第三章『 泥中之蓮 』

「 " 女王陛下 " 」



――― 翌日、白夜ハクヤ睡蓮スイレンを連れて謁見えっけんの間に向かっていた。


「 そうだ、睡蓮スイレンこれを ――― 」白夜ハクヤは立ち止まって、真っ白な貝殻を睡蓮スイレンに手渡す。


「 今朝、海で拾って来たんだ。貰ってくれる? 」


「 はい…!もちろんです!ありがとうございます……!」


「 昔は、白い貝殻は魔除けだったって話を思い出してさ。本当に効くのか判らないけど、お守りに。」


「 お守り…… 」


「 今日はそのままだけど、今度、身に着けやすいように どこかで加工してもらおう。 」


「 はい…!大切にしますね! 」睡蓮スイレンが嬉しそうに微笑んで自分のほうを見上げたので白夜ハクヤも微笑む。

うつむきがちな睡蓮スイレンの顔を、できれば笑顔で ――― どうやって上向きにさせるか探究中の白夜ハクヤは、の様子に満足した。



( 白い貝殻……そういえば、夢の中の男性も白のころもだった……。 )

夢の記憶を思い出した睡蓮スイレン は、何となく 白夜ハクヤの腕を見たのだが、夢の中の男性の腕と長さや太さが違う様な気がして小首を傾げた。


「 ? ――― 何?どうしたの? 」


「 いいえ、何でもありません…! ――― 今朝も、海にお散歩に行かれたのですか? 」


「 うん。昨日の雨で 海水はちょっと濁ってたけどね。 」


彼女は、また直ぐに貝殻のほうを見つめ始めてしまったが、嬉しそうな様子なのは明らかなので白夜ハクヤは 彼女の其の様子を暫く眺めていた。




「 新しい女官の方ですね? どうぞ中でお待ちください。 」 ――― 謁見の間の扉の前に立つ、若く麗しい男の武官が睡蓮スイレン白夜ハクヤに美しい笑顔を向ける。


「 それじゃあ、睡蓮スイレン 、終わるまで俺もここに居るけど…――― また後でね。 」


「 はい……! 案内してくださって、ありがとうございます。 」


「 何かあったら大声を上げて逃げるんだよ? 」 ――― " 俺が救命処置の話をした時みたいに "・・・と、言いかけて彼は言うのを止めた。


「 はい…! 」



――― の後、睡蓮スイレン白夜ハクヤに貰った貝殻をころもの中に仕舞い持ち、独りで謁見の間に入って行った。


が差し込んでいて明るいが、他に誰もいない事が 少しだけ睡蓮スイレンの不安を煽る ――― 。

白夜ハクヤ秋陽しゅうように、独りになるなと 耳にタコが出来そうな程に何度も言われていたのに、早速、独りなってしまっている・・・・。


( どうか、晦冥カイメイと云う方が 真っ先にいらっしゃいませんように……! )



暫く待つと、睡蓮スイレンが入って来た扉とは別の扉から四名の女性達が現れ、の中に店屋みせやで出会った珠鱗しゅりんの姿を見つけ ――― 睡蓮スイレンようやく心を落ち着かせる事が出来た。


「 あら…? 睡蓮スイレンさん!? ――― ひょっとして、新しい女官の方ってあなたですの!?」


「 はい…! ――― 珠鱗しゅりんさん、お久しぶりです。 」


「 まあ! これは嬉しいご縁ですわ! お元気でしたか? 睡蓮スイレンさん 」


珠鱗しゅりんさまぁ、この方とお知り合いなの? 」 ――― 女官の一人『 蝶美チョウビ 』が 不思議そうな顔で珠鱗しゅりんに訊ねる。


「 ウフフ…♪ 先日ちょっとね! でも、そのお話は後程 お話しますわ。 ――― さあ、皆さん まずは 女王陛下をお待ちしましょうね! 」



――― また 暫く待つと、女王の入室を知らせる鈴や鉄琴の音の様な高音が鳴り響き、入り口に居た者とは別の二名の若く麗しい男の武官を引き連れて花蓮カレン女王が現れた ――― 。

女王は人前に出るのが嫌いではあるが、人前に出ると分かっている時には必ず彼女の自慢の脚が見える衣に身を包んでいる。

そして、今日も女王の装束の色は黒である。



睡蓮スイレンさん、先日は悲鳴をあげてごめんなさい……! ――― 晦冥カイメイの言う通り、驚いてしまって…… 」


晦冥カイメイの名が睡蓮スイレンの心の中を僅かに刺激したが、先日とは打って変わり、俯きがちで か細い声ながらも、にこやかに話しかけて来た花蓮カレンの姿に彼女に膝まづいている睡蓮スイレンの緊張も少しずつ和らいで行く ――― 。


「 いいえ……私のほうこそ、驚かせてしまって申し訳ございませんでした。 」


「 分からない事は、何でも そこに居る珠鱗しゅりんに聞いて!女官の仕事は 彼女の真似をすればいいから。 」


「 はい…! 」


「 あなたの事を 今から " 睡蓮スイレン " って 呼ぶね? 」


「 はい…! 」


「 私の事は " 女王陛下 " と 呼んでね? ――― 皆、 花蓮カレンって呼ぶけど、嫌いなのアレ。 」


「 ……はい…! 」 ――― 先日、名前で呼んでしまった事を思い出し、花蓮カレン女王に不快な想いをさせてしまったのだなと睡蓮スイレンは思わず反省した。

出会った人達や、即位式で見かけた人達は「 花蓮カレン様 」と呼んでいたので、女王自身がの事を好ましく思っていなかったのは意外でもあった。


「 じゃあ、睡蓮スイレン ――― 呼んで? 」


「 え…? 女…女王陛下。 」


膝まづいたまま自分の事を女王陛下と呼ぶ睡蓮スイレンの姿を見終えると、花蓮カレンは満面の笑みを浮かべたが何も言わず ――― 勝ち誇った様な勇ましい表情で足早に謁見の間から出て行った ――― 。




( ? ――― 今の最後のは何だったの……? 呼び方の確認…??? )


「 さあ、睡蓮スイレンさん!まずはお着替えですわよ! 」


睡蓮スイレンは、珠鱗しゅりんと他の女官達に連れられて、彼女達がやって来たほうの扉の向こう ――― 王族の居住棟とへ足を踏み入れた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人