「 睡蓮花 - 長い一日 」(一)



「 あれ? なんで また戻って来てんの!? 」


医院から白夜ハクヤの家へ向かう途中の東雲シノノメは、進行方向から白夜ハクヤ睡蓮スイレンが歩いて現れたので、先程、二人と遭遇した時とは真逆の方角と位置に立ち止まった。


「 ――― あと、君は誰? 」


蒼狼せいろうと言います。初めまして! 」 ――― 東雲シノノメの問いに、蒼狼せいろうが爽やか笑顔を浮かべて答えた。


彼は、睡蓮スイレンが逃げて行った所も、の後、白夜ハクヤ晦冥カイメイが会話しながら何処どこかに歩いて行ったのも見届け ――― 暫くしてから、花蓮カレン女王と晦冥カイメイの二人と云う滅多に目にする事が出来ない二人組が揃って戻って来たので度肝を抜かれたかと思いきや、の直後に、白夜ハクヤと憔悴しきった睡蓮スイレンが戻って来たので、本当は仕事を終えて帰る所だったのだが " 何かあった " と 勘付いたのと、僅かな好奇心から白夜ハクヤ睡蓮スイレンに付いて来たのだ。



「 俺は東雲シノノメです。初めまして 」


「 知ってますよ、墓守の方でしょ? ――― 親戚の葬儀の時にお世話になりました! 」


「 そうなんだ? 」


「 二人共、立ち止まるな!医院で話せ! 」


――― そう言った白夜ハクヤの手が、てのひらを握ってはいないものの、睡蓮スイレンの手首を掴んでいるのを目にした東雲シノノメは、桔梗ききょうの話はどうなったのかと疑問に思い始めていた。

彼は、白夜ハクヤ桔梗ききょうが揉めた時は何時いつだって 妹の様な存在で女性でもある桔梗ききょうの味方をして来たので、今回も そのつもりでいる。


「 医院って…、俺 いま医院を出て来たんだけど ――― 何かあったの? 」


「 僕も詳しくは知らないんですけど、白夜ハクヤさんの彼女が怖い思いをされたそうで…… 」

東雲シノノメの声が聞こえていない白夜ハクヤの代わりに蒼狼せいろうが答えたのだが、東雲シノノメは困った様な顔をして蒼狼せいろうの勘違いを訂正した。


「 いや、あの娘は……まあ、彼女と言えばそうなんだけど ――― 白夜ハクヤの彼女は別にいて…… 」


「 えっ!? ――― 二股ってやつですか……!? 白夜ハクヤさんて真面目そうなのに意外だな……。 」


「 いや、それも違うんだけど…――― ところで、君は何なの? あの二人の知り合い? 」


「 あ、白夜ハクヤさんの武官仲間です。 ――― 一応。 」


――― 三人と一人が 医院に出戻ると、男性の割合が多い の顔ぶれに姫鷹ヒメダカこぶしを振り上げて歓喜の雄叫びを上げたので、医院中の医師や看護師達がぎょっとした顔で医院長室のほうを見ては溜息を吐いた。


「 よっしゃあぁぁぁっ!!! コレ!! コレよぉぉぉっ!? この瞬間の為に、あたしは今まで頑張って睡蓮スイレンちゃんを助けて来たのよぉ!! ――― さあ!誰!? 誰から診察すれば良い訳!?」


瞳をギラつかせ、明らかに興奮状態で自身の義足まで はしゃがせる姫鷹ヒメダカの異様な姿に、東雲シノノメは慣れてるので 相変わらずだなぁと云った様子でニコニコしているが、白夜ハクヤは身の危険を感じて後退り、蒼狼せいろうは思わず自身の剣を抜こうとした ――― 。


「 先生、お気持ちは解かる…解かりますけど、まずは仕事しましょう? ――― 何があったんですか? 」


葵目アオメの問いに、白夜ハクヤ一先ひとま晦冥カイメイの名前を伏せて睡蓮スイレンに何が起こったのかを説明する事にした ――― 。

先程が初対面の筈の晦冥カイメイ睡蓮スイレンが怯えるのは、彼女の過去の記憶が関係している様な気が白夜ハクヤはしていた。





「 ―――…そうね、あなたの言う通り、過去の記憶がそうさせたんじゃ無いかしら? 」

姫鷹ヒメダカの言葉に、睡蓮スイレンうつむき気味だった顔を上げ、「 過去の記憶ですか……? 」と、姫鷹ヒメダカの顔を真っ直ぐ見つめた。


「 あなた、その人と会った事があるんじゃないかしら? ――― それか、とても よく似ている人を知っている。 ――― で、そいつに何か酷い目に遭わされたのかも…? ほら、首とかに…… 」


睡蓮スイレンの身内と呼べる人間だけでは無さそうなので、姫鷹ヒメダカは睡蓮のあざの事をふせて、そう告げた。


蒼狼せいろうは何の話だかサッパリ理解出来ずにいたが、東雲シノノメ晦冥カイメイの話だと勘付き、白夜ハクヤ睡蓮スイレンの身体に付いていた酷い痣の跡と、先程まで目にしていた晦冥カイメイの表情を思い返すが、晦冥カイメイ睡蓮スイレン以上に読めない所があると感じていた。



「 心が忘れていても、習慣にしていた事とかを体のほうが覚えてる時があるの。 ――― あたしも こないだ知ったんだけど、人間の記憶には いろいろ種類があるそうなのよ。 ――― 睡蓮スイレンちゃんが覚えていたり、いなかったりするのは きっと、そのせいね。 」


