狂的夢想 /*ルナティック・ドリーム*/

作者 月ノ瀬 静流

大宇宙を眺めつつ食べる団子は、さぞや旨かろう

  • ★★★ Excellent!!!

きわめてSFマインドに満ち満ちた作品である。
舞台は、冷凍冬眠した人類を乗せて未踏の惑星へと向かう、恒星間宇宙船。長き旅路のなか、眠りにつく人類は、船の管理コンピューターが見せる「夢」という名の疑似体験をしながら、いまだ訪れぬ到着の日を待っている……。本作の舞台を大まかに説明するとこんな感じだ。

もうこれだけで沸き立つものがあるのは、SF者のサガというやつであろうか。
しかし本作品の真髄は、これほどの舞台を用意しておきながら、あえてそれ以上の進展を見せないところにある。
あまりにも広大で壮大な風呂敷を広げたうえで、作者が描くのは――ほんの小さな、ひと時の心の交流。そう、描かれているのはまさしく「生きた人間の心」そのものなのである。

外的宇宙(アウタースペース)を突き詰めると、いずれは内的宇宙(インナースペース)に回帰する――という言葉を残したのは、どのSF作家であったろうか……。本作品は、まさしくその「内在的宇宙」を描き出すことに果敢に挑戦し、そして見事に成功している。その表象は、劇中で描かれる「みたらし団子」というモチーフに集約しているように思われる。

みたらし団子。

壮大な舞台設定の中で浮かび上がるのは、なんと――こんなも世俗的な、実に身近に感じる食べ物のそれなのだ。ネタばれを避けるため、これ以上の言及は避けるが、作者がこのモチーフに込めたであろう意図を理解できたとき、この壮大な物語は静かな涙を誘う。
生きているとはなんだろう? そういうことを感じさせてくれる思弁的小説でもある。ああ、熱いお茶が欲しい――このほど読み返してみて、思わずそう思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

杉沢村主さんの他のおすすめレビュー 80