「 既視感 」



「 デカい… 」


「 デカいな…… 」


晦冥カイメイに仕える、若く麗しい四名の武官の青年達が物珍しそうな顔で白夜ハクヤを囲んで彼を見上げ、白夜ハクヤの腕や脚をペタペタと触りまくっている ――― 。


「 あの、触るのはやめてくれる? 」



晦冥カイメイ様と同じ位の高さじゃないかな? 」

「 そうだね…同じ位だね。 」と、四名の内の二名が顔を見合わせてうなづきながら納得する。



「 えっと…白夜ハクヤ蒼狼せいろうは、とりあえず見張りから始めるように言われているよ。――― じゃ、よろしく! 」


「 それだけ!?……皆さんの名前くらい教えて頂いても良いですか? 呼ぶ時、困るでしょう? 」


なかなか名乗ろうとしない四名に蒼狼せいろうが訊ねると「 ああ……なるほど、名前…… 」と、感心した様子で一人が頷いた。


「 それもそうだね。僕の名は…… " 藍晶らんしょう " です。」 ――― と、どちらの名前・・・・・・を言えば良いのか一瞬、考えてから藍晶らんしょうが名乗る。


「 " 翡翠ヒスイ " だ! 」


「 " 黒曜こくよう " …… 。」


「 " 桃簾トウレン " でぇ~す! 」



「 何か皆さん、源氏… ――― 綺麗な名前だね? 」と、白夜ハクヤが率直な感想を述べると自己陶酔の気がある翡翠ヒスイが得意気に「 まぁね! 」と答え、品は良いのだが気位が高そうな藍晶らんしょうが「 御二人のお名前も美しいではないですか? 」と笑顔で返した。


「 そうだね、御二人は そのままのお名前でイケるかも? 」 ――― 桃簾トウレン黒曜こくよう が顔を見合わせて、子供の様に無邪気に笑う。




( ……なんか、皆 顔の雰囲気が似てるな。 )

白夜ハクヤは同じ様な顔と 少年にも見える身体をした四名の青年達をじっと見つめる ――― ( なんだか、弟が何人も出来たような気分だ ……。 )



「 …… お前は すぐに馴染めそうな気がする。 」


「 どういう意味ですか? 」 ――― 蒼狼せいろうは四名に負けない程の美しい顔をしかめっ面にして白夜ハクヤを見上げた。







「 あら、似合うじゃない!素敵よ!睡蓮スイレン

睡蓮の女官着姿を見た、女官四名の中で年長者の『 紅魚ホンユイ 』がニコニコと笑顔でそう告げると「 髪はどうしよっか? アタシがやってあげるよ! 」と、結髪けっぱつ や 化粧、爪の装飾が得意な『 蝶美チョウビ 』が名乗り出る。



「 あ… 髪飾りを持って来ていますので ――― 」

睡蓮スイレンは、返し損ねたままになっている桔梗ききょうの髪飾りを取り出した。


現在の睡蓮スイレンは他の自分の髪飾りも持っており、桔梗ききょうから借りた髪飾りは大切に仕舞っていたのだが、先程 白夜ハクヤが言っていた様な " お守り " の様な気持ちで知り合いである桔梗ききょうの髪飾りを選び持って来ていた。

睡蓮スイレン自身は選んだ理由など考えてもいないが、晦冥カイメイと会うかもしれない不安から、無意識に何かすがれる物が欲しかったのだと思われる。


白夜ハクヤさんの貝殻と、桔梗ききょうさんの髪飾りと一緒に頑張らなくては……! )


「 まあ!素敵な髪飾りですわね…! 」「 本当!どこで買ったの? 」と、女官長の珠鱗しゅりん紅魚ホンユイの二人が瞳を輝かせる。


「 すみません……! 知人にお借りした物なので どこで買われたかまでは…… 」


「 アタシも、ホントはこ~んな感じの装飾が好きなんだけど、女王さまは黒が好きだから合わない飾りは使えなくって…! 」 ――― 蝶美チョウビは、桔梗ききょうの髪飾りに心弾ませながら睡蓮スイレンの髪をまとめた。


