い《やみへのいざない》 」(十九)

 


「 あ~!!そうか! 睡蓮スイレンちゃんの名付け親か~!! 」


白夜ハクヤ睡蓮スイレンが知り合いと判り ――― 自身の既視感の正体が判ったナジュムは、雨と雷鳴が去った夜空と同じ様なスッキリとした表情で二人を見つめると、まま、会話の大部分を一人で喋り続けながら 最後には「 俺の事は、呼びにくかったら " ナジュミー " って呼んで良いから! 」と 自身の名前の通りに星を煌めかせた様な笑顔を見せ、ご満悦な様子でライル王子の部屋に戻って行った ――― 。



「 ――― 何処どこ行ってた? 」


ナジュムが戻るなり、御機嫌な様子の彼に ライルが何かを諦めた様な表情でたずねると「 仕事してたに決まってるじゃ無いですかぁ! 王子を探してる連中を呼び戻して、この後の予定も聞いて来ましたよ!? 」と揉み手しながら次の予定 ――― 女王との食事について説明を始めた。


「 ……また、あの女王と一緒か。 」溜息を吐くと、ライルは閃きの表情で「 仮病を使おう!? 風邪を引いた事にしてくれ! 」と言い放ち、寝台の上に飛び乗ると面倒事から解放された晴れ晴れとした表情でゴロゴロと寝転んだ。


「 いいや!まだ初日なんで、花蓮カレン女王の顔もアスワド王の顔も立てとか無いと! ――― それに、準備するほうの身にもなって下さいよ! 料理長なんか泣きますよ!? 可愛い女の料理長だったらどうすんですか!? 今日の所は女王とお食事して下さい!! 」


「 そうだな…! 女官があのレベルなら料理長も期待できるかもしれん……! 」

ライル王子が、まんまと釣られて支度を始める姿をナジュムは自身の的確な言葉選びに 若干、酔いしれながら温かな表情で見守り続けた ――― 。


「 見てねぇで手伝えよ! 」

「 いや、私の仕事は見守る事ですんで!? ――― お~い、誰か 手が空いてるのいる~!? 」





ナジュムと別れた後の睡蓮スイレン白夜ハクヤは 余り言葉を交わす事は無く、睡蓮は沈んだ表情のままで女王の部屋がある棟へと帰り進み ――― 到着すると、蒼狼せいろうの他に 夜間の見張りを務める黒曜こくよう桃簾トウレンの姿がった。


「 あ! 睡蓮スイレン~!! ――― どっか行ってたんだ!? お帰り~!! 」

桃簾トウレンが彼よりも大きな金属製のづちを持つ手を大きく左右に振るので、隣に居た黒曜こくようたまらず「 ちょっ…おい!落とすなよ!? 」と仰け反り、蒼狼せいろうも蒼褪めた表情で後退りした。


――― と、同時に女王の部屋から珠鱗しゅりんが蒼白の顔をうつむかせたまま歩き出て来ると、何時いつものにこやかで自信に満ち溢れていた彼女の様子とは違う事にの場の全員が気が付いた。


「 あの…珠鱗しゅりんさん、遅くなってしまって すみません!今から私も手伝わせて頂きますので…… 」


睡蓮スイレンさん……そうね、陛下はお着替えまで終えられていらっしゃるから出来る事は無いかもしれないけど……ご挨拶はしたほうが良いかもしれませんわ? 」


「 !? ――― 珠鱗しゅりんさん、血が……! 」


珠鱗しゅりんの右頬に薄く入った糸の様に細い赤い筋を見た睡蓮スイレンの言葉から白夜ハクヤ達は改めて珠鱗しゅりんの姿を眺め、何時いつもの様に身体の前側 ――― お腹の辺りで両手を組んでいる珠鱗しゅりんの指も傷を負っている事に気が付いた。


「 ……何かあったのですか? 」白夜ハクヤの言葉に珠鱗しゅりんは顔を俯かせて「 花瓶が……割れてしまって 」と細い声で呟きながら「 ごめんなさい、睡蓮スイレンさん……青睡蓮の花も無くなってしまいましたわ。 」と、顔を上げて悲し気な瞳で睡蓮のほうを見つめた。


「 それよりも、傷の手当てをなさったほうが……! 」


「 ええ、その為に 皆さんより先に退出するように云われて出てまいりました。 」


「 御一人で大丈夫ですか!? 」 ――― までとは違う珠鱗しゅりんの様子が気になった蒼狼せいろうが思わず声を掛けたが「 大丈夫ですわ。 」と、全員に背を向けたまま 薄暗い通路の奥の闇へと珠鱗は静かに消えて行った ――― 。



「 あの、白夜ハクヤさん…蒼狼せいろうさん… 女王様の御部屋に行って来ますので…――― 」


「 うん、待ってるよ。 」


睡蓮スイレンが通路の奥の闇へ消え行くのを見守ると、白夜ハクヤ蒼狼せいろうのほうを見つめた。


「 何か? 」

「 いや、後で ちょっと話が…… 」






「 失礼します。 」


睡蓮スイレンが女王の部屋の扉を開けると、黒羽が装飾されたあでやかな黒衣をまとう花蓮女王の姿がった ――― 。


「 ………何処どこに行ってたの? 」

女王は、紅魚ホンユイ緋鮒ひぶなの言葉を忘れてしまったかの様に睡蓮スイレンを責める眼差しで見つめた。


「 申し訳ございません…!女王陛下が戻られるかもしれないと思って、ずっと待ち続けておりました。」


睡蓮スイレンが自分を待ち続けていたと言いながら一礼する姿に、うっとりとした恍惚の表情を浮かべると、花蓮カレン女王は何時いつもに増して華やかな笑顔を浮かべて「 ……良いわ、許してあげる! ――― ねぇ見て? 似合うかしら!? 」と、睡蓮スイレンに装束

――― 新しく施した爪の装飾 ――― そして、短めの裾から覗く自身の美しい脚と履物を見せた。


「 はい! とてもお似合いです! 」


「 うふふ…!そうでしょう? 私は何を着ても似合うもの!! 」


姿見で自身の姿では無く、背後で微笑む女官着姿の睡蓮スイレンを見つめて満面の笑みを浮かべると、花蓮女王は万能感に満たされて上機嫌のまま 何時いつもに増して緊張した様子の紅魚ホンユイ緋鮒ひぶなを連れてライル王子との食事へ向かった ――― 。



女王が部屋を出たのを確認すると、蝶美チョウビは無意識に緊張をやわらげる為の深い溜息を吐き ――― ぐにまでと同じ様に睡蓮スイレンに微笑んだ。

睡蓮スイレン、寝台を整えるの手伝ってくれない? ――― みんな 他の事に精一杯で手がまわらなかったの! 」


女王による珠鱗しゅりんに対しての奇行にも似た振る舞いに気付いていない訳では無かったが、蝶美チョウビは 大好きな女王を悪く言いたくも無ければ、大好きな珠鱗しゅりんの居ない所で彼女の噂話もしたくは無く ――― 大好きで友達だと思っている睡蓮スイレンに無用な恐怖心を植え付けたくは無かったので、笑顔の下に芽生えた 微かな不安を押し殺して微笑み続けた。

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!