「 睡蓮の記憶と花蓮の記憶 」

 

「 ――― と、云う訳で御二人は夫婦も同然なんですよ。 」


「 それ マジなの!? 睡蓮スイレン、やるぅ~! 」


「 おい、デタラメを教えるな! 」


蝶美チョウビに『 一緒に住んでいる理由 』を聞かれ、瞳をぱちぱちとさせて言葉を失った白夜ハクヤ睡蓮スイレンの代わりにテキトーに答えた蒼狼せいろうが案の定、白夜ハクヤに怒られる。

四名は宮廷にある臣下達が利用する食堂で同じ円卓の席に座って昼食をとっている所だ。



蝶美チョウビは、女王の着替えに関する仕事を中心としているので、他の女官達より睡蓮スイレンの面倒を見る時間がある ――― と、言うより、彼女は自身と ニ・三歳程度しか歳の変わらない睡蓮スイレンの事を " 新しく出来た友達 " と認識しており、単に 仲良くしようと思ってるだけだ。


出鱈目デタラメじゃ無いでしょう!? 海の話しますよ!? ――― 痛っ!!」


白夜ハクヤ蒼狼せいろうを軽く小突くと、睡蓮スイレンのほうを見た ――― 赤くなった顔を両手で覆ってうつむいてしまっている。

( ――― だと、思った睡蓮スイレン! まさか、俺の事をまた避けないだろうな…… )


白夜ハクヤが心配そうに睡蓮スイレンを見つめていると、彼女が「 ……白夜ハクヤさんには桔梗ききょうさんがいますものね? 」と困った様に顔を上げたので白夜は瞬時に凍り付いた ――― 。


睡蓮スイレン…… やっぱり、あの時 聞いてたのか… ――― )


桔梗ききょうさんって? 」 ――― 蝶美チョウビ蒼狼せいろうが声を揃える。


「 この髪飾りの持ち主です。 」


「 そうなんだ!? ――― アタシも会ってみたいなぁ…! その人、オシャレでしょ!? 」


白夜ハクヤさん……後で説明してもらいますよ? 」と、女性の事に関しては白夜ハクヤ銀龍ぎんりゅうと並ぶ逸材と認識した蒼狼せいろうは、呆れ顔で呟く様に白夜にそう告げた。

白夜と銀龍じゃ無かったら、彼は剣を抜いて二人を成敗している所だろう。



「 ねぇねぇ、二人は仕事どうだったの? 慣れた? 」

沈黙している睡蓮スイレン白夜ハクヤの二人に全く気付いていない蝶美チョウビと、気付いて、少し責任を感じている蒼狼せいろうが会話を続ける。


「 ……慣れるも慣れないも突っ立ってるだけなんで ――― ところで、何で通路にあんなに鏡があるんでしょう? 」


「 あぁー…アレかぁ。こないだからだよ? 模様替えかなぁ? キレイだよね! 」


花蓮カレン様の御部屋には、晦冥カイメイ様がいらっしゃる事はあるんですか? 」


「 あるある! て言うか、女王さまのお部屋の近くに晦冥カイメイさまのお部屋もあるよ? 」


「 えっ!? あそこ 王族の方々の居住棟じゃ ――― ? 」


「 ? ――― よくわかんないけど、晦冥カイメイさまが使ってるお部屋があるのはホントだよ? 」




「 仕事部屋か何かでしょうか? 」蒼狼せいろうが深刻な表情で白夜ハクヤと顔を見合わせて小声で話し始めるが、白夜ハクヤのほうは小声で話す前から 桔梗ききょう睡蓮スイレンの事で深刻そうな顔をしている。


睡蓮スイレン、どしたの? それマズかった? 」――― 食が進んでいない様子の睡蓮スイレンを見て、蝶美チョウビが心配する。


「 いいえ…! そんな事は…… 」


睡蓮は、単に海で助けて貰った話を思い出し ――― ついでに、夢の中の白装束の男の事も思い出して、隣に座っている白夜ハクヤそばから早急に逃げ出したいだけである。

彼女は " 晦冥カイメイも女王の部屋を出入りする事がある " ――― と、いう自身にとって重要な話を聞き逃してしまっている様だ。


「 ここ、こないだから料理長さんが変わっちゃったらしいんだよねぇ? ――― アタシも前の味のほうが好きだったんだけどさぁ…… 」






―――――― 酉の中刻(十八時頃)


紅の空に蒼が混ざり始めた夕刻、睡蓮スイレン ――― 女官達は、女王の湯浴みと着替えの手伝いでの日の仕事は完遂となる。

女官長の珠鱗しゅりんは夜間も仕えなければならず、現在は見合いの準備もあるので帰れない者もいるが睡蓮スイレンの初仕事は間も無く完遂である。



「 ……睡蓮スイレン ――― ここでのお仕事はどうだった? ちゃんと出来そう? 」

自身の身体よりも大きく華美な鏡台の椅子に座り、蝶美チョウビに櫛で髪をかせながら花蓮カレン睡蓮スイレンに話しかける。


「 はい…!何とか ――― 頑張ります! 」


睡蓮スイレンの返事に花蓮カレンは楽しそうに「 ふふふ……! 」と、花の様に笑いながら続ける「 あなたはおうちに帰るんだったっけ? ずっとお家から通うつもりなの? 」


「 はい…! 」


花蓮カレンは何も言わず、目の前の鏡台の鏡に映る 自分の背後に立っている睡蓮スイレンの姿をじっと見つめた。



睡蓮スイレンさんは、ご自分の恩人 ――― 知人の武官のかたのお家に住んでいらっしゃるのですよ! 」と、珠鱗しゅりんが睡蓮と花蓮の両方を見ながら微笑む。


「 知人の武官……? 」 ――― 花蓮カレンは、思わず眉をひそめた。

彼女は、白夜ハクヤに関する記憶を湯浴みで洗い流したかの様に綺麗サッパリ忘れてしまっており、れが誰の事なのか本気で見当もつかずにいた。


「 そうそう!白夜ハクヤさんって言って、今日から晦冥カイメイさまに仕えてるそうですから女王さまも そのうち会えますよ? 」微笑みながら蝶美チョウビ花蓮カレンの洗い立ての美しい黒髪を整え終わる。


「 どうして、その人の家にいるの? 」 ――― 本日、睡蓮スイレンとあまり接点の無かった緋鮒ひぶなが素朴な疑問を問うと「 その方のお父様が診療所の先生でお世話になってるんですって! ――― 睡蓮スイレン、過去の記憶が無いらしいのよ。 」と、紅魚ホンユイが睡蓮に聞いたままを答える。


「 え…?そうなんだ……睡蓮スイレンちゃん、見かけによらず苦労してるっぽいね…… 」緋鮒ひぶなは瞳と口を大きく開き、ぽかんとした表情で睡蓮を見つめた。



―――――― " でも、どうして そのような身元不明者が陛下の女官に……? " と、


緋鮒ひぶな紅魚ホンユイ ――― そして、僅かに珠鱗しゅりんまでも思ったが、睡蓮スイレンを蔑視する様な物言いにもなり ――― そもそも彼女を女官にしたのは女王の考えと聞いているので 、三名はその想いを胸に秘めたまま 花蓮カレン睡蓮スイレンの両者を見つめた。



「 ……何も覚えてないの? 」 ――― 何時いつもの呟く様な細い声で花蓮カレンが訊ねる。


「 !? ――― 私ですか? はい、何も…… 」


返答しながら、睡蓮スイレンは女王の部屋への通路に既視感を覚えた事を思い出したが口にはしない。

花蓮カレンは何も言わず、目の前の鏡に映る 自分の背後に立っている睡蓮スイレンの姿を不安げな瞳で見つめ続けた ――― 。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人