「 先生も、そんな事を言っていたな……。 」


秋陽しゅうよう先生? 」


「 はい。 」


東雲シノノメの言葉に、姫鷹ヒメダカは " 自分の読みは当たっているようだな " と納得する。


葵目アオメ、ちょっと 東天光トウテンコウ 呼んで来て。 」


「 はい。 」


葵目アオメ東天光トウテンコウと呼ばれる人物を呼びに行くと、状況を呑み込めていない蒼狼せいろうが質問を投げかけ始める。


「 あの、お話中の所 すみません……そのかたは記憶喪失か何かなのですか? 」


「 はい…… 」――― 睡蓮スイレン自身が答える。


「 そうですか……それじゃあ、何かと大変でしょう? ――― 僕は蒼狼せいろうと言います。白夜ハクヤさんと同じ武官です。よろしく! ――― 何か困った事があったら、僕で良かったら何時いつでも力になりますよ? 」


睡蓮スイレンと申します。 ――― ありがとうございます。蒼狼せいろうさん 」


自身の目の前で二人が軽く頭を下げる様子を白夜ハクヤは黙って見守っていたが、黙ってられない人物が口を開く。


「 あたしは姫鷹ヒメダカね!! ――― よろしく、蒼狼せいろうくん! 」


「 あ……はい! ――― よろしくお願いします! 」


「 ほら!白夜ハクヤくん、あなたも名乗りなさい!! ――― 名前は!?年齢は?どんな女性が好み?身長いくつなのそれ!? ちょっと胸板 測っても良いかしら!? ――― ほら、何もしないからこっち来いっ!! 」


「 ――― 既にご存じのようなので、名乗る必要無いですよね……? 」


白夜ハクヤさん、睡蓮スイレンさんが恐怖を感じる人って どっち・・・の事? ――― 俺、あなた方が戻って来る前に戻って来た御二人を見てるんだよね……。 」


先程までは話に付いて行けなかったものの、勘の良い蒼狼せいろうは事態を呑み込み始めていた。

丁度、姫鷹ヒメダカから逃げたかった白夜ハクヤは彼の言葉に耳を傾け、彼を見つめる ――― 。


「 いいから、いいから全部 言っちゃいなさい! 守秘義務があるから大丈夫!!あんた達も口は固いでしょ!? 自信無い子は出てって! ――― で、どんな女が好きなの? 」


「 そっちですか? 」


――― 蒼狼せいろう姫鷹ヒメダカに突っ込みを入れたのと同時に、葵目アオメと一人の女性が現れる。


「 先生ー 何か用ー? 」


東天光トウテンコウ!ちょっと加わって!! 」


葵目アオメと一緒に部屋に入って来た『 東天光トウテンコウ 』と言う名の女性は、専門では無いものの脳神経の症状を診るのが得意の医師で、少々 じとっとした目つきで気怠そうではあるが、誰が見ても宮廷務めと思わせる貴重品である眼鏡をかけており、姫鷹ヒメダカの独身仲間でもある。

ただ、姫鷹ヒメダカより東天光トウテンコウのほうが若く ――― の事で二人が衝突する事も少なくは無い。


「 あー…あの、いきなりで悪いんですけど、その 目の所の硝子。それって どこで手に入るんですか? 」


秋陽しゅうようが欲しがっていたのを思い出し、白夜ハクヤ東天光トウテンコウに眼鏡の事を訊ねると、東天光トウテンコウは " まさか、それだけの為に呼ばれたのか… " と、ちょっとイラっとしながら面倒くさそうに答え始めた。


「 んー? ああ、これね。……やだっ!あなた 近くで見ると綺麗な顔してるじゃないの!? 」

白夜ハクヤの顔を見た瞬間、東天光トウテンコウの中の面倒くささと気怠さはどこか吹き飛んだ。

目の悪い彼女が眼鏡越しに部屋を良く見てみると、顔なじみの東雲シノノメや 年下に見えるが美形の剣士っぽいの( 蒼狼 )も居るのが見え ――― 若い女の子( 睡蓮 )も一人居ると ようやく彼女は認識した。


「 どう?東天光トウテンコウ ――― ヤバいでしょ? 」


「 ヤバいですねぇ……! 」


二人の女性医師が、医院に久し振りに現れた若い男達に瞳を輝かせて華やぐ姿を見て、――― " まさか、この先生 これだけの為に呼ばれたのか・・・ " と、白夜ハクヤ蒼狼せいろうは医院(医院長)に不安を感じ始めたが、慣れている東雲シノノメは ニコニコと微笑みを浮かべ ――― 睡蓮スイレンも初めて会った東天光トウテンコウに興味津々で笑顔で彼女を見つめていた。

直感的に、ままではらちが明かないと判断した蒼狼せいろうは、自分が仕切る事を決意する。


「 皆さん、そろそろ 話を戻しましょうよ? 睡蓮スイレンさんはどなたが怖いんですか? ――― 睡蓮さん、言いたくないかもしれないけど……教えてもらっても良いですか? 」


「 おい、無理に言わせようとするな……! 」


「 良いんです、白夜ハクヤさん ―――…お話します。 」


睡蓮スイレンは、少しずつ・・・ぽつりぽつりと呟く様に、の場の全員に晦冥カイメイの事を話し始めた。

以前、秋陽しゅうよう日葵ひまりに話した時と同様に、黒い矢の話も交えながら・・・・―――



 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!