「 不可解な鏡 」(四)

 


東雲シノノメ桔梗ききょうが帰って暫く経った後 ――― 睡蓮スイレン白夜ハクヤいえにあった正方形の鏡を手に持ち、浮かない表情で自身の顔を見ながらまでの事を思い返していた。

――― 因みに、秋陽しゅうようはご機嫌で食事の支度をしている。



( 私が誰かを思い出そうとしたのは、白夜ハクヤさんと先生と桔梗ききょうさん…… )


年齢も性別も違う三人に誰が重なったのか ――― 考えても全く判らなかったが、白夜ハクヤ秋陽しゅうようが血縁者である事は 何か意味があるのでは無いかとも思え始めていた。


白夜ハクヤさんはころもを着せてもらった時だったかしら…? 後ろ姿……? ――― 先生は光昭こうしょうさんを上手く誘導されて笑顔になられた時……桔梗ききょうさんは、髪を束ねてくださった時……? )


しかし、ころもを着せるのは日葵ひまりもしてくれた事で、東雲シノノメにも髪をさわられたばかり ――― 他の人物の後ろ姿や笑顔も目にしているのに、どうしての三人だけなのか 睡蓮スイレンには全く解らなかった。


( あとは ――― あの晦冥カイメイと言うかた…… )


晦冥カイメイを思い出しただけで、睡蓮スイレンは胸の傷がうずいたのを感じ、鏡を持つ手も僅かに震える・・・――― 。


( 初めてお会いしたはず……よね? 何がこんなに恐ろしいのかしら……――― " 赤色 " …? )




「 ただいま 」

「 !! 」


白夜ハクヤいえに帰って来るなり、睡蓮は無意識に手に持っていた鏡で自身の身だしなみを確認するとの鏡を盾にする様に顔の前に掲げ ――― 白夜ハクヤが現れる方向から自身の顔が見えない様に顔を隠した。



( !? ―――……あれは何をやっているんだ? )白夜ハクヤは眉間にしわを寄せた表情で睡蓮スイレンを眺めた。

彼には睡蓮スイレンまた・・鏡を握って何かやっている様に見えている。


睡蓮スイレン? ――― ただいま 」


「 お…おかえりなさいませ!! 」


鏡で顔を隠したまま睡蓮スイレンは頭だけでお辞儀し、白夜ハクヤ睡蓮スイレンの所をそのまま通り過ぎて行き ――― 秋陽しゅうようのいる水屋(台所)へ向かうと紅炎コウエンに食事をさせたかどうかを父親に訊ねた。



「 ああー!!忘れておったわ! 」


「 だと思ったよ! 」


「 いや、でも 夜の分だけじゃぞ!? ――― ほれ、そこに用意はしておる!! 」


白夜ハクヤ紅炎コウエンの食事が入った桶のような容器を手に持ち、また直ぐに外の馬屋へと向かう。

外で行う作業を終わらせて、早く 浴室に向いたいのだ。


白夜ハクヤ睡蓮スイレンにも覚えさせたらどうじゃ? 一緒に連れて行け 」


「 え………? 」


白夜ハクヤは思わず歩みを止めて、何とも言えない面倒くさそうな表情を浮かべた。

睡蓮スイレンに教える事自体は構わないが、海で助けた話を最後に何日もまともな会話をしていないまま ――― 再び、二人きり( と一頭 )になるのは苦行くぎょうの様なものだ。



睡蓮スイレン紅炎コウエン……ご飯・・のあげ方を覚えて欲しいんだけど……返事は良いから、かく付いて来て。 」


声を掛けた瞬間、睡蓮スイレンが逃げ出そうとしたのを察すると白夜ハクヤは彼女の返事を聞かないままいえの外へと向かって歩き進み ――― それを見て、気が変わったのか 言われたままに睡蓮スイレン白夜ハクヤの後ろを付いて行き ――― その様子をコッソリと確認し終えた秋陽しゅうようは料理を再開する。