「 似合うじゃん! さすが、蝶美チョウビだね! ――― じゃあ、睡蓮スイレンちゃん 改めてヨロシクね!? 」

" 明るい " を通り越して、陽気な雰囲気の 『 緋鮒ひぶな 』が睡蓮に笑顔を向ける。



自分より年上の四名の女官達を見ながら、睡蓮スイレンは( なんだか、お姉さんが四人できたような気分……! )――― と、思わずにはいられなかった。




リエン国の王が女性になったのは数十年ぶりの事であり、しかも、まだ十五の若い少女が王位に就くのは初めての事である為に、女王付きの女官の仕事に関しては睡蓮スイレン以外の四名も まだ手探りの状態である。

現在は主に、女王の私室等の掃除や備品の管理、着替えや結髪の手伝い、そして、晦冥カイメイも関わる事になる女王が印を押さなければ成らない文書など書類の整理と女王の予定管理等を中心に行っている。


睡蓮スイレン一先ひとまず、女王の私室の掃除と常時 必要な備品を覚える事から始める事になった。

――― まだ初日と云う事もあり、紅魚ホンユイ蝶美チョウビが一緒だ。

女王の部屋の鍵は、女官長の珠鱗しゅりんから紅魚ホンユイが責任持って預かっている。



女王の部屋に向かう途中 ――― 睡蓮スイレンは、出入り口で見張りを行っている白夜ハクヤ蒼狼せいろうの姿を見つけた。

白夜ハクヤ蒼狼せいろう睡蓮スイレンの姿を見つけると、白夜は彼女の無事な姿を見て安心する ――― 。



「 やあ、睡蓮スイレンさん! 」――― 新顔と思われる麗しい蒼狼せいろうが片手を上げて睡蓮に挨拶したので、先頭の紅魚ホンユイは立ち止まって「 知り合いなの!? 」と驚いた顔で睡蓮に確認する。


「 はい ――― お二人にはお世話になっております! 」


「 ええっ!? こっちも知り合いなのっ? 」紅魚ホンユイは更に驚きながら白夜ハクヤの姿を見上げると「 今日は新顔ばっかりね! ――― 紅魚よ、よろしく! 私達は女王陛下の女官だから名前は忘れても良いけど、顔は覚えてね。ここよく通るから、立ち止まらせないでよ? 」と白夜と蒼狼に上品な笑顔で挨拶した。


「 アタシ、蝶美チョウビ! ――― 背が高いね!晦冥カイメイさま みたい! 」

明るい笑顔で晦冥の名を口にした蝶美に、睡蓮スイレン白夜ハクヤ蒼狼せいろうの表情は笑顔のまま固まったのだが、蝶美チョウビは気にせず(気が付かず)無邪気な笑顔を浮かべていた。



睡蓮スイレン ――― 終わったら迎えに行くからね。 」


「 はい! 」


白夜ハクヤに返事をして、女王の部屋へ通じる廊下に足を踏み入れた瞬間、睡蓮スイレンの廊下 ――― 部屋への通路の造りを知っている様な気がした。



( ……!? ――― 通った事がある……ような……? )



ず、一つ目の扉がり、

の扉を開けると、少し離れた所に二つ目の扉がり、

の二つ目の扉の向こうに、ようやく部屋と呼べるような場所が現れる ――― 。




自分が想像した通りの造りだった事に、睡蓮スイレンは 何とも言い難い気持ち悪さを覚える。


「 ……ここが… ――― 女王陛下のお部屋なのですか? 」


「 そうよ? 以前は 女王様のお母様 ――― 王妃様が使われていたんですって。 」


「 こないだまでは王妃さまが亡くなられた時のまんまだったけど、女王さまのお部屋として このお部屋を使うようになったんだよ! 」


( 王妃様のお部屋……!? そんな場所に私が行くはずは無い……わよね? )



「 ねぇねぇ、さっきの迎えに…ってやつ なぁに? あの人 睡蓮スイレンのカレシなの? 」蝶美チョウビがニコニコと楽しそうに睡蓮スイレンに訊ねる。


( ――― 枯れ死? ……辛子カラシ? …軽石かしら? 蝶美チョウビさんの言葉は まるで、日葵ひまりさん や 姫鷹ヒメダカ先生みたい……。 )



「 それは私も気になってる所だけど、まずは仕事よ! ――― 睡蓮スイレン、こっちに来て! 」


「 はい…!! 」


女王の部屋の中を見渡してみたが、部屋の中には 当然 見覚えが無く ――― 睡蓮スイレンは、どうして部屋に入室する迄の通路に既視感を覚えるのだろうかと考えながら紅魚ホンユイの説明を聞いていた ――― 。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人