「 やれやれ、世話が焼ける二人じゃ……! 」





 

 

( 洗濯物も そのままか…… )

白夜ハクヤは干しっぱなしにされた洗濯物を見て、" 誰が洗濯したのだろう? "と考えた ――― 候補は二人しかいない。


「 もしかして、今日 桔梗ききょうが来てる? 」


そう言いながら、後ろを振り返って目にした睡蓮スイレンの髪型が違う事に白夜ハクヤようやく気が付いたのだが、相変わらずうつむいている彼女に声を掛ける事が出来ずに髪の話は流す事にした。

 

「 はい…――― いらっしゃいましたけど、帰られました。 」


「 え…? 彼女 一人で帰ったの!? 」


東雲シノノメさんがご一緒だったので お二人で帰られました。 」


「 ああ、東雲あいつも一緒か…――― どおりで、昨日まで無かった飲み物の瓶が大量に置いてある筈だ。 」


其処そこで二人の会話は止まり、波の音が大きく鳴り響いた ―――――― 。

波の音の中、睡蓮スイレン白夜ハクヤとの会話について " つい最近までの桔梗ききょうとの会話に似ている " と考えていた。

桔梗ききょうとは最初からそんな感じだったが、白夜ハクヤとの会話の空気は明らかに以前と変わってしまっていて ――― 自分の態度が原因とはいえ、睡蓮スイレンは寂しさを感じていた。


彼女自身は気が付いていないが、何の記憶も無い状態は心の支えが何も無い様な状態でもあり ――― 人間関係もの世の全ても秋陽しゅうようの診療所で目覚めてから見聞きした事が全てである睡蓮スイレンにとって、白夜ハクヤが欠けてしまうだけでも大きな悲しみを意味していた。



紅炎コウエン睡蓮スイレンだ。 ――― もう 覚えてるよな? 」


紅炎コウエンは届けられた食事に気づくと、自分専用の放牧場から綺麗に掃除された馬屋に戻り ――― 睡蓮スイレンの顔を見つめるなり彼女の顔を舐め始めた。


「 ひゃあっ!! あ…あの……!? 」


「 大丈夫だよ! 気に入られてる証拠だ。 」


――― そう言って、最初は白夜ハクヤも笑って見ていたが 紅炎コウエンがそのまま睡蓮スイレンを舐め続け、睡蓮スイレンの声が段々と卑猥ひわいな想像をさせ始めたので白夜ハクヤは慌てて紅炎コウエンを押さえ込む羽目になる。


紅炎コウエン…お前も仲良しなようだな……!?  うっ…!? 」


紅炎コウエンは困惑した表情の白夜ハクヤの顔も一舐ひとなめすると、何事も無かったように食事を始めた ――― 。

秋陽しゅうよう同様、彼も全てお見通しなのだ。




睡蓮スイレン 、大丈夫!? 紅炎コウエンに悪気は無いんだ…――― ! 」


ふと、白夜ハクヤは魂が抜けた様にの場に座り込んでいる睡蓮スイレンの首筋が目に入り、頭から首にかけてのあざが薄くなっているのを見て安堵すると、何時いつもの彼らしく ――― 睡蓮スイレンに優しく声を掛けた。


睡蓮スイレン、次は洗濯物を取り込もう? 」――― そう声を掛けて、白夜ハクヤ何時いつもと違う睡蓮スイレンの髪型に思ったままの言葉を口にしようとしたのだが、桔梗の思惑・・・・・によって、全く違う言葉が口から出る事となる。



「 その髪飾り……桔梗ききょうのだね? 」


「 はい… 」


「 彼女、元気だった? 」


「 はい……!お洗濯の仕方を教わりました。 」


「 ――― そっか、じゃあ 行こうか睡蓮スイレン? 」


桔梗ききょうの思惑が役目を果たすと、白夜ハクヤは自身の気持ちを隠す様に微笑み、言いかけた言葉を飲み込んだまま歩き出した ――― 。

 

